結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年04月10日(土曜日)

コーネル・ジャパンのサミット店舗サポート部との質疑応答と「三人の職人の話」

2010年の桜シリーズ第9弾。

横浜・大岡川の桜。

コーネル大学RMPジャパン第二期4月講義終了後、
㈱商人舎・鈴木綾子撮影。

今年の桜ももうわずか。

楽しみましょう。

昨日は、大変だった
午後から、新幹線で京都へ。
車内でブログ書きに勤しんでいた。

最近は、体調も思わしくなくて、
深夜や明け方にブログを書くことが、
週に1回くらいしかできなくなった。
コーネル第1日目の水曜日の後は、
午前4時半くらいまで集中してブログを書いた。
そして木曜日は、見学や講義や討論に体力・気力、神経を使った。
だから金曜日は疲れ果てていた。

そこで、京都への新幹線の車中をブログ書きの時間と決めた。
そして京都に着いた途端、
長編のブログが私のパソコンから消えた。

その後、書き殴り気味のブログをアップ、
すぐに交流会が始まった。

だからいま、深夜1時半、
昨日のブログを丁寧に書き直した。

昨夜、読んだ方も、
読み直してほしい。

ちょうど、3回連載になっている。
一昨日のブログから、再度読み直していただいてもよい。

さて、コーネル・ジャパンの講義。
時は、一昨日、4月8日木曜日、午前10時半。

早朝のサミット権太坂スクエア店の見学を終えて、
伊勢佐木モールの会議室へ。
居並ぶはサミット㈱の面々。

右から、広報室の中村佳之さん、
常務執行役広報室・営業企画部担当の工藤静夫さん、
第10ブロックマネジャーの福永智さん、
権太坂スクエア店店長の寺田敏行さん。
店舗サポート部マネジャーの増田七延さん、
生産性向上推進グループマネジャーの赤迫伸一さん、
同青果部門担当の椎名跣さん、
同総菜部門担当の坂英明さん、
グロサリー担当の磯川雅樹さん。

私がコーディネーターとなって、
コーネル大学RMPジャパン第二期生からの質疑応答。

それに荒井伸也首席講師、高野保男講師が、
補足説明や解説を加える。

これ以上ないシチュエーション。

まず工藤さんから全体の概要が説明され、
次に、増田さんへの質問が集中する。
店舗サポート部生産性向上推進グループが、
サミットのレイバースケジューリングを推進しているからだ。

荒井先生の解説によると、
サミットでは「組織」という言葉は使わずに、
「機構」と表現するそうだ。

組織と表現すると、どうしてもヒエラルキーが発生し、
権限・責任の概念が生まれ、
問題解決的にならないからだ。

増田さんが、店舗サポート部全体の解説をし、
次に赤迫さんが生産性向上推進グループの説明をし、
椎名さん、坂さん、磯川さんが、
それぞれ自分の役割と改善目標を語った。

全員が問題意識をもち、
問題解決に全力を尽くしているから、
質問への回答にも齟齬がない。

さらに、ブロックマネジャーの福永さん、
店長の寺田さんにも、質問が及び、
ほんとうに丁寧に、ありのままを答えてくれた。

約2時間、次々に質問と回答が繰り返され、
サミットのレイバースケジューリングが明らかになっていった。

この場に参加し、質問者、回答者、解説者の弁を聞き、
そしてこの場で自分で考えた者にしか、
ご利益は与えられない。

荒井先生の解説は、
サミットのレイバースケジューリングの本質を突いていた。

高野講師の解説も、
どうレイバースケジューリングを作り上げるかの要点をとらえていた。
私はそれらを、アメリカのケーススタディを交えながら、
違った視点から解説した。

あっという間に、昼になった。

ここで、昼食休憩。

サミットの皆さんとお別れ。

店舗サポート部の皆さん。
右から、荒井先生と、
増田さん、赤迫さん、
それに椎名さん、坂さん、磯川さん。
そして私。


サミット店舗サポート部は、
私の解釈では「スーパーバイザー」。  

渥美俊一先生のチェーンストア組織では、
「ラインスタッフ」という言葉で位置づけられる。
トップ直轄で斜め串の役目を演じる。

商品部に属してはいけない。
店舗運営部の下請けでもいけない。

まさにトップ直轄で、
商品部と店舗運営部を串刺しにするセクションである。
サミット店舗サポート部は、
レイバースケジューリングという確かな道具をもって、
その働きをしている。
だから確かな機能を果たしている。

昼食をはさんで、講義は続く。
荒井、高野、結城の総括講義。

荒井先生は、白板を使って、
日本のスーパーマーケット業界やチェーンストア業界の矛盾を指摘した。

私も、日本のレイバースケジューリング導入の歴史と、
問題点や要点を解説した。

高野さんはパワーポイントを使って、
レイバースケジューリングプログラムの運用を詳説した。

そして、ディスカッション。

「なぜ、サミットのパートタイマーの人たちは、
あんなに生き生きと仕事しているのか」
それが最後の論議となった。

私は、最後にたとえ話を語った。

ヨーロッパの教会の三人の職人の話。  

教会をつくる仕事をする三人の職人がいた。
一人は石切りの職人。
つまらなそうに仕事をしていた。
「なぜそんなに、
つまらなそうに仕事しているのですか?」
ある人が聞いた。

職人は答えた。
「毎日毎日、固い石を切るばかり。
面白いことなどないに決まっている」

二番目は木を切って梁をつくる職人。
これもつまらなそうに仕事していた。
「なぜそんなに、
つまらなそうに仕事しているのですか?」
ある人が聞いた。

職人は答えた。
「毎日毎日、木を切るばかり。
それに石切り職人より労賃が安い」

最後に切られた石と木を運ぶだけの職人がいた。
なぜか、生き生きと仕事していた。
「あなたはなぜ、そんなに、
楽しそうに仕事しているのですか?」
ある人が聞いた。

職人は答えた。
「私は毎日毎日、ヨーロッパ第一の、
大聖堂をつくっているのです」

サミットの社員、パートタイマーさん、
なぜ、あんなに生き生きと仕事しているのか。

なぜ、チェッカー・ミーティングを見ている私が、
毎年、泣いてしまうのか。

今回も、素晴らしいコーネル・ジャパンの講義だった。

すべての人に、心から感謝。

<結城義晴>  

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.