結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年04月04日(日曜日)

ジジと三ッ沢のお花見[2010日曜版⑭]

お花見のキセツです。
まっさかり。

ユウキヨシハルのおとうさん、
シゴトのあいまに、
お花見にいきました。

オフィスのちかく。

三ッ沢コウエン。

ヨコハマでも、
いちばんサクラがいいところ。

おとうさんは、
ちいさいころ、
このちかくで、
そだちました。

2年まえ、
目のシュジュツをして、
光をみることができるようになってから、
とくに、お花はすきです。

そのなかでも、
サクラの花は、
だいすき。

シュジュツをしたのが、
ちょうどサクラのキセツで、
ビョーインからもみえたし、
メグロ川のさんぽでも、
サクラをたのしんだ。

三ッ沢はひろい。

グランドのまわりには、
サクラの花がマンカイ。

青少年の家というのがあって、
そのあたりが、いちばんいい。

夏にはここで、
キャンプファイアーも、
できます。

でもいまは、
サクラ。

むかしここには、
ヒョウータン池があった。
そのちいさくなったいけのほとりのサクラ。

サクラ、さくら、桜。

みあげると、マンカイ。

こんなサクラもいいけれど、
ボクもおとうさんも、
べつのものもすきです。

へそまがりなんです。

サクラがわき役になっているのも、いい。

こんなもの、いいですね。

ちいさなサクラの花。

それから、
サクラの花は、
ニンゲンの手で、
また、かわります。

いけられたりします。

ヨコハマの「今半」のいけばな。

それから、だいじなこと。

サクラの花をみていると、
ほかの花が、
いっしょうけんめいに、
さいていることが、
わかります。

いまの主役は、
サクラかもしれないけれど、
それだけではない。

カダンの花も。

しぜんの花も。

おとうさんは、
ショーバイやビジネスを、
ずっと、みてきました。

マーケティングというそうです。
そのセンモン家のはしくれだそうです。

そうしたら、
すこしずつ、
ほかのものも、
みえてきました。

お花見も、
お仕事も、
いっしょなのだそうです。

<『ジジの気分』(未刊)より>  

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.