結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2013年11月14日(木曜日)

ラスベガス・スーパーマーケット6社6様の競争とポジショニング

アメリカ・ラスベガス2日目。
朝一番でセミナー。

まず、㈱マルト社長の安島浩さんの挨拶。
20131115003754.jpg
しっかり勉強して、
しっかり課題をクリアしよう。

そして結城義晴。
20131115003809.jpg

今回の参加者は、
マルトの成績優秀者。
若い人が多いし、
はじめてのアメリカ研修という人も、
3分の2ほどいる。

だから丁寧にていねいに語る。
20131115003827.jpg
体は疲れていて、
緊張感にさらされつつも、
よく聞いてくれた。

清聴を感謝しよう。

2時間の講義が終わると、
すぐに視察研修へ。

まずは、
ホールフーズの全員写真から。
20131115060638.jpg

入り口のプレゼンテーションは、
サンクスギビングデー対応。
20131115090241.jpg
11月第4木曜日からが、
サンクスギビング週間。
そこに向けて今から本格展開。

素晴らしい青果売場。
20131115085904.jpg

そして親切にドライエージド・ビーフを焼いてくれた精肉部門。
20131115090130.jpg

ここでは店内ツアーとインタビュー。
20131115003910.jpg
答えてくれているのは、
マーケティング・チームのヘンダーソンさん。
後ろがリーム・リーダーのケリさん。
通訳は五十嵐ゆう子さん。

店舗入り口付近で、
最初の企業紹介。
20131115054620.jpg

それから店舗内を巡回しつつ、
解説してもらう。
チーズ売場では試食。
20131115054646.jpg

店舗左翼のサービス・デリ部門。
新設の自家製ピクルス売場。
20131115060537.jpg

それから質疑応答。
20131115060553.jpg

今回の団長・阿部敏さんが積極的に質問。
20131115060605.jpg
「グッド・クェスチョン」だった。

最後に安島さんと二人、
ヘンダーソンさんとケリさんをはさんで、
感謝の写真。
20131115060624.jpg

この店で面白い目撃をした。
20131115060359.jpg

店舗レイアウト変更のミーティングが、
現場で行われていた。
20131115060423.jpg
リーダーを中心に、
積極的に意見が交わされていた。

そのリーダーは、
店舗デザイン・コンサルタントのイングリッシュさん。
いろいろ情報交換をした後で、
安島さんと写真。
20131115060442.jpg

ホールフーズときたら、
トレーダー・ジョー。
20131115060658.jpg
今回の参加者は全員、
月刊『商人舎』の6月号と7月号を読んでいる。

トレーダー・ジョー特集と、
ホールフーズ特集。

だから理解が早い。

安島さんがワインの試飲をして、
それを購入。
20131115060711.jpg
私もつられて購入。
実にまろやかでこくがあって、
美味いワイン。

この夜、たっぷり楽しんだからわかる。

この店ではマーク・キャプテンにインタビュー。
20131115060835.jpg
かつてはアルバートソンに勤めていた。
その頃は上意下達の命令態勢だった。

トレーダー・ジョーは、
すべて自己管理の目標管理型。

聞き入る団員。
20131115060821.jpg

マーチャンダイジングから、
プロモーション、
オペレーション、
マネジメントまで、
鋭い質問に全部、答えてくれた。
20131115060850.jpg
固い握手。

そしてここでも、
全員写真。
20131115060906.jpg

ユニークなポジショニングの企業といえば、
ウィンコ・フーズ。
20131115061010.jpg
スーパーウェアハウスストア、
ディスカウント・スーパーマーケットだ。

ザ・ウォール・オブ・バリュー。
20131115061024.jpg
「お買い得品の壁」。

この老夫婦は、
スマホの電卓で、
熱心に計算しながら、
買い物を思案していた。
20131115061036.jpg
ウィンコはこういった顧客を、
ターゲット・カスタマーにしている。

そして同じディスカウント・スーパーマーケット、
ウォルマート・ネイバーフッドマーケット。
20131115061053.jpg

入り口青果部門にピンポイント照明を導入。
20131115061118.jpg
輝くばかりの部門となった。

精肉はUSDAチョイス・グレード。
20131115061146.jpg

クリスマスの早仕掛けは、
ウォルマート各フォーマットに共通している。
20131115061159.jpg

一方、セーフウェイ傘下のボンズ。
20131115061239.jpg

プライベートブランドのOオーガニックを、
大々的に売り込んでいるが、
目立ったプロモーションもなく、
顧客の姿は見えない。
20131115061255.jpg
全米第2位のスーパーマーケット・チェーンだが、
現場の停滞は目を覆うばかり。

それに比べて、
クローガー傘下のスミス。
20131115061318.jpg

入り口にもう、
クリスマスツリー。
20131115061338.jpg

そして売場に入ると、
あでやかな花が迎えてくれる。
20131115061359.jpg

売場にはクリスマス・プレゼンテーションが、
徹底され、まさに「早仕掛け」。
20131115100120.jpg
この売場づくりを経費率19%台で、
こなして見せる。

この店でも調査に余念がない鮮魚チーム。
20131115100059.jpg

光り輝くスミスの店舗。
20131115100029.jpg
クローガーとセーフウェイは、
全米第1位と第2位のスーパーマーケット。
しかしその差はまた一段と開いた。

ウォルマートは安定した地位を維持する。
ホールフーズとトレーダー・ジョー、
そしてウィンコはそれぞれに、
ユニークなポジショニングを占める。

そしてオーソドックスというか、
コンベンショナルなスーパーマーケットの、
クローガーとセーフウェイ。

コンベンショナルが生き残る道は、
ひどく少ない。

その狭い地位には、
クローガーがイノベーションを繰り返しつつ、
どっかりと座る。

セーフウェイはどうするのだろうか。

サーベラスによる買収のうわさは、
このラスベガスの競争を見ていても、
現実のものとなるかもしれないと予感させられる。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.