結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2013年11月21日(木曜日)

積水ハウス和田勇とセブン&アイ鈴木敏文の「自ら、変われ!」

朝、目覚めたら、
目の前にはゴルフコース。
20131121211838.jpg
私にとって、
理想的な光景の一つ。

朝食をとって、
コースに出ていく。

そして半日ほど、
プレーを楽しむ。
20131121211825.jpg

日は登り、
雲は光る。
20131121213451.jpg

木々が輝く。
20131121213504.jpg

池の水に光が反射する。
20131121213841.jpg

日が暮れる。

朝に希望、
昼に努力、
夕に感謝。

20131121213941.jpg

夕焼けの富士。
20131121213956.jpg

このところ、
休みなしで仕事した。

今日はドクターズ杯。

優勝は㈱伊藤園副社長の江島祥仁さん。
二度目のドクターに輝いた。
おめでとう。

さて、日経新聞の『私の履歴書』。
今月は、和田勇さん、
積水ハウス会長兼CEO。

28歳で営業所長になり、
1987年4月、46歳で中部第一営業部長。
1990年、40代で取締役就任。

どんどん責任が重くなり、
部下も増える。

和田さんの「いつも変わらない思い」。

「部下は上司を替えられない。
上司は部下を替えられる」

上司部下の関係が長く続くと、
部下にとっては、
上司の存在が鬱陶しくなる。

だから和田さんは、
常に風通しのよい組織づくりを志向する。

そのために、自らが絶えず、
成長、変化することを心がけていた。

私の言う「自ら、変われ!」

ピーター・ドラッカーの
コミュニケーション論。

『マネジメント』より。

「上から下へ、下から上へ」

上の者が下の者の言うことを理解して、
初めてコミュニケーションは有効となる。

下の者にコミュニケーションの能力があって、
初めてコミュニケーションが有効となる

ドラッカーは、さらに付け加える。

情報が多くなるほど、
効果的機能的なコミュニケーションが
必要になる。

情報が多くなるほど、
コミュニケーション・ギャップは
縮小するどころか、
かえって拡大する。

和田さんクラスの経営者になると、
そのあたりは経験的に会得している。

「部下は上司を替えられない。
上司は部下を替えられる」

だから上司こそ、
「自ら、変われ!」

さてさて一昨日の日経新聞の企業欄。
「セブン-イレブン40周年」の記事。

セブン-イレブン・ジャパンが昨日の20日、
設立40周年を迎えた。

セブン&アイ・ホールディングス鈴木敏文会長。
「高齢化など世の中の変化に対応し続けることで、
(成長の)第2段階に入る」。

「飽和論」に対して、
「今後も成長の持続が可能だ」と強調。

日本国内のコンビニ総店舗数は、
昨秋、5万店を超えた。

これは「飽和水準」とされた。

しかし大手5社の出店数は、
2013年度で計4500店。

過去最高。

反動的に、既存店は、
業界全体で4カ月連続減収。

ただしセブン-イレブンだけは、
15カ月連続前年比プラス。

つまり「一人勝ち」の構図。

「世の中の変化に
対応できない企業は
退場せざるをえないが、
対応し続けられれば
大きく伸びる」

鈴木さんの口癖。

さらに鈴木さんは、
「網の目を細かくすること」。

そのために、
「次の10年」の成長の原動力は、
「オムニチャネル戦略」。
つまり、ネット消費と実店舗を、
有機的に組み合わせ、
すべての顧客接点をコントロールする戦略。

セブン&アイにとっては、
「コンビニだけで1日の来店が
1800万人という顧客基盤を
自社サイトの集客につなげる具体策が問われる」

ここでも、
「自ら、変われ!」が肝となる。

「飽和論」を否定する鈴木さんは、
それを要求し続けている。

ゴルフをしながら、
そんなことを思った。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.