結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年01月23日(木曜日)

百貨店偽ブランド販売とセルコ新年会の「徳と細かく・厳しく」

船井幸雄さんが亡くなった。
船井総合研究所の創業者。
81歳。

かつての小売サービス業界では、
なにかと故渥美俊一先生と、
比べられたコンサルタントの草分けの一人。

私の印象では、
渥美先生ご自身は、
ほとんど船井さんを、
意識していなかった。

そして両者は、
まったく別の道を歩んだ。

もう一人、さらに別の道を、
一人のコンサルタントが歩いていた。

故杉山昭次郎。
商人舎最高顧問。
亡くなってから、
『マス★カスタマイゼ―ション』を発刊。
㈱商人舎刊。
20131125103622.jpg
杉山先生は昨年5月、
86歳で逝ってしまった。
渥美先生は2010年7月、
83歳でご逝去。
そして船井さんがこの19日に、
81歳で亡くなられた。

スピリチュアルの世界についての言及が、
三人の中では圧倒的に多かった船井さんが、
いちばん若くしてその世界に旅立った。

ご冥福を祈りたい。

さて昨日の夕方、
再びNHK報道局の岩田一伸さんから、
電話があった。
報道センター・チーフプロデューサー。

百貨店の偽ブランド販売事件に関して。

5百貨店の8店舗。

そごう・西武の西武池袋本店、
松坂屋名古屋店と大丸梅田店、
京王百貨店新宿店。
さらに伊勢丹の松戸店、浦和店、
それに相模原店、府中店。

売価3万円以内の商品が約200個、
販売された。

本物はチャン・ルーのブレスレット。
レディー・ガガ愛用で有名。

偽物を販売したのは、
静岡県のマルヤマ商会。

百貨店は「催事場の販売を業者に任せていた」。
これを「売上げ仕入れ」といったり、
「消化仕入れ」と呼んだりする。

販売や在庫管理を業者に委託し、
商品が買われた時点で、
百貨店が仕入れたことにして、
売上げ計上する。

百貨店にとっては、
リスクが少ない商法だ。

在庫を持つ必要がないし、
人件費もかからないし、
ロスも出ない。

その少ないリスクの一つが、
今回のような問題。

わずかなリスクが現実化したのだから、
当然ながら百貨店は、
責任をとる必要がある。

昨年秋には百貨店でも、
レストランなどで虚偽表示事件が起こった。

「百貨店の管理の甘さ」が指摘されているが、
老舗の暖簾や信用こそが、
再びみたび失墜することとなった。

自らリスクを取らない商売には、
緊張感もないし、
実は喜びもないのだ。

さてさて昨日は夕方から、
全国セルコグループの、
新春賀詞交歓懇親会。

懇親会に先立って、
高橋洋一さん特別講演会が催された。

私は眼科検診が長引いて、
聴けずじまい。
懇親会からの参加となった。

開会の挨拶は、佐伯行彦さん。
協同組合セルコチェーン理事長、
㈱さえきセルバホールディングス社長。
20140123153246.jpg

「消費税増税を肯定的に捉え、
売上げ・利益をとる政策とコスト削減策で、
地域密着スーパーマーケットとして、
しっかりと頑張っていこう」
20140123153517.jpg

来賓挨拶は清水信次さん。
国民生活産業・消費者団体連合会会長、
日本チェーンストア協会会長、
㈱ライフコーポレーション会長。
20140123153713.jpg
「日本は先進12カ国の中で
ダントツの競争社会。
世界一の価格競争、
世界一の企業競争を繰り広げている。
食品、日用品を扱う
スーパーマーケットも卸もメーカーも、
大変な仕事に従事している」

「誇りを持って、
頑張っていきましょう」

清水さんのメッセージはいつも、
前向き、外向き、上向き。
それが産業のリーダーの在り方だ。

次いで行政代表者の挨拶。
経済産業省中小企業庁の安久恵さん。
経営支援部商業課長補佐。
20140123154317.jpg
「会員50社50万馬力、
賛助会員150社150万馬力、
合わせて200万馬力で、
売上げていきましょう」
午年の弁。

農林水産省食糧産業局の高橋孝雄さん。
食品小売りサービス課長。
20140123154639.jpg
「日本食が世界文化遺産になり、
2015年開催のミラノ国際博覧会の
日本館では食がテーマ。

2020年には
オリンピック・パラリンピックが、
日本で開催される。
日本の食文化のよさを海外はもちろん、
国内でも施策を通じ発信していきます」

㈱商工組合中央金庫の吉田雅功さん。
東京支店長。
20140123155230.jpg
「年末年始で中小企業も
回復の兆しが見受けられた。
大事なのは個人消費の回復」

そして、恒例の卸売業トップの登場。
三菱食品㈱社長の井上彪さん。
20140123155551.jpg
「売上げ第一から、今年は、
利益重視への意識改革が必要。
利益を追求した結果が売上げになる」

国分㈱会長兼社長の國分勘兵衛さん。
20140123155605.jpg
「地域格差が大きくなり、
店づくりは難しい時代。
個性あるオリジナリティ豊かな品ぞろえ、
開発商品が差別化になる」

㈱日本アクセス社長の田中茂治さん。
20140123155612.jpg
「勝つより負けないこと。
無理をせず足元を固める年」

「結城さんの言う、
『こまかく・きびしく・しつこく』が、
今年のキーワード」

商人舎と私の今年の標語を使ったスピーチ。
驚いた。

ただし、「なかよく」が抜けていた。

ボランタリーチェーンだけに、
余計に「なかよく」は大事だ。

しかし田中さん、
ありがとうございました。

会いに行きます。

三井食品㈱社長の長原光男さん。
20140123155620.jpg
「変化をチャンスととらえ、
変化に即した対応が必要。
お客が喜ぶ商品を揃え、
皆で頑張ろう」

伊藤忠食品㈱社長の星秀一さん。
20140123155627.jpg
「セルコチェーンの店を見た。
トップの教育が組織の隅々まで、
行き届いていた。感激した」

これまた恒例の役員紹介。
20140123155638.jpg

ひとりひとり理事が紹介され、
会場から拍手。
20140123155645.jpg

乾杯の発声は、
協会理事相談役の平富郎さん。
㈱エコス会長。
20140123155655.jpg

「競争の激しい中で、
いいプレーヤーが育つ。
アベノミクスの景気は関係ない。
景気は社長がしっかりつくればよい。
競争こそ、企業を磨き社長を磨く
砥石と思え」
20140123155701.jpg
平さんの檄が飛び、乾杯。

懇親会が始まると、
会場の半数は前方へ移動。
トップとの名刺交換の列ができる。
20140123155708.jpg
その間、私は懇親。

全日本食品㈱のお二人。
齋藤充弘会長と平野実社長(右)。
20140123155715.jpg
昨夜のNHK「NEWS WEB」を見た平野さん、
私の口から全日食チェーンの名が出て、
「思わず画面を拝んだ」と笑って話してくれた。

㈱サンシャインチェーン本部社長の川崎博道さん。
20140123155724.jpg
改革・改善が進み、
今年は改装に力を入れる。

サンシャインの斬新な改装、
大いに期待しています。

清水信次さん、平さんと写真。
20140123155735.jpg

さらに佐伯さんが加わり4人でポーズ。
20140123155743.jpg
佐伯さんは、
トレードマークのボルサリーノが、
よく似合う。

さらにさらに、
齋藤さんと平野さんも加わり、
清水さんを囲んで談笑。
20140123155754.jpg

清水さんは少しだけ足元は衰えたが、
頭脳は明晰。
20140123155804.jpg
「最後に大事なのは『徳』だよ。
君らはまだまだ、それが足りん」

一同。
「ははーっ」

㈱たいらや専務の平典子さんと、
㈱マスダ社長の木村幸治さん。
20140123155810.jpg
典子さんは3月1日に、
たいらや社長に就任する。
期待したい。

三菱食品㈱相談役の後藤雅治さん。
20140123155822.jpg

㈱エコス社長の平邦雄さんと、
ブルーチップ㈱社長の宮本洋一さん(右)。
20140123155829.jpg

中山POP研究所所長の中山政男先生。
20140123155836.jpg
商人舎サイトで、
「中山政男のPOP語り」を、
執筆していただいている。

中締めは副理事長の井原實さん。
㈱与野フードセンター社長。
20140123155843.jpg
三本締めでしっかり決まった。

その井原さんと、
副理事長・㈱セルバ社長の桑原孝正さん、
そして理事・エコス常務の三吉敏郎さん(左)。
20140123155851.jpg

最後はもちろん、佐伯理事長。
20140123155858.jpg
今年も皆さん、
宜しくお願いいたします。

懇親会は毎年、
新横浜の横浜国際ホテルで開かれる。
ホテルの入口に、
真っ白な馬のオブジェ。
20140123155905.jpg

最後に玄関正面のパネルの前で写真。
ブルーチップ㈱常務の松浦克幸さん(左)、
同統括部長の鍋島丈夫さん(右)。
アドパイン代表の松井康彦さん。
20140123155913.jpg
松井さんは、
商人舎エグゼクティブ・プロデューサー。

百貨店の偽ブランド販売も、
「こまかく・きびしく・しつこく」
そして「なかよく」。

「なかよく」だけではだめなことは明らか。
「こまかく・きびしく・しつこく」が、
なければいけない。

もちろん清水信次の「徳」がなければ、
商売をやっている意味がない。

商売は「商人の徳」を磨ぐ砥石だ。
これは平富郎の持論。

[商人の徳」。
それを誇りにできる産業をつくりたい。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.