結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2015年10月02日(金曜日)

10月商人舎標語と三井物産関西メーカー会in淡路夢舞台

10月2日、金曜日。

今月の商人舎標語を紹介しよう。

月刊『商人舎』の巻頭言は、
[Message of October]

この巻頭言のタイトルが、
今月の標語と連動している。

「売れることと見つけたり」

「死ぬことと見つけたり」
佐賀鍋島藩の「葉隠」にある。
常住坐臥、死と隣合わせに生きる。

しかし「葉隠」を伝えた山本常朝は言う。
「我も人、生くることが好きなり」
これも真実だ。

ならば商人は、
「売ることと見つけたり」だが、
「売らぬことも好きなり」でもある。

ピーター・ドラッカーは言う。
「マーケティングの理想は、
販売を不要にすることである」

「マーケティングが目指すものは、
顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、
おのずから売れるようにすることである」

すなわち、売ることでなく、
売れること、つまり、
無理に売らぬこと。

では、どうするか。
知らせること。
伝えること。

古いチラシ広告も、
新しいフライヤーも、
スマホ・アプリのミニブログも。

わかりやすく、ていねいに、知らせること。
誠心誠意、面白おかしく、伝えること。
そして謙虚にお奨めすること。

店や売場ならば、
近寄りやすく、見やすく、選びやすく、
手に取りやすく、戻しやすく。

チラシやネット画面ならば、
手に取りやすく、アクセスしやすく、
見やすく、選びやすく、買いやすく。

売ることと見つけたり。
売れることと見つけたり。
それが商売である。
〈結城義晴〉

さて、今日は、新幹線のぞみに乗って、西へ。
当然ながら、小田原あたりから、
富士の姿が気になる。

しかし原稿を書いている。

パソコンを見つめながら、
両手の指を動かし、
ときどき、チラと窓の外を見る。

富士を見るために、
いつも、右側の席。
つまりDのシート。

そして見えてきました。DSCN9722-5

真っ白な雲が元気いい。
しかし、その上の方に、
富士山の雄姿。DSCN9725-5

雲に隠れて、
7合目くらいから上が伺える。DSCN9726-5

全貌がはっきり見えるよりも、
雄大に感じられる。DSCN9731-5
これだけで、一日中、
すごく得をした気になる。

「損得より善悪を先に考えよう」なのだけれど。

ありがとうございました。

のぞみは2時間半ほどで、新神戸へ。
そこに迎えに来てもらって、
クルマで淡路島へ。

阪神高速道に上がり、
神戸淡路鳴門自動車道に乗って、
明石海峡大橋を渡り、
40分ほどで、到着。

昔々、リベラルの取材に訪れて以来だろうか。
西岡茂さんが創業して、
日本の初期のスーパーマーケット業界で、
存在感を示した企業。

現在のオール日本スーパーマーケット協会の、
初代会長は西岡さんだった。

「リベラル」なんて社名、店名、
ストイックな人だった。

昨年12月17日のこのブログでも書いたし、
同じ日のDaily商人舎でも書いた。
12月15日に自己破産申請して、
3店舗はマルナカが営業を引き継いで、
店を開けている。

私も取材したことのある3店。
物部店(洲本市)、三原店(南あわじ市)、
そして一宮店(淡路市)。

そんなことを思いながら、
ウェスティンホテル淡路へ。
DSCN9764-5
2000年3月に淡路花博が開催された。
そのとき、設計家の安藤忠雄さんが、
「淡路夢舞台」を全体設計したが、
この淡路夢舞台国際会議場と直結して、
ホテル施設がある。

雰囲気はあのロック・フィールドの、
静岡ファクトリーに似ている。

この会場で、
三井物産関西食品メーカー会の、
20周年の定例会が開かれた。
DSCN9762-5

冒頭に会長のヱスビー食品㈱から、
執行役員営業グループ西日本担当の
鈴木英司さんが挨拶。DSCN9741-5
進行役は、小林剛さん。
三井物産㈱西日本食料部第二営業室室長。

そして特別会員挨拶は、
三井物産西日本食料部長の堀田安紀さん。DSCN9745-5
堀田さんも、小林さんも、
私はアメリカにご一緒して、
ずいぶんと懇意にしている。

そこで講演。DSCN9748-5

テーマは日本・世界の最新流通事情
DSCN9750-5

いつもとは違って、
きわどい話も率直に語った。
DSCN9756-5

もちろん、メーカーや商社の皆さんに、
流通業・小売業の本質を、
よりよく知ってもらって、
正しい協業をしてもらいたいからだ。DSCN9758-4

スライドを用意したが、
そのスライドに入るまでに1時間も、
世界と日本の具体的な企業群の動向を、
私の独断を込めて語った。DSCN9760-5
まあ、このブログを丹念に、
読んでくださっている人には、
よくわかるだろうことを、
ズバリと語る、といった感じか。

あっという間に1時間45分。

ご清聴を心から感謝したい。

こういった講演も、
ときにはいいなあ、と思った。

講演が終わると、
安藤さんの設計した通路を歩いて、
懇親会会場へ。DSCN9765-5

すばらしい。DSCN9766-5

懇親会では全員が語り、
深い交流に努めた。

そして二次会も盛況。DSCN9771-5
夜の海を臨むテラスで、
会話も弾んだ。

安藤忠雄設計の舞台が、
私たちの交流を心地いいものにしてくれた。DSCN9767-5

昼間の富士山。
夜の淡路夢舞台。

素晴らしい一日だった。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.