結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2015年10月12日(月曜日)

ウェグマンズとライフ岩崎高治の共通項がこんなにある!

Everybody! Good monday!
[2015vol41]

2015年の第42週。
だんだん秋が深まって行って、
10月第2週。

今日は体育の日の祝日。
1年で一番、気候のいい三連休。

さて、日経新聞『総合・経済』欄。
岩崎高治さん登場。
ライフコーポレーション社長。

聞き手の中村直文編集員は、いきなり質問。
――スーパーの既存店売上高が、
8月まで5カ月連続でプラスです。

この「スーパー」は、
スーパーマーケットのことだと思う。
多分。

ライフも3~8月の既存店売上高は、
前年比5.5%増。

「実は2014年4月の消費増税後も
プラスで推移していた。
メーカーの値上げ後も価格を抑えた」

そこで、「コンビニやドラッグストアなどから
流れてきたようだ」

このあたり痛快。

「ところがコンビニの売上高が
回復してきた今年に入っても
プラスが続いている」

その理由。
「現金給与総額が増え、
購買意欲が高まってきたからだと見ている」

「確かに生鮮品は上昇傾向にある。
同時にメーカーの値上げは相次いだが、
すべてが実勢価格として浸透したわけではない。
割安なプライベートブランドを導入したり、
据え置きにしたり・・・・」

「1人当たりの購入単価は
実は横ばいとなっている」

「むしろ来店客数が8%程度上がっている」

客数8%増、客単価横ばい。

これはいい傾向だ。

少子高齢化は進む。
日本人全体の胃袋は縮む。

「外食などからお客様が、
スーパーマーケットに来ているのかもしれない」

コンビニ、ドラッグストア、フードサービスから、
顧客を奪う。

まさに業態間競争に勝ち抜く。
それがライフの戦略。

「パート・アルバイトの賃金も上がっており、
景気回復の影響が大きい」

「パート・アルバイトの時給の推移を見ると、
この1年半で40円も上がっている。
09~13年の5年間での上昇分より
上げ幅は大きい」

「東京・品川で新店をオープンしたが、
時給1500円でも人手が十分に確保できない状態」

ライフは年間パートアルバイトの就労時間が、
3000万時間。

時給が40円高まると、人件費は12億円アップ。

ライフは現在、LSPを導入中。
レイバースケジューリングプログラム。

しかし、人件費の高騰。
それが売上げに反映するから、
いいことではあるけれど、
経営を圧迫する。

21世紀の経営はいつも、
こんなジレンマのなかにある。

「家族4人で年間所得が400万~700万円
というのが主要顧客だったが、
それは崩れている」

「今は顧客を健康や価格など志向に合わせて、
9分類している。
これを基に売り場を見直し、
店舗のある半径1キロ商圏でのシェアを
どれだけ伸ばせるか。
経営目標も様変わりしている」

ライフはID-POSデータを活用して、
顧客のクラスター分類をつくり、
それをもとに売場の改変を行っている。

これは、米国クローガーの手法。

「汎用性のある量販品は
地域の最低水準を保ちつつ、
生鮮品や総菜では
独自性のある商品を増やす。
こうしたきめ細かい対応が
急務になっている」
コモディティは最低価格ラインを維持し、
ノンコモディティは独自性のある商品を増やす。

クローガー、HEB、そしてウェグマンズの政策と、
まったく同じだ。

さて、私はニューヨーク・マンハッタン、
8番街59ストリートのホリデーイン。

商人舎USAスペシャル研修会。
テキサスで存分に学び、
クローガー、HEB、そしてホールフーズの、
最新の実力を知った。

この3社は日本の小売業、チェーンストア、
そしてスーパーマーケットに、
間違いなく啓示を与えてくれる。

そしてニューヨーク2日目。

ニューヨーク訪問の目的の一つ、
ウェグマンズ。
1DSCN0075-5

圧巻の青果部門は市場スタイル。
4DSCN0056-5

もともと青果店出身。
その青果売り場の市場感は、
ウェグマンズの売り物。
2DSCN0047-5

日本のスーパーマーケットで、
八百屋出身でありながら、
青果部門が普通になってしまった企業もある。

ウェグマンズを見習うべし。

農家直送の売り場。
3DSCN0048-5
これもいい。

そして右サイドはフードサービス部門。
6DSCN0051-5

トップはExecutiveシェフ。
その下にシェフが3人ついて、
その下にコックがつき、
パートタイマーを配して、
100人体制の部門。

これこそが、
ウェグマンズのポジショニングを、
カッコたるものにしている。
5DSCN0052-5

しかしグロサリーも強い。
ライフコ―コーポレーションの考え方と一緒。

改革されたオーガニックのコーナー。
7DSCN0036-5
エンドがすべて顧客の動線を向いている。

そして島陳列。
8DSCN0038-5
すばらしい。

そしてオーガニックを強調したら、
直後に、ファミリーパックの大容量売り場。
9DSCN0039-5

以前よりも目立つし、強力。
10DSCN0040-5
ノンコモディティのオーガニック、
コモディティのファミリーパック。

その組み合わせ。

ウェグマンズはクラブカードホルダーに、
ファミリーパックをご奉仕する。

そしてID-POSを最大限活用している。

ライフと同じ。

ハロウィンのプレゼンテーションは可愛い。11DSCN0044-5

フード&ドラッグのドラッグストアは、
青果部門のうしろ。
調剤だけで12%の売り上げシェア。12DSCN0046-5

マーチャンダイジングエリアマネジャーに、
インタービュー。
DSCN0023-5

凄く忙しいけれど、
丁寧にレクチャーしてくれたエドさん。DSCN0025-5

具体的な質問もどんどん出た。DSCN0031-5

エドさんと握手。
DSCN0034-5

そして夏原陽平さんと写真。
平和堂取締役営業企画室室長兼経営戦略室統括。
コーネル・ジャパン奇跡の第二期生。
ー5DSCN0074

この後、怒涛の視察研修。
それは、明日につづく。

では、みなさんも、
Good Monday!

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.