結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2015年10月07日(水曜日)

ノーベル賞二人受賞とダラス・アメリカ食品小売業トップ3

2015年のノーベル賞。
生理学・医学賞は、
大村智・北里大学特別栄誉教授。
そして物理学賞は、
梶田隆章・東京大学教授で、
同大宇宙線研究所長。

同年度に日本人二人。
まことに目出度いし、誇らしい。

アメリカで聞いていても、
胸を張って歩きたい気分だ。

発明家アルフレッド・ノーベル。
ダイナマイトの発明者として知られる。
その遺言に従って、毎年、
世界的に顕著な功績を残した人物に、
ノーベル賞が贈られる。

1901年から始まったということは、
20世紀の100年間にわたって表彰され続け、
それから21世紀に入って15年。

ノーベルの専門の物理学賞、化学賞、
生理学・医学賞。
そして文学賞、平和賞の5分野。
さらにプラスアルファとして、
ノーベルの死後70年に、
経済学賞が設立された。

都合、5分野+1分野。

大村先生は生理学・医学賞、
梶田さんは伝統の物理学賞。

日本からの受賞は、これまで24名。
ヨーロッパ以外では一番多い。

さらに21世紀に入って日本は、
自然科学賞部門では、
アメリカに次いで世界第2位。

1949年の湯川秀樹博士に始まって、
今回の梶田博士まで、
物理学賞は9人。

化学賞は7人で、
生理学・医学賞は利根川進、
山中伸弥に次いで、
大村先生が三人目。

文学賞は川端康成と大江健三郎。
平和賞は佐藤栄作。

残念ながら経済学賞は、
まだいない。

昨年亡くなられた宇澤弘文先生が、
その候補だったのだけれど・・・・。

大村教授は、
熱帯地域で流行する感染症の治療薬を開発。
実用研究。

梶田教授は「ニュートリノ振動」現象を発見し、
従来の素粒子物理学に大転換をもたらした。
こちらは基礎研究。

研究には三つの領域がある。
基礎研究、応用研究、実用研究。

21世紀の日本の自然科学者が、
相次いでノーベル賞を受賞。

嬉しくて仕方がないが、
日経新聞社説の指摘には、
同意せざるを得ない。

「多くの受賞業績が
1980~90年代の成果である」

私の世代も多い。

「足元では日本発の論文数が相対的に減るなど、
研究開発力の低下をうかがわせるデータもある。
日本の科学者が築いてきた伝統と力を、
今後も保ち発展させる長期的な方策を
考える時だろう」

まったくその通り。

明日のために、
今日できることは何か。
それを考えねばならない。

そしてなんとか、経済学賞。
誰か、とってほしいものだ。

さて、成田空港。
DSCN9925ー5
アメリカン航空の176便に乗り込んだ。

84番ゲートの上に秋の雲。
DSCN9927-5

滑走路も日本の秋。
DSCN9931-5

飛び上がって千葉県の田園風景。
DSCN9936-5

太平洋上は雲海に覆われていた。
DSCN9938-5

11時間40分のフライトで、
真っ暗な夜の中から朝日が見えた。
DSCN9939-5

そしてテキサス州ダラスのダウンタウン。
DSCN9944-5

意外なようだが、
緑に囲まれ、湖も多い。DSCN9948ー5
ダラス・フォートワース空港に到着。

早速、専用バスに乗り込み、
マイクを持って講義。
DSCN9956-1

長旅の疲れもなく
みんな元気です。

向かったのは、
ダウンタウンにある
ウォルマート。
DSCN8875-1

商人舎視察で最初に訪れるのは、
世界ナンバー1小売業のウォルマート。
DSCN9982-1

この店舗は2層式で、
1階がサムズクラブ、
2階にウォルマートスーパーセンターがある。

まずメンバーシップホールセラーの、
サムズ・クラブ。
DSCN9979-1

入口のバナナの大量陳列。
DSCN9963-1

そしてプロモーションスペースでは、
早くもクリスマスの早仕掛け。
DSCN9978-1
早仕掛け・早仕舞い・際の勝負。

2階のウォルマート・スーパーセンター
ダウンタウン立地だから、
駐車場も2層。
DSCN9984-1

入口の青果売り場のトップには、
感謝祭をイメージさせる、
リンゴのプレゼンテーション。
DSCN9986-1

今の時期はどの店舗も
ハロウィンプロモーション真っ盛りだが、
ウォルマートは感謝祭、クリスマスと、
三段階に渡って早仕掛けをする。
DSCN0017-5
誤解されているが、
ここがウォルマートの本質であり、
強さでもある。

規模が大きい。
価格が安い。
それもある。

しかし顧客を喜ばせる販促を、
徹底して現場で展開する。

それがウォルマートだ。

次にトムサム。
セーフウェイが展開する、
テキサス地区のバナー。
DSCN0034-1

ハロウィン・プロモーション。
でも、迫力に欠ける。
DSCN0035-1

そして「Buy One Free One」のセール。
最近日本でも見かけるようになったが、
1つ買えば1つタダという、
なんとも言いようのないセール。
DSCN0036-1
この売り方は、
今年1月にセーフウェイと統合した、
アルバートソンが得意とするもの。

もう統合「成果」(?)が表れ始めた。

花卉売り場。華やかだが、
お客は少ない。
DSCN0052-1

次に向かったのは
クローガー・フレッシュフェア。
DSCN0065-1

この店ではインタビューがある。
店頭で待つ参加者たち。DSCN8918-1

インタビューに応じてくれたのが、
店長のジョシーさん。
キャリア11年の29歳。
DSCN0069-1

クローガーのポリシーや、
店長としてのマネジメントの考え方を、
丁寧に話してくれた。
DSCN0080-5

2階のイートインコーナーから見下ろす
青果売り場。
DSCN0079-1
フレッシュフェアは、
通常店より売り場面積が狭い。
生鮮強化型の店舗。
クレンリネスが徹底された美しい売り場。

そのジョシーさんのお尻のポケット。
羽箒。
DSCN0082-1
「これが一番大事な道具です」と、
自慢げだ。

大事な大事なクレンリネスを、
店長自ら励行している。

参加者たちからも、
次々に質問が飛んだ。
DSCN0084-1

全員で記念写真。
DSCN0086-1

いいインタビューだった。
DSCN0085-1
ナイスガイの店長ジョシーさんに感謝。

フレッシュジュースを拡販していた、
青果売り場のマネキンの女性。
DSCN8919-1
クローガーのフレンドリーサービスを実践し、
いい笑顔。

次にクローガーの、
フード&ドラッグ「シグニチャー」。
DSCN0187-1

デリ売り場の中央には
ニューヨークで人気の、
チーズ専門店「Murray’s」が出店。
DSCN0098-1

その前でチーズの試食販売。
DSCN0183-1

店舗は古いが改装を施し、
売り場はよく管理されている。
DSCN8975-1

(株)マツモトの松本隆文社長は、
視察のたびに、必ず、自ら、
商品の価格調査を行う。
DSCN8923-1

主通路ではバドワイザーのプロモーション。
DSCN0135-1

店頭のプロモーション・スペースでは
メーカーと一緒に、
もう一つの新しいプロモーションを設営中。
DSCN0138-1

全米ナンバー1スーパーマーケットのクローガー。
47四半期連続既存店増収。
改装投資とこうしたプロモーションの仕掛けが、
既存店躍進に寄与している。

ダラス最後は、
クイック・トリップ。
DSCN0198-1

店内で、グリルしたソーセージなども提供する。
DSCN0195-1
米国セブン-イレブンがベンチマークする。
FORTUNE「働きがいのある企業100社」に、
連続で選ばれ、今年は54位。
ちなみにホールフーズが55位だから、
クイック・トリップの凄さがわかる。

コンビニでもと言っては失礼だが、
働きがいのある企業になることができる。

これは覚えておいてほしい。

夕方に再びダラス・フォートワース空港に戻り、
サンアントニオに向かう。

ダラスでお世話になったマミさんとお別れ。
DSCN0203-1

サンアントニオに着いたのは19時過ぎ。

ホテルはリバーウォーク沿いの、
エンバシー・スイーツ。
早速、事務局とともに、
リバーウォーウォークを散策。
DSCN0212-1
アメリカ人に人気の三大観光スポットのひとつ。

運河沿いのイタリアンレストランで、
サンアントニオの味を満喫し、満足。
DSCN0210-1
左は現地コーディネーターの藤森正博さん。
私の隣から(株)伊藤園の木村修さん、
JTB西日本の小坂裕介さんと佐藤公彦さん。

長いながい一日。
しかしアメリカ食品小売業のトップ3、
ウォルマート、クローガー、
そしてセーフウェイ+アルバートソン。

まずは、いい視察研究ができた。

おつかれさま。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.