結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2016年03月03日(木曜日)

㈱白石90周年記念式典・講演の「信用とイノベーション」

3月3日、 ひな祭り。

全国的にいい天気。

祭りの日の好天。
心がうきうきしてくる。

米国ではSuper Tuesdayの結果が出た。

民主党ヒラリー・クリントン女史8カ所で勝利、
共和党ドナルド・トランプ氏は7州で勝った。

Super Tuesdayで勝たねば、
大統領にはなれない。
これが定説。

だとすると、次のアメリカ合衆国大統領は、
この二人に絞られたことになる。

トランプ氏は「偉大な米国の復活」を煽る。
ヒラリー女史はそれに対して、やり返す。
「今までアメリカが
偉大であることをやめたことは
一度もない」

日経新聞社説。
「世界的な影響が懸念される米政治の混迷」
その混迷のもとは、
「ドナルド・トランプ氏が
共和党の大統領候補選びで先頭に立ち、
内政のみならず、外交関係でも
摩擦を生んでいるからだ」

米国二大政党のいずれが政権を握ろうとも、
日米関係は変わらない。
それがこれまでの認識。

しかし、今回は違う。

トランプ氏は、日米安全保障体制を、
「フリーライダー」と攻撃。
日本が米本土の防衛義務を負わないからだ。

一方のヒラリー女史も、
日本を中国とともに、
「外国為替相場の不正操作国と非難」

自分の大統領選挙を有利に進めるために、
日本はスケープゴートになりやすい。

社説は総括する。
「なぜトランプ現象が起きているのか。
その背景をよく理解し、
ポピュリズムの潮流に
世界をのみ込ませないための
手立てを考えたい」

これは米国大統領選に限らない。
我々の身近にも、
「ポピュリズムの潮流」が、
見え隠れする。

populismは「人民主義」と訳され、
ナショナリズム「国家主義・国民主義」の対語。

「一般大衆の利益や権利、願望、
不安や恐れを利用して、
大衆の支持のもとに
既存のエリート主義である
体制側や知識人などと対決しようとする
政治思想または政治姿勢のこと」

大衆の支持を得ることは悪くはない。
既存のエリート主義を対決することも、然り。

しかし不安や恐れと利用してはならない。
それだけは確かだ。

さて私は横浜シティエアターミナルから、
リムジンバス。

マリンタワー。
DSCN9305-6

そしてベイブリッジ。DSCN9307-6

横浜港とみなとみらい。DSCN9315-6

東京電力の煙突から、
真っ白い煙が勢いよく噴出する。DSCN9318-6

30分足らずで羽田空港。DSCN9321-6

熊本行きANA643便。DSCN9322-6

お世話になります。DSCN9323-6

1時間ちょっとで阿蘇熊本空港。
それから40分ほどで、熊本市内。

ANAクラウンプラザホテル熊本。
DSCN9324-6
市内を流れる一級河川の白川。

㈱白石グループ創業90周年記念式典。
DSCN9325-6

私はその記念講演。
DSCN9338-5

菓子卸を主業とする白石。
そのお取引先を中心に、
200名ほどが参集。
DSCN9339-6

テーマは「百年企業のビジョン」
DSCN9367-6

「流通革命」と「流通3.0」も語った。
DSCN9379-6
ご清聴を感謝したい。

㈱白石社長の白石純一郎さん。
DSCN9413-6
100周年へのビジョンを語り、
同時に具体的な戦略・政策を、
丁寧にきっぱりと宣言。

そして祝賀会。

白石浩相談役が、
67年間の自分の仕事を振り返って、
「商売の信用」を語った。
DSCN9414-6
その見事なスピーチに、
私は感動した。

その後、鏡開き。
DSCN9426-6
乾杯の音頭は、
森永製菓㈱常務の太田栄二郎さん。

そして食事と懇親会。

何はともあれ、
白石浩さん。
DSCN9432-66

それから旧知の荒木洋祐さん。
あらきや会長。
DSCN9436-6
もう20年も前になるだろうか、
商業界ゼミナールの箱根の壇上で、
荒木さんとパネルディスカッションした。

なつかしい。

変わらない荒木さん、
実にうれしい。

最後に白石グループの幹部が、
前列に並んで、挨拶。
DSCN9438-6

90年企業は間違いなく、
「百年企業」となる。

問題は「信用」が損なわれることなく、
いや、その「信用」が積み重なり、
厚みを増しつつ、
100年を経過し、
150年、200年に向かうことだ。
DSCN9439-6
そのためには「イノベーション」が不可欠だ。

小さなイノベーションの積み重ねが、
マーケットからの信用を構築する。

最後に商業界の指導者・新保民八の言葉。

「正しきによりて滅ぶる店あらば、
滅びてもよし。
断じて滅びず」

新保はまず、
正しくあれ、と諭す。

そして正しくあるならば、
滅びてもよし、と言い切る。

現実を顧みると、
正しくないものは
即座に、滅びる。

しかし、正しさを唱えるものが
滅びてしまうことも、ままある。

なぜか。

なぜ、正しくあることを目指しているのに
滅びるのか。

それは、
イノベーションがないからである。

白石さん、おめでとう。
そして、頑張れ。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.