結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年05月20日(日曜日)

ラスベガスBasic研修最終日の調査発表と太陽のサーカスの「Kà」

商人舎US研修会Basicコース。
(株)商人舎として第28回目。

商人舎も私も、
知識商人の養成を標榜しているが、
この濃密な海外研修だけで1000人以上。
うれしい限りだ。

そのBasicコースも最終日。

今日は、
調査研究発表会。
10チームのPFグラフ分析、
そしてそのプレゼンテーション。
DSCN9532-1

52名が10チームに分かれて、
視察店の商品の陳列フェース数と価格を、
品種別に調査する。
それを表とグラフにまとめて、
各社の商品政策を分析する。

ラインストラクチャーグラフという。
その中の最も基本的な調査が、
このプライス・フェーシンググラフだ。

私も提出された資料を、
手元に置きながら、
プレゼンテーションを評価する。IMG_5352-1

発表が終わると、
他のチームから、
質問が投げかけられる。 DSCN9536-1

それに発表チームが答える。
さらに私が追加補足しつつ、
解説する。
DSCN9570-1

10チームがそれぞれ発表して、
質問を受け、私が問題点を指摘する。DSCN9552-1

みんな、良くまとめてきた。
そして各社の特長をよく分析している。DSCN9636-1

聞いている側も、
メモを取って真剣そのもの。DSCN9720-1

どんな商品だったのか、
種類はどれくらいあったのか、
その背景にどんな消費需要があるのか。
どんなポジショニングなのか。
細かい質問も飛ぶ。DSCN9743-1

1チームのプレゼンテーション時間が5分、
質疑応答時間が5分。
DSCN9659-1

PFグラフはわかりやすいほうが良い。
調査した情報すべてを、
1つのグラフに入れようとすると、
全体の傾向が見えづらくなることもある。
DSCN9605-1

各班がそれぞれに趣向を凝らして、
プレゼンテーションしていく。
その発表スタイルも評価対象になる。DSCN9535-1

朝8時過ぎから発表を始めて、
10チームが終わるころには、
2時間を超えた。
IMG_5355-1

それぞれのチームの分析は、
視察調査し、講義を聴き、
ディスカッションした成果を、
いかんなく発揮していた。IMG_5350-1

この中から、1位から3位までを決める。
ある種のゲーム感覚のイベントだが、
調査や考察、議論、そして発表を、
互いに楽しむことが、
商人舎のBasicコースのモットーである。

事務局の間で、
各班の発表内容を精査して、
いよいよ、
表彰タイム。

初めに理解度テストの成績優秀者を表彰。
4日目の朝に30分のテストを行った。DSCN9754-1

みんなそれぞれに頑張ってくれたが、
なかでも、講義内容をよく理解して、
自分の言葉で回答してくれた人たちだ。DSCN9762-1

右から富田浩次さん、
㈱関西スーパーマーケット第1商品グループシニアスタッフ。
山谷祐司さん、㈱マツモト商品部バイヤー。
田口一矢さん、㈱マルイチ商品部日配バイヤー。
浅野春佳さん、㈱ロピア本部一般。
河合俊和さん、関西スーパー経営企画室シニアスタッフ。
麻生将人さん、三和酒類㈱営業部 一般。
小川辰雄さん、㈱ヨシヅヤ清洲店一般店長。
鈴木健之さん、㈱スズキヤ逗子駅前店副店長。
内田貴之さん、ロピア管理本部取締役、
以上の9名。

そしてPFグラフ分析発表の表彰。

第3位は、冷凍食品を調査したチーム。
冷凍枝豆と冷凍ポテトの2品目調査で、
各社の商品政策を明らかにした。DSCN9769-1
事務局からの商品は、
ウィンコフーズのワインオープナー。
麻生将人さん、三和酒類。
神例英里香さん、ロピア本部一般。
松田未佳さん、ヨシヅヤ一般事業本部本部長付。
高山幹夫さん、㈱大阪屋ショップ釈迦堂店店長。
小宮浩史さん、マツモト人事教育部マネジャー。

2カテゴリーの調査を短時間でするのは、
ハードワークだったが、
その成果が結果に出た。

第2位は青果部門のDチーム。
オーガニックのリンゴを調査した。
1個換算でPFグラフをつくった。
青果部門の主力商品に対する各社の政策が、
みごとに浮き彫りにされた。
DSCN977-11
右から中嶋一雅さん、㈱静鉄ストア店舗運営部入江店店長。
内田貴之さん、ロピア取締役。
近藤平悟さん、マツモト 店舗運営部店長。
平田真一さん、㈱アドバンス営業本部主任。
松田圭太さん、ヨシヅヤ鮮魚 主任。
吉田将幸さん、㈱ユニバース八戸ニュータウン店店長。

賞品はトレーダー・ジョーの新PB、
「ニューチャールズショー」。
もちろんオーガニックワイン。

そして栄えある第1位は、
加工食品のAチーム。
使用頻度の高いトマト缶を調査した。
DSCN9779-1
通常品とオーガニック品を調査して、
それをグラフに表現した。
プレゼンテーションも元気がよかった。

際立つポジショニングが、
プレゼンテーションに表現された。

右から置田直矢さん、関西スーパー今福店店長。
大橋慎司さん、マツモト店舗運営部店長
富塚祥司さん、㈱なとり東海営業部名古屋営業所所長。
竹田吉孝さん、ヨシヅヤ人事総務部部長代行。
市川俊さん、日穀製粉㈱大阪営業所係員の5名。

賞品は月刊商人舎の年間購読。
1年間、さらに学んで、
それぞれに自分の現場で活躍してほしい。

最後は結城義晴の最終講義。
DSCN9792-1

ストアコンパリゾンのポイント、
ラインストラクチャーグラフの活用法、
それからチェーンストア理論の肝の部分。

そしてEpilogueは、
ロイヤルカスタマーとサービスに関して。
ホッケースティックの法則は、
ぜひとも覚えていてほしい。

「もしあなたが、
顧客にサービスを提供する仕事に
就いていなかったら、
顧客にサービスを提供する人に
サービスを提供するよう行動しなさい」
DSCN9788-1

5日間のご清聴に感謝。DSCN9794-1

午後からは、明日の出発まで自由研修。
ラスベガスの消費産業、
エンターテインメント産業を、
各自が大いに学んでほしい。

私は、日穀製粉のお二人と
ラーメンの刀屋で昼食と情報交換。
IMG_5359-1

その後、ホテルの部屋に戻り、
夕方まで仕事。

フラミンゴホテルに接する、
モノレールに乗って出発。
IMG_4763.JPG8

世界最大の観覧車が見える。
「ハイローラー」。
高さ170 m、直径158.5 m。
IMG_4766.JPG8

モノレールに乗って、
MGMグランドホテルまで。IMG_4768.JPG8

MGMグランドには、
MORIMOTOが入っている。IMG_4770.JPG8

そして常設ショーが、
シルク・ドゥ・ソレイユの「Kà(カー)」。
IMG_4772.JPG888

事務局とこの「Kà」を堪能。
IMG_4774.JPG8
Cirque du Soleilは「太陽のサーカス」

現在、ラスベガスでは、
7つのショーが、
太陽のサーカスによって、
常設公演されている。

①Mystère(ミスティア)。
ホテルはトレジャー・アイランド。
②O(オー)、ベラージオ。
③Zumanity(ズーマニティ)、
ニューヨーク・ニューヨーク。
④Love(ラヴ)、ミラージュ。
⑤Criss Angel Believe、
ルクソール。
⑥Michael Jackson One、
マンダレイ・ベイ。

そして⑦Kà(カー)、MGMグランド。
Kàとは人間の心に宿る様々な魂の総称。

シルク・ドゥ・ソレイユの中で、
最もメカニカルな演目。
IMG_4779.JPG8

この輪が牢屋になっていて、
これを使ってパフォーマンスが行われる。IMG_4780.JPG8

舞台装置は、
巨大な櫓(やぐら)のようになっている。
未来都市のようでもあり、
古代の中国のようでもある。
IMG_4786.JPG8

火がテーマでもあって、
ショーの各所で使われる。
IMG_4791.JPG8

物語性があって、
シルクのなかでは、
一番わかりやすい。
IMG_4778.JPG8

しかし、そのパフォーマンスの凄さ、
美しさは言葉にしようがない。
IMG_4775.JPG8

巨大なステージ自体が、
立体的に浮き上がって、
縦横斜めに回転する。
IMG_4776.JPG8
心から感動した。

Basicコースの分析発表にも感動したが、
今日は一日、感動の日だった。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2018年の開催予定
  •  
  • 予告 第14回ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.