結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年05月01日(火曜日)

5月の創造的な仕事とウォルマート・アズダ&セインズベリーの合併

5月。
新年1月から数えて5番目の月。
わかりやすい。

皐月(さつき)。
日本全国、田植えの月だったから、
「早苗月(さなえつき)」と言い合っていた。
この「なえ」、文語では「なへ」が削除され、
「さつき」となった。
8.JPG88
いま、田に水が張られ、
苗が植えられる。

実に美しい。

英語で“May”。
ローマ神話の女神Maia(マイア)の月。
マイアは「豊穣」を司る大地の女神だ。
それがラテン語の”Maius”で、
フランス語やドイツ語の”Mai“になり、
やがて英語のMayとなった。

だから大地の豊穣を祈る月。
日本の早苗月と似ていなくもない。

今日から5月で、
これまたとても陽気のいい1カ月だ。

ただし私はいつも、
アメリカやヨーロッパに行っている。

あちらもいい季節だけれど、
日本の5月はほんとうにいい。
満喫しつつ、仕事に励みたい。

5月にはなにか、
創造的な仕事ができる。

絶対にこれは確かだ。

新しいアイデアを想起するもいい。
論理的な考察をするもいい。
芸術的な売場や陳列作品をつくるもいい。
素敵なPOPを描くもいい。

5月には必ず、
創造的な仕事ができる。

それに打ち込むことだ。

私も5月はいつもに増して、
それをする決意だ。

大好評の商人舎流通SuperNews。

東急ストアnews|
GWに400名の子ども対象「レジでおしごと体験!」開催

ゴールデンウィーク特別企画として、
「東急ストアのレジでおしごと体験!」。
tokyu_201180501_01
エプロンと三角巾を着用した子どもたち、
実際に売場のレジを体験する。
保護者が購入する商品を担当するから、
親子参加型イベントとなっている。

いいなあ。

店員さんが事前に紙芝居で、
レジ操作や接客について説明する。

これもいいなあ。

昨2017年の夏休みに、
35店舗で開催して、
300名以上が参加。

もちろん大好評。

そこで今年初めて、
ゴールデンウィークに実施する。

とてもいい。

こんな想像力を働かせたい。

しかし、しかし。
日経電子版「経営者ブログ」
(株)IIJ会長鈴木幸一さんは、
日本のインターネットの生みの親。
suzuki_s
「それにしても、
さまざまな問題はあるにしろ、
本当に、いつまで休んでいるのだろう。
国会のことである」

同感。

朝鮮半島情勢は大きく変化している。
欧米では金融・財政の垂れ流しから、
“出口戦略”に向かい始めている。

「世界は大きな変化に向かって、
動き出している」。

「だが、日本の国会は、
ゴールデンウイークよりもはるかに
長い休暇に入ったままだ」

「日本は、世界情勢の変化を尻目に、
弛緩したままのようだ」

同感。

仕方がないから、
仕事に邁進しよう。

最後にふたたび、流通SuperNews。
セインズベリーnews|
ウォルマート傘下アズダと合併/年商510億ポンドへ

日経新聞では囲み扱いのニュースだが、
イギリス小売業にとっては大事件だ。

日本にたとえると、
セブン&アイとユニーファミマが、
アッと驚く統合をするようなものだ。

そしてその一方が、
ウォルマートに買収された完全子会社。
アズダは日本ではもっと規模のある西友。

イギリスはスーパーマーケットの国だ。
代表小売業が食品スーパーマーケット。
1位がテスコ。
2位がセインズベリー、
3位がアズダ。

このアズダがウォルマート傘下で、
セインズベリーと激しく、
2位争いを繰り返している。

その2位と3位のコンビネーション。
年商510億ポンドになる。
今日の為替で7兆6500億円。
店舗数2800店以上、従業員33万人。

そしてテスコを抜いてしまう。
しかもeコマースも多彩だ。
combination-30042018

合併後の委員会議長は、
セインズベリー社チェアマンのデイヴィッド・タイラー。
合併会社の経営執行トップは、
セインズベリーCEOのマイク・クープ。
ウォルマートからは
国際部門CEO、
ジュディス・マッケンナが、
非常勤取締役として統合委員会に参画。
アズダは現CEOロジャー・バーンリーが、
合併会社のグループ運営委員会に参加。
〈真ん中がマッケンナさん〉
combination-press-release-img

このなかで、クープとバーンリーが、
実はセインズベリーとアズダの、
両社に属して、仕事した経験を持つ。

早期の融合も可能だろう。

セインズベリーはやや、
アップグレードのスーパーマーケット。
アズダは廉価型スーパーマーケット。
ウォルマートのEDLPを踏襲している。

テスコはその両方を相手にする、
マーケットリーダーだ。

これまではそのテスコに、
両社ともにやられていた。

マーケットチャレンジャー、
マーケットフォロワー。
どちらもフォロワーだった。

しかしデュアルブランド戦略を前提に、
セインズベリーとアズダが統合すると、
今度はテスコをオセロのように、
サンドイッチすることも可能だ。

すごい競争が繰り広げられる。

しかも、この3社を追い詰めているのが、
ドイツからやってきたアルディとリドル。
小型ハードディスカウンター。
リミテッドアソートメントで、
ウォルマートよりも安い。

さらにさらにAmazonの脅威がある。
それはアメリカや日本だけではない。

大多数のローカルチェーンは、
真の専門スーパーマーケットでなければ、
簡単に蹴散らされてしまう。
つまり中小の地方企業は、
本物のマーケットニッチャーになること。

そんな激烈な競争のなかで、
セインズベリーとアズダが統合した。
これは日本においては、
「すでに起こった未来」となるに違いない。

その未来がいつやってくるのか。
そのタイミングがいつなのかだけが、
これからの関心の中心となるだろう。

真の目をもってモニタリングし続ければ、
それはおのずと判明するはずだ。
目が曇っていては、それができない。

これこそ5月の創造的な仕事である。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.