結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年05月22日(火曜日)

「安易な”Grocerant”の危険な兆候」と「中食」市場の10兆円超え

商人舎USA研修Basicコース。
無事終了しました。
ありがとうございました。DSCN3074-1

ポジショニングを確立した店を、
次々に訪れて、学んだ。DSCN3009-1

ディビット・キャプテンと、
同志になった。
置田直矢関西スーパー今福店店長(右)と、
鈴木健之スズキヤ逗子駅前店副店長。IMG_4728.JPG7

毎朝、講義も受けた。http://www.shoninsha.co.jp/wp-content/uploads/2018/05/DSCN2889-1.jpg

理解度テストにも挑戦した。http://www.shoninsha.co.jp/wp-content/uploads/2018/05/DSCN3356-1.jpg

調査分析の検討や討論もした。http://www.shoninsha.co.jp/wp-content/uploads/2018/05/DSCN8249-1.jpg

そして表彰された。DSCN977-11

買物した。
http://www.shoninsha.co.jp/wp-content/uploads/2018/05/DSCN8014-1.jpg

Mr.Mamasで調理した。IMG_4756.JPG8

ビールをついでもらった。
IMG_4746.JPG8

大試食会をした。
IMG_5288-1
Basicコースは、
主にミドルマネジメントの研修。

一方、
商人舎USA研修Specialコース。
トップマネジメント、幹部の識見を、
広め、高め、未来を見る。

今年は、
Amazon GoへGo!
7月13日~17日。
ワシントン州シアトル。
flyer1_01
店舗とは不思議なものだ。
顧客が何かを体験する場である。

今、Amazon Goこそ、
体験してみなければいけない。

そのうちに当たり前になるのか、
この実験で終わって、
次の新しいものに発展するのか。

それを、自分の目で見る。
自分の耳で聞く。
自分の五感で感じる。

未来の小売業を、
自分で体験する。

「すでに起こった未来」が、
見えてくる。

私と一緒に、
その未来を見に行こう。

7月13日~17日。

申込みはこちら⇒
まだまだ募集中。

さて、アメリカから帰ってきたら、
「Meiji  Marketing Review」が届いていた。
IMG_4817.JPG8
連載タイトルは、
「小売業のスーパーマーケティング」
その第41回は、
「食の高度化と
安易な”Grocerant”の
危険な兆候」

外食と内食、そして中食の概念から、
グロサラントの本質を考察した。

アメリカのトレーダー・ジョー。
なぜグロサラントをやらないのか。

その理由を導き出している。

そして猫も杓子も「Grocerant」は、
危険な兆候だと指摘。

日経新聞の記事。
「中食」市場10兆円超え

日本惣菜協会の調査。

2017年の「中食」の市場規模は、
10兆500億円前後になった。
2016年は9兆8399億円。
前年比2%強の増加。

織物・衣服は年間10兆8000億円、
医薬品は10兆5000億円。

中食はそれに迫る。

これも日本惣菜協会の調査。
飲食料の出費に占める外食の割合は、
2016年で35.6%。
2007年を基準にしてみると、
3.6ポイントのダウン。

一方、飲食料に占める中食の割合は、
同じく2016年に13.8%。
これは2007年比で1.1ポイントの伸長。

外食は中食の2.58倍。
しかし、外食は減って、
中食が伸びている。

1995年、農林水産省は、
「中食市場動態調査研究会」を始めた。
日本大学教授の田内幸一先生が座長。
私も専門委員に名を連ねた。
ロック・フィールドの岩田弘三さん、
iwata0
柿安本店の赤塚保さん、
ローソンやファミマのチーフバイヤー。

4年くらい調査研究会が開催されて、
報告書を提出した。

「中食」がオーソライズされた瞬間だった。

それから20年。
中食は外食の3割を超えて38.8%。
そして外食以上の伸びを示す。

日経の記事にある。
岩田さんのロック・フィールドは、
18年4月期売上高522億円で、
前年比3%増の見込み。

赤塚さんの柿安本店は、
今年2月期決算で過去最高の439億円、
前年比1%増。

「ロック・フィールドは、
パック詰めのサラダや総菜など、
加工済み商品の供給能力を高める。
神戸市の工場を増床し、
8月をめどに生産能力を
前年比で2倍にする」

「静岡県磐田市の工場に
サラダ用野菜の研究施設を設け、
5月に一部の運用を始めるなど、
商品開発にも力を入れる」
DSCN4330-5

これも日本惣菜協会の調査。
2016年の中食市場のうち、
食品スーパーマーケットの売上高は、
2015年比で3.6%増加。
コンビニは5.0%の増加。

ローソンの計画。
「店内調理の弁当や総菜を提供する店舗を
18年度末までに4割増の6000店にする」

ファミリーマートは、
「20年2月期までの4年間で
中食の生産体制の整備で
累計350億円を投資。
工場の製造品目見直しや省人化設備を導入」

日経にはスーパーマーケットの事例も。
サミットは全店で、
「揚げ物などの惣菜を、
午後9時ごろまで製造する方針」

いなげやは傘下の三浦屋から、
「付加価値の高い惣菜の調達を増やす。
三浦屋は19年3月までに、
いなげや向けの生産を
1.5倍の月45万パックに増やす」

マルエツ。
「野菜や肉の売り場と食材を共用し、
新鮮な総菜や弁当を提供する店舗を増やす」

厚生労働省の発表。
「17年の共働き世帯数は1188万世帯で、
6年連続で増えている」

「中食」はまだまだ増加する。
そして「安易なグロサラント」は、
どんどん不採算になっていく。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • アメリカ視察研修ツアー USA視察Specialコース2019年10月2日(水)~10月8日(火)<5泊7日>開催場所:ワシントンDC、リッチモンド、NY
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.