結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年04月14日(日曜日)

[日曜日の雑記帳]クリムト「The Kiss」の手帳

平成から令和へ。
二つの時代をまたぐように、
10連休が用意された。

2週間後にそれを控えて、
人々の動きが怪しい。

今日の日曜日、
突然、社会人の娘から、
プレゼントされた。

父の日は確か、
6月第3日曜日だったか。

理由のわからない贈り物。
それでも喜ばしい。

プレゼントされたのは、
左手に持っている手帳。

装丁にはグスタフ・クリムトの「The kiss」
日本名は「接吻」DSCN73049
私のスマートフォンのカバーも、
同じクリムトの接吻。

クリムトはオーストリアの画家。
1862年7月14日生まれ、
1918年2月6日没。

クリムトの生きたオーストリアの首都は、
ウィーンである。

オーストリア・ハンガリー帝国。
その帝国終焉のときにして、
19世紀の世紀末。

「世紀末ウィーン」は、
歴史上まれにみる爛熟期にあった。

その代表的な画家がクリムトで、
そのクリムトの代表作が「接吻」だ。
DSCN73079
この原画が描かれたのは、
1907年から08年だといわれている。
キャンバスに、
油彩でペインティングされ、
金箔が施されている。

サイズは縦180cm×横180cmの正方形。

オーストリア・ギャラリー所蔵。
ベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館。

私は本物を観たことがない。

キャンバス中央に、
抱き合う男と女。

二人の体は、
有機的なフォルムと輪郭線によって、
柔らかく表現され、
それぞれにまとうローブは、
男には長方形の模様、
女ローブには円形の模様。

作品の女性モデルは、
愛人のエミーレ・フレーゲ。

クリムトの手帳は、
書き込むためのものだ。DSCN72979
何も書かれてはいない。

それがいい。

雑記帳として、
手元に置こうかと思う。

一方、スマートフォンのカバーは、
私にとって何代にもわたってクリムトだ。DSCN73009

3年ほど前だっただろうか。
ニューヨークで携帯電話を紛失した。

しかし、奇跡的にそれが出てきた。

バスのターミナルに届いていた。
電話で確認したとき、
事務の女性が何度も言った。
「Picture! Picture!!」

スマホの裏側に、
美しい絵が描かれているというのだ。

クリムトに包まれたカバーによって、
スマートフォンは、
私のところに戻ってきた。

そのスマホと手帳。DSCN72929

令和の時代に、
何かいいことが、
ありそうな気がしてきた。DSCN72939
手元に携えて使う道具。

それが世紀末ウィーンの爛熟を象徴している。DSCN72949
日本の平成時代の最後のとき、
もしかしたら必要なのは、
世紀末ウィーンのときのような、
切迫感ではないかと思う。

焦燥感というのではない。
倦怠感でもない。
厭世観でもいけない。
緊張感をさらに増幅させた切迫感。

ピーター・ドラッカーは、
クリムトのウィーンに、
1909年に生まれている。

世紀末とは、
何かに突き動かされて、
時代が変わっていくもの。

その変わることの不安感と期待感。
両極の幅が広いほど、
爛熟度は大きくなる。

ドラッカーは政治や経済を、
極めて論理的に描き直した。

一方で、否応(いやおう)なしに、
この爛熟を体験しながら育った。

現在の日本にはそんなエネルギーは、
まったく感じられない。

だからこそ私は、
クリムトを手元に置きたいと、
強く感じてしまうのかもしれない。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2019年5月7日(火)~5月13日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベガス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年6月4日(火)~6月6日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2019年4月
« 3月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.