結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年10月02日(土曜日)

1580円の高級カレーを試食して思ったこと。

台風16号が去ったが、
関東には線状降水帯が発生して、
夕方は豪雨。

これも[極端気象]だろう。

今日はカレー大会。

先日、㈱MDサポートの陶社長が、
商人舎オフィスを訪れて、
プレゼントしてくれた。
IMG_69511

Lovely Curry。IMG_69461
4個セットのレトルトパウチ商品で、
価格は6320円、1個1580円。

いわゆる高級レトルトカレー。

製造は㈱キャニオンスパイス。
販売が㈱MDサポート。

MDサポートがプロデュースした商品だ。

商品の特徴は5つ挙げられている。
化学調味料不使用
⑵「
高級なお肉」をふんだんに使用
約40~50gのお肉
200g(1人前)×4個セット
⑸神戸牛・松阪牛・但馬牛・近江牛の食べ比べセット

全アイテムで、
化学調味料を一切使わず、
香辛料に良質のウコンを使用している。

MDサポートもキャニオンスパイスも、
大阪の会社だが、
関西の有名ブランド牛を使った。
肉の量は通常のレトルトカレーの2倍以上。

小麦粉の使用量を極力抑えて、
アレルギーに悩む人にも対応している。IMG_71141
パッケージは単行本スタイルだ。

まず、松坂牛欧風カレー。
IMG_71151

パッケージはこの本に似ている。
ドラッカー本
ドラッカー名著集1冊1980円。
Lovely Curryは1個1580円。

本を持っている感覚。
IMG_71171

本の背文字と裏表紙。
IMG_71161

パッケージを開けると、
レトルトが出てくる。IMG_71181

松阪牛を使って、
焙煎カレーソースに、
リンゴ、バナナなどの甘味も加えた。IMG_71211

袋のまま熱湯に5~7分入れて温める。
電子レンジの場合、
レンジ対応耐熱容器に入れ替えて、
ラップをかけて2分。IMG_71351
オーソドックスな欧風カレー。
松阪牛の肉感がしっかりしている。
まろやかで美味。

次に、
近江牛バターマサラカレー。IMG_71221

近江牛にイタリア産ホールトマトを使用。
カシューナッツとバターを加えて、
旨みと酸味を融合させた。
IMG_71231

「マサラ」はさまざまな香辛料を、
粉状にして混ぜたスパイス。

本場のインドでは家庭によって、
マサラの配合が異なる。

このマサラカレーも、
トマトをベースに、
フライドオニオン、おろしにんにく、
おろししょうが、ガラムマサラなど、
多種のスパイスを配合している。IMG_71241

甘味と酸味があって、
軽い味わいのカレーだ。
IMG_71301

そして神戸牛ブラックカレー。
IMG_71251

マサラカレーであることは同じだが、
イカスミを使って、
神戸牛の旨みを引き立てる。
IMG_71261

それにタマネギ・トマトなどで甘みを加え、
数種のスパイスを使用。
IMG_71281

ブラックカレーは、
スパイスやタマネギなどローストして、
黒い色の深みのあるカレーとする。IMG_71291

これはコクがあって、
私の好みのカレーだ。
IMG_71331
最後に但馬牛グリーンカレー。
これは次の楽しみにと、
残した。

売価を考えずに、
徹底して贅沢なレトルトカレーとした。
これは陶さんの熱い要望だ。

しかし1500円を超えるレトルトカレー。
どうしてもそれを意識してしまう。

そして不思議なことに、
食べながらその高価格に満足感を覚えつつ、
納得してしまう。

価格も知らされず、
製造のコンセプトや原材料もわからないまま、
ただカレーとして出されたら、
ここまで納得感があるかどうか。

もちろん通常のスーパーマーケットでは、
販売できないカレーだろうが、
陶さんの感覚だけで生まれたカレー。

Lovely Curry。

機会があれば一度、
食べてみるのもいいだろう。

日経新聞「ニュース一言」に、
日清食品の安藤徳隆社長登場。
安藤社長
「”チキンラーメン”を開発した
飢餓の時代から変わり、
今は飽食の時代だ。
時代に合わせて新しい食文化を
生み出さないといけない」

安藤さんは、
「1食で1日に必要な栄養素を
バランス良くとれる
“完全栄養食”の事業化を急ぐ」

社員食堂などに向けて、
栄養バランスの良いとんかつなど、
提案し、提供していく。
日清栄養食

「好きなものを
どれだけ食べても良い
世界をめざしていく」

チキンラーメンから完全栄養食へ、
あるいはLovely Curryへ。
コモディティとノンコモディティ。

しかし高価格で満足してしまう感覚。
宝石やブランド品の価値が、
カレーという国民食分野で成り立つか。

面白い。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.