結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年10月31日(日曜日)

小雨降るハロウィン選挙、「一言重し百金軽し」

2021年、令和3年。
コロナ禍2年目の10月が終わる。

10月最後の31日、
今日はハロウィン。

横浜は朝から小雨模様。
IMG_E79311

朝顔の花に雨滴。
IMG_79321

そして、
第49回衆議院議員総選挙、
投開票の日。

私の投票会場は、
横浜市立港北小学校。
IMG_79361

候補者のポスターボード。
IMG_79341

野党の立候補者統一によって、
与党と野党の2人しか、
ポスターは貼られていない。
IMG_79351

神奈川第7区。
IMG_E79411

小選挙区と比例代表の二つの投票。
そして最高裁判所裁判官の国民審査。

日曜日に休みをいただいているので、
私は今日、投票。

終わりました。
IMG_E79401

あまり意味はないと思うし、
使うこともないけれど、
投票証明書をもらってきた。
IMG_E79371

私のはじめての国政選挙への投票は、
1972年12月10日。
第33回衆議院総選挙。

第1次田中角栄内閣時代、
中選挙区制だった。

それ以来、16回の衆議院選があった。
投票を欠かしたことはない。

私が生まれた1952年。
その10月1日に、
第25回衆議院議員総選挙が行われ、
故大平正芳は自由党公認で立候補し、
初当選した。

大平は池田勇人大蔵大臣の秘書官だった。

自由党は首相・吉田茂の党だった。

その後の1955年、自由党は、
鳩山一郎の日本民主党と、
保守合同を果たして、
自由民主党となった。

1951年秋、大平は、
70日間の全米視察旅行をした。

帰国後、池田に挨拶と報告に行くと、
池田勇人は言った。

「断らないで欲しい。
一生を決める事柄だから迷うのは分かるが、
本当に民主主義の政治を作っていくのには、
君のように勤勉で、かつ、
現場を大切にする男が必要なんだ」

「新しい国が君の出馬を要請している
と考えてくれ」
〈辻井喬こと堤清二著『茜色の空』から〉
51cOTZx6LLL._SX343_BO1,204,203,200_
生まれ故郷の旧香川2区から、
42歳で立候補して当選した。

以後、亡くなるまで、
11期連続当選を続けた。

第68代内閣総理大臣。

大平にとって総選挙は、
向こうからやってきた、
政界への入り口だった。

いま、大平正芳のような政治家は、
いるのか。

50年近くも投票を続けて、
いつも、そのことを思う。

その大平正芳が残した言葉。
「一言重、百金軽」
一言重し、百金軽し。

政治家だけではない。
経営者も実務家も、
もちろん知識商人も。

人間の発するひと言は重い。
いくら積まれても金は軽い。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.