結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年11月14日(日曜日)

万代渋川店のサンマ200円と「さんま苦いか塩っぱいか」

大阪府東大阪市。
㈱万代本社に併設された繁盛店。

万代渋川店。
IMG_84511

万代知識商人大学の講義のときには、
ランチはいつもここで買って食べる。

その入り口の一丁目一番地。
青果部門は店の顔。
毎週木曜日開催、
「バイヤー“推し”の一品」
IMG_84491
左から、マイタケ1パック88円、
アスパラ1束78円、
豆苗1袋68円、
そして淡路のタマネギ1袋298円。

その裏の島陳列はミカン一色。
万代限定販売の秀島みかん398円。IMG_84471

次の島は本日のおススメ。
赤い毛氈にぶどう。
IMG_84461

ミックスぶどう1パック398円。
IMG_84521

そして菌茸類のエンド。
真ん中はブナシメジ1パック88円、
右はミックスマッシュルーム1パック298円。IMG_84451

顧客に顔を向けているのは、
アメリカ産松茸2本で980円。
IMG_84541

その裏側は白菜。
丸もの、ハーフ、クオーター、
きちんとSKUをつくる。
IMG_84531
万代は旨いものが安い。
しかも買いやすい容量設定がある。

店舗右奥のコーナーが水産部門。
島型で中央が作業場。
角にはサーモン。
IMG_84441

裏側に対面方式の丸魚売場。
左はサンマ1尾200円、
右は天然真鯛1尾580円。
IMG_84431

それから店舗奥中央が惣菜売場。IMG_84601

畜産売場からコーナーを曲がって、
日配品売場へ。
IMG_84611
実にシンプルでオーソドックスなレイアウトだ。

万代独特の特売告知。
11月16日は「大感謝祭」、
11月28日は「ビックリ価格!」IMG_84621
毎月、知識商人大学の講義のときに、
定点観測する。

万代の出す品目ごとの価格帯が、
関西のスーパーマーケットの値ごろ感となる。
だからこの定点観測は、
私の価格感覚を磨くことになる。

しかしサンマ200円は今どき、安い。

北海道新聞の巻頭コラム「卓上四季」
昨日のタイトルは、
「さんまの苦み」

あはれ
秋かぜよ
(こころ)あらば
伝へてよ

―― 男ありて
今日の夕餉に ひとり
さんまを食(くら)ひて
思いにふける、と。

佐藤春夫の代表作「秋刀魚の歌」は、
このフレーズで始まる。
418MDV3KFML._SX328_BO1,204,203,200_
谷崎潤一郎の妻千代を巡る、
佐藤と谷崎の愛憎模様が、
背景にある。

一人夕食のさんまを食す男は佐藤自身。
思い出す団欒(だんらん)は、
(あるじ)不在の谷崎邸。

「捨てられんとする人妻」と
「父を待ちし女の児」
谷崎の妻千代と娘の鮎子。

青いみかんの汁をかける、
男の故郷の習わしに従って、
女はみかんを用意する。
サンマをねだる幼子。

あはれ、
人に捨てられんとする人妻と
妻にそむかれたる男と
食卓にむかへば、

愛うすき父を持ちし女の児は
小さき箸をあやつりなやみつつ
父ならぬ男にさんまの腸をくれむと
言ふにあらずや。

谷崎に捨てられんとする千代とその娘。
妻にそむかれた佐藤。

さんま、さんま、
さんま苦いか塩(しょ)っぱいか。
そが上に熱き涙をしたたらせて
さんまを食ふは
いづこの里のならひぞや。

あはれ
げにそは問はまほしくをかし。

谷崎は佐藤に千代を譲ると約束し、
三人の連名で、知人たちに、
協議成立の挨拶通知を出す。

それが大きなセンセーションを巻き起こした。
昭和5年(1930年)8月19日。
世に喧伝される「小田原事件」、
谷崎潤一郎の「妻譲渡事件」。

佐藤の詩では、
サンマが狂言回しの役を担う。

サンマは江戸時代中期に、
大衆魚として定着した。
以降、秋の旬の味として、
庶民の食卓を支えた。

コラム。
「この”秋刀魚の歌”が鯛や鰻であったなら、
これほど憐憫(れんびん)の情を
誘うこともなかったのではないか」

秋刀魚だから歌になった。

近年のサンマ不漁。
10月までの全国漁獲量は、
過去最低の9440トンだった。

だから万代の1尾200円は、
今どき、安い。

海水温の変化による漁場の移動と、
外国船による公海などでの先取り。

アジア8カ国・地域は2月、
総漁獲枠40%削減で合意した。
資源回復に向けて、
一層の協力の道を探る時だ。

恋多き男谷崎は、
佐藤に妻を譲ると言いつつも、
その言を翻して、
佐藤は谷崎に絶交を告げる。

しかし谷崎と佐藤の確執はやがて、
谷崎と千代が離縁することで決着した。

その後、佐藤は千代と鮎子とともに、
円満な家庭を築いた。

売場に並ぶサンマを見ると、
いつも思い出す。

さんま、さんま、
さんま苦いか塩っぱいか。

いま、そんな詩情は薄い。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.