結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年11月19日(金曜日)

大谷翔平・藤井聡太、京都の店々のポジショニングの闘い

おめでたいことの三重奏。

11月の満月。
アメリカでは「ビーバームーン」、
あるいは「フロストムーン」と呼ぶ。
IMG_8924 (002)1

それが今夜。

さらにこの満月は、
ほぼ皆既月食の深い部分月食。
89年ぶりのこと。
IMG_8926 (002)1
次は65年後。
もう生きてはいない。

地球が太陽と月の間に入ると、
地球の影が月にかかる。
これによって月が欠けて見える。
それが月食。

反対に太陽が月によって覆われて、
太陽が欠けて見えるのが日食。

今回は月の97.8%が欠ける部分日食だった。
しかも約3時間30分に渡る部分月食。
2000年代で過去最長。
IMG_8928 (002)

昔々は月食を不吉なことと見たが、
現在は天体ショーのごとく位置づけられ、
人々が喜ぶ。

人間は何ごとも、
いいことと捉えるようになった。
それ自体は良いことだ。

そして「ショータイム」。
大リーガー大谷翔平。
大谷翔平

二刀流の活躍は価値がある。
ジェイ・バーニーの言う希少性があるうえに、
もう模倣困難性の世界にある。

100年前のベーブルース以来。
その大谷翔平が、
2021年度MVPに選ばれた。

30人の記者全員が投票して満票。

来年も敵は怪我だけ。
文句なし。

喜ばしいことだ。
アメリカ人たちが祝福してくれる。
それこそ本当にいいことだ。

一方、将棋の藤井聡太竜王。
王位、叡王、棋聖を獲得して、
現在、四冠。
IMG_7624-448x294

三冠でも四冠でも、
竜王と名人だけは、
呼称する際にそれを冠する。

だから呼び方は、
「藤井三冠」から「藤井竜王」となった。

その藤井聡太が王将戦で、
挑戦者となった。

来年1月からの現渡辺明王将と、
七番勝負を闘う。

先に4勝すると、
3月までの今年度中に、
五冠となる。

プロ将棋界には現在、
八つのタイトルがある。
そのうちの五つを獲ることになる。

その勢いと実力はもう、
対局相手の渡辺明名人が認める。

王将挑戦者となるために、
挑戦者決定リーグは7人で闘われている。

2位の近藤誠也七段はこれまで3勝1敗。
その近藤(25歳)に直接対決で91手の勝利。

今期の成績を5勝0敗として、
最終戦を待たずに挑戦権を獲得。

ちなみに藤井は、
昨年度から都合6回、
タイトル戦に出場して、
すべて勝っている。

渡辺名人とのタイトル戦も、
これまで負けたことがない。

多分、互いに僅差の、
感動的な将棋を指してくれるに違いない。

これも楽しみなことだ。

月食の天体ショーと、
翔平のMVPと、
聡太のタイトル戦。

勝負に関しては、
勝つ者がいて、負ける者がいる。

商売はどちらも負けない状況が生まれる。
それを「ポジショニングの闘い」という。

さて昨日の京都。
ロピア京都ヨドバシ店がオープン。
私は一昨日から京都に入って、
朝の開店準備を視察した。

昼すぎに車で市内の近場を巡った。

残念だが観光はなし。

まず、ライフコーポレーションの店。
ライフは京都府に16店を展開するが、
そのなかで唯一の強力なフォーマット。
セントラルスクエア西大路花屋町店。IMG_88841

2015年4月1日のオープン。

立地は西大路通と花屋町通との交差点。
地下1階地上2階建て、
売場面積は2680㎡。

初年度の年商目標は25億円だった。

1階が食品スーパーマーケット。
IMG_88761
2階にリカーとグロサリー、
そしてドラッグストアとアパレル。

ライフ独特の中型総合スーパー。
この業態自体が絶滅状態だが、
ライフは立地と物件、商圏を選んで、
マルチ・フォーマット戦略を展開している。

ロピア進出に対して、
ライフの商圏はほとんど影響を受けない。
だから音なしの構えで、
ライフらしいそつのない店づくりだった。

次に2013年 4月20日オープンの、
「京都八百一本館」IMG_88701
京都八百一MI㈱の経営。

都心の小洒落たスーパーマーケット。IMG_88601

1階が生鮮と惣菜。
2階がグロサリーとノンフード。
その2階から1階を見下ろすことができる。

生鮮は意外に安い。
おもしろい。 IMG_886711

そして3階になんと畑がある。IMG_88511

畑の前右側と左側はレストラン。IMG_88531
都心部の斬新な店だ。

最後にマツモト五条店。IMG_88991

エレベーターの壁は、
五重の塔と大文字焼き。
マツモトは店ごとに、
地域の特徴をイラストで見せる。
米国トレーダー・ジョーと同じだ。IMG_88971

そしてマツモトは、
ロピア対策を展開して、
顧客がごった返していた。

見事。

ロピアやライフに勝つというのではなく、
ロピア進出を機会に、
社内を引き締め、顧客にアピールする。

これはチャンスを逃さない経営のコツだ。

店を回っていたら、
池田雅則店長が声をかけてくれた。IMG_88941
事前のお断りもせずに勝手に訪れて、
恐縮したが、
快く見せてくれた。

松本隆文会長ともメールで連絡を取って、
ちょっと交流した。

「京都のマツモトを追求する」
これこそポジショニング戦略だ。

会社も店も、
野球選手も棋士も、
模倣困難なポジショニングを獲得する。

それが現代の生き方である。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.