結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2009年10月02日(金曜日)

ウォルマートが始めた「プロジェクト・インパクト」とさらに凄いこと

9月の新車販売。  
日本では、17カ月ぶりに増加し、プラス0.2%、
アメリカでは、22.7%のマイナス。

9月のカジュアル・ファッションの販売。  
日本では、ユニクロ31.6%のプラス、
アメリカでは、ギャップ、リミテッド、アバクロ全滅。

総合スーパーとスーパーセンター。  
日本のイトーヨーカ堂30店舗閉鎖の決定、
米国ウォルマートは「プロジェクト・インパクト」全面展開。

対比的な姿をみせる日米。
私は、いま、そのアメリカ・アリゾナ州。
ウォルマート改革の真っただ中にいる。

しかし、昨日は私の部屋のインターネットがつながらず、
携帯電話のメールからブログアップ。
体調も徐々に回復気味だが、全快まではほど遠く、
それでも、気力を振り絞って、局面に対応。
私は、追い詰められてからが、意外に、強い。

さて、現在を取り戻すために、
2日前に時間を戻す。

9月30日、成田国際空港。
商人舎第4回USA視察研修会の結団式。
最初に私から趣旨説明。
1

そして今回の団長さんのご挨拶。
坂野邦雄イオン㈱執行役SM事業最高経営責任者。
2
姫路のウェルマート常務時代から私、20数年のお付き合い。

出発直前に、全員で記念写真。
サッカーの試合前にイレブンで写真を撮る感じ。
3

そしてアメリカン・エアーラインで、11時間。
4

ダラスからフェニックスまで2時間30分。
気温35度のフリーウェイを走る。
5

一番初めにウォルマート・スーパーセンター。
最新タイプにリニューアルしたばかり。

400坪の小型店マーケットサイドのレディ・ミールが、
入り口わきでアイランド・ディスプレイされている。
この平ケースのトップに「Marketside」のロゴマーク。
w1

何とウォルマートは、多種フォーマットの、
融合化戦略を取り始めている。

メンバーシップ・ホールセールクラブのサムズのPBを、
ウォルマートで売り込んできたし、
今回はマーケットサイドの肝の売場を持ってきた。

青果売り場の中に、米のバルク平ケース。
これも、まったく新しい。
w3
そして、主通路上にあった「アクション・アレー」の全廃。
そう、あの100もあったアイランド・ディスプレーを、
すべて、除去しているのだ。

その結果、圧倒的に買物がしやすくなる。
そしてこのイノベーションを施した店は、
資本支出が36.7%減少し、
既存店の売上高は前年比3.2%増加し、
営業利益率は7.1%も増加した。  

ウォルマート・スーパーセンターのこのエリアのシェア17.6%、
サムズ・クラブのシェア4.8%、
ネイバーフッドマーケットは1.9%、
トータル24.3%で、企業としてナンバーワン。

ウォルマートの攻勢に、
地元アリゾナのローカルチェーン・バシャスは、
連邦破産法11条適用申請。
b1
しかしもちろん店舗は営業していて、
10,000品目のプライスカット政策を断行。
b2
しかし、顧客は冷淡。
b3
反応せず。ピクリとも。
バシャスはグループ158店で、シェア15.4%。
シェアはここ数年下がり続けている。

一方のアリゾナの雄・フライズのマーケットプレースというフォーマット。
全米小売業第二位・スーパーマーケット第一位のクローガー傘下。
f1
このエリアに88店展開していて、
マーケット・シェア18.7%。
こちらもじりじりと下がっている。
f2
「プライス・バスターズ」や、
「バリュー」という名のコンペティティブ・ブランドを前面に出して、
対抗する姿勢を見せるも、やはり遠く及ばない。

かつての両雄バシャスとフライズにぐっとプレッシャーをかけておいて、
ウォルマートは「プロジェクト・インパクト」を断行した。

しかし、それだけではなかった。
もっと凄いことが、このアリゾナで、
実験されていたのだ。

マーケットサイド以上に衝撃的な新フォーマット実験である。
私たちは、それに遭遇してしまったのだ。
詳細は、徐々に、報告の予定。

さて、ホテルに帰って、2時間の講義。
r1

それから、サンプル試食会と懇親会。
r2
全員に一言ずつ語ってもらった。

今回は、「小型店研究特別研修会」だけあって、
皆、自分の問題意識を明確に持っている。
それがとてもいい。

坂野団長と乾杯しながら、それを喜んだ。
r3
しかし喜ぶのはまだ、序の口だった。

<つづきます。結城義晴>  


2 件のコメント

  • お元気様です
    いつもブログ拝見しております

    ローカルスーパーで鮮魚を担当しております
    昨今の不振を極める鮮魚をどうやってもり立てるか
    悩み苦しむ日々ですが
    結城さんのCDや先輩方のお話を聞き 勉強しながら
    取り組んでおります
    大変な時代ですが お客さまの幸せのため
    みんなの幸せのため 地域の幸せのために
    努力していきたいと思います
    これからもさまざまな形でご指導賜りたいと
    思っております よろしくお願い致します

  • 宮澤賢治の故郷から様、
    ありがとうございます。
    お元気様です。

    鮮魚部門は大変な時代です。

    こちらでは、魚や寿司のコーナーが、
    少しずつ充実を図っていますが、
    世界一の日本では、今、低迷期に入っています。

    一段のイノベーションが求められますが、
    企業や店におけるシーフードの位置づけを今一度、
    やり直さねばならないと思っています。

    それから、魚に関する消費者への情報提供や消費者教育も、
    必要と感じます。

    頑張ってください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 第17回
    2020年7月7日(火)~7月9日(木)
  • 第18回
    2020年9月8日(火)~9月10日(木)

詳細は決まり次第、ご案内いたします

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.