結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年12月30日(火曜日)

イオンとイトーヨーカ堂の倉敷・岡山を実査・対比して考える

新聞も朝刊だけで、
もう3日間、夕刊がない。

年末態勢に入って、
カウントダウン。

あと2日。
私は岡山にやってきて、
2泊3日で視察。

その2日目。

朝から、倉敷に出かけた。
20141231063810.jpg

岡山県第二の都市倉敷。
その駅北口にARIO。
イトーヨーカ堂のショッピングセンター。
20141231063830.jpg
旧倉敷紡績工場跡地に、
テーマパークが開設された。
「倉敷チボリ公園」。
それが経営難で2008年末に閉園。

2011年11月25日に、
テーマパーク跡にオープンしたのがARIO。
122店のテナントが入る。

核店舗は食品館イトーヨーカドー。
20141231063858.jpg

セブン&アイ・グループの赤ちゃん本舗。
20141231063915.jpg

そして米国ギャップのオールド・ネイビー。
20141231063934.jpg
ギャップの低価格フォーマット。
ユニクロにおけるguのポジショニング。

駅前のショッピングセンターというのに、
やや閑散。

そのオールド・ネイビーの外側に、
仮設アイススケートリンク。
20141231063959.jpg

そして隣接して、
三井アウトレットパーク倉敷。
20141231064015.jpg

やや小ぶりで2層のアウトレットモール。
20141231064035.jpg
こちらは総バーゲン状態で、
若者を中心に集客。

この駅前のARIO&アウトレットに対して、
郊外のイオンモール倉敷。
20141231063125.jpg

1999年9月に、
イオンモールとして8番目の開設。
20141231063105.jpg

核店舗はイオンリテールの総合スーパー。
20141231063214.jpg

何度もリニューアルして、
食品売り場はできる限り、
最新型を持ち込もうとしている。
20141231063227.jpg
人気のセルフ量り売り惣菜・サラダの売り場。

20世紀型としては、
今でも通用するモール。
20141231063625.jpg

トイザらス&ベビザらス。
20141231063650.jpg

そのほぼとなりに、
キッズ・リパブリック。
20141231063704.jpg

今年11月15日にオープンした新フォーマット。
20141231063719.jpg

「ほしいものが見つかる 家族で楽しいテーマパーク」。
これがコンセプト。

「買う・遊ぶ・学ぶ・探す・洒落る・聴く」
6つの体験要素を盛り込んで、
三世代で楽しめる買物体験を創り出す。

カテゴリー別に「メガ化」を進めるが、
2016年までに10店を目指す。

基本は「トイ」と「ベビー」。
そのダブル・メガストアのコンバイン型。
1フロア5288㎡(1575坪)、従業員90名態勢。
リージョナルショッピングセンターで、
総合スーパーの反対側の核店舗の機能を、
果たすことができる。

メガトイコーナーの「Montoy’s」。
20141231063744.jpg
「山のようにおもちゃが揃った専門店」。

PLAYコーナーは「安全・安心」な遊戯施設。
イオンファンタジーが運営する室内遊戯施設。
20141231070756.jpg
それこそ三世代が集まって、
大喜び。

この他、メガベビーコーナーや、
キッズコーナー。
さらにオム二チャネルの取り組みで、
新しい買物体験ができる「タッチ・ゲット」サービスなども。

アンパンマンと写真を撮ることもできる。
20141231063756.jpg
いくつかの注文はあるが、
大いに評価できる新フォーマットだ。

ショッピングセンターは、
何度も何度も再投資して、増床し、
新フォーマットを追加しなければならない。

顧客は飽きる。

それへの対策が、
段階的に用意されていなければならない。

岡山駅に戻って、
歩けば15分ほどの、
イトーヨーカドー岡山店。
20141231064106.jpg

目の前に山陽新聞本社。
20141231064122.jpg

箱型のショッピングセンター。

1998年11月オープンだから、
イオンモール倉敷の直前の開設。

そしてイオンモール岡山の進出に備えて、
こちらも今年11月14日、
リニューアルオープン。
20141231064139.jpg
しかし、残念ながら、
新規性は少ない。

衣料品売場はガランとしている。
20141231064154.jpg
この年末商戦も、苦戦中。

一方のイオンモール岡山。
20141231064214.jpg
エントランスでは、
若者たちのグループが記念写真。

モールは現代仕様。
20141231064229.jpg

イオンスタイルが核店舗。
その衣料品売り場でも、
マネキンを多用したステージ陳列が際立つ。
20141231064246.jpg

イトーヨーカ堂とイオン。

倉敷も岡山も、
鮮明な違いが出た。
20141231064301.jpg
新しい時代に、
新しい試み。

アウトスタンディングなポジショニング、
この戦略の重要性を、
あらためて実感させられる。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.