結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年12月06日(水曜日)

万代知識商人大学の米国報告会とMDD会定例会の講演

今夜、商人舎方式ホームページが、
システムダウンした。

見ることができないだけでなく、
入稿することもできなかった。

せっかく、閲覧しようと、
やってきてくださった皆さんには、
ご迷惑をおかけした。
お詫びしたい。

早急に手当てをして、
回復した。

さて、将棋の羽生善治
将棋界の永世七冠を獲得した。

同じ「よしはる」の名前を持つ天才。
我がことのように喜ばしい。

「神様と将棋を指して勝てますか」
かつて、そう聞かれた羽生が答えて曰く。
「神様が角落ちなら勝てる気がする」

毎日新聞巻頭コラムの「余録」。

将棋は、
「互いに手の内をさらす
理詰めのゲーム」

「神も人もAIも特別扱いのない
透明で対等なゲーム」

将棋の神様と指して、
「角落ち」ならば勝てる。

謙虚なようで傲慢なようで。
しかし羽生善治は、
極めて率直で正直な人間なのである。

昨夜、大阪入りした。

今朝は堺市のアゴーラリージェンシー。

ホテル4階のダイヤモンドルームで、
午前中は万代知識商人大学。
2期生のサンフランシスコ視察報告会。DSCN8113-1

2期生32名。
そして阿部秀行社長と結城義晴、
人事部をはじめ事務局が揃った。
DSCN1794-1

司会は東尾里江さん。
人事部マネジャー。
DSCN1801-1

11月13日から17日まで、
サンフランシスコに修了旅行をした。
その視察研修は、
6班のチームごとに、
あらかじめ研究テーマを決め、
それぞれ課題を持って学習した。

その米国で学んだ内容をもとに、
会社に改善提案をする。

その提案報告会である。

この6チームを、
さらに3班ずつの二組に分けた。
加藤健組と松岡俊行組。

その両者がプレゼンで競い合う。
真剣勝負。

万代の社員は、こういった競争に強い。
こういった競争に燃える。

一つのDNAと言ってよい。

だから二組に分けて、
競い合わせることによって、
成果はさらに大きくなる。

代表者がくじ引きで、
先攻、後攻を決める。DSCN1804-1

後攻を引き当てた特攻隊長の西田淳さん。
松岡組は後攻めとなった。DSCN1805-1

先攻と後攻の1チームずつが、
それぞれ20分間のプレゼンを行う。
そのプレゼンに質疑応答がなされ、
それを阿部社長と結城学長が審査する。
それを3回戦って、
勝利チームを決める。

その前に社長のコメント。DSCN1807-1

まず1回戦がスタート。

先頭を切ったのは4班。
テーマは、
「お客さまに選んでいただけるお店」。
クレンリネスへの実際の取り組みと、
サードプレースの提案。DSCN1811-1

会場内の参加者がその報告を聞き、
丁寧にメモする。
DSCN1813-1

後攻の2班。
報告テーマは、
「ネット・外食に勝つリアル店舗の実現」
万代のリアル店舗の強みを、
どう活かしていくかを提案した。DSCN1819-1

プレゼンが終わると、
相手チームから、
審査員から質問や意見が飛ぶ。

それらも考慮されて、
厳正な審査。

1回戦の勝者は松岡組の2班。

結城義晴がそれぞれを講評。DSCN1826-1

2回戦は先攻は6班。
ノンコモディティの視点から、
「万代でわくわくどきどきお買い物体験を!!」
DSCN1833-1

3班のテーマは、
「日本一のダントツ催事へ」。
顧客対応の催事を考察した。DSCN1843-1

質疑応答の場面では、
相手チームへの質問攻撃。

そして2回戦勝者は加藤組の6班。
DSCN1842-1

1勝1敗で迎えた3回戦。
これで勝敗が決する。

先攻の加藤組5班。
「『際だった』ポジショニング戦略と強み」
を課題とした。
DSCN1850-1

そのうえで、
万代の商品と売場の強みづくりを考察。
DSCN1851-1

迎え撃つのは、松岡組の1班。
DSCN1857-1

「店舗オペレーションの改善」
唯一、作業の効率化をテーマにした。DSCN1863^1

最終決戦。
DSCN1864.-1JPG

この3回戦で勝者が決まる。
ドキドキの瞬間。
DSCN1866-1

結果は、5班の勝ち。
加藤組の勝利が決まった。

おめでとう。

加藤組長に結城義晴より賞品を贈呈。
横浜名物崎陽軒「昔ながらのシュウマイ」
わざわざ横浜から持参して、
1人1パックずつを贈った。
DSCN1871-1

僅差で負けた松岡組長。
皆の頑張りを評価しつつ、
前向きに締めくくる。
DSCN8117-1

勝利を手にした加藤組長は、
嬉しそうにコメント。DSCN1879.-1JPG

結城義晴の総評。
「ノーサイド」の宣言をして、
今後のイノベーションを祈念した。DSCN1885-1

最後は阿部社長のメッセージ。DSCN1889-1

皆メモを取り、
社長の講話を聴く。DSCN1895-1

万代知識商人大学2期生。
2月からスタートした。DSCN1896.-1JPG

最後の最後に、
修了レポートを書き上げて、
そのうえで1月に、
厳しい考査がある。

そのあとで修了式が行われる。DSCN1897-1

大学も最終盤。
DSCN1898-1

年末年始の忙しい時期だが、
レポート執筆に全力を傾けてほしい。DSCN1899-1

次世代を担う万代の幹部候補生。
DSCN1900-1

9時から13時まで、
緊張の報告会も無事終了。

昼食会を終えて、
午後はロイヤルホール。

「万代ドライデイリー会定例会」
通称MDD会。
DSCN1904-1

会場にはMDD会メンバーが勢ぞろい。
メーカー、卸の皆さんが集う。DSCN1917-1

さらに万代幹部も顔を揃えた。DSCN1906-1

11月7日から4泊6日で、
MDD会として、
ニューヨークを視察研修した。

こちらもその報告を兼ねて、
万代への取り組み提案を行う。
DSCN1905-1

10の班が次々に報告していく。

それぞれ前向きで、
実に有意義な取り組み提案だった。

これが万代の強さを生み出している。DSCN1914-1

報告と提案が終わると、
結城義晴の1時間の講演。DSCN1931-1

ニューヨーク視察で見聞したことは、
日本の「すでに起こった未来」である。DSCN1934-1

今回のテーマは、
伸びている企業の伸びている理由。DSCN1935-1

それは産業や業界、業態の、
大きな壁を乗り超え、
二つ、あるいは三つの、
機能を融合させることである。DSCN1956-1

今回は最後に、
「製造流通食品小売業」を提案した。DSCN8124-1

講演の後に、
それぞれ商品別分科会が開かれ、
最後は夕食懇親会。DSCN8136-1

開会のあいさつは、木村敏弘さん。
万代ドライデイリー会副会長で、
加藤産業㈱専務。
DSCN8138-1

カンパーイ!
DSCN8139-1
90分の懇親会は、
名刺交換やあいさつで
あっという間にお開き。

中締めは同じく副会長の
寺町豊さん。
㈱日本アクセス西日本営業部門近畿統括。DSCN8141-1

3本締めが決まった。
寺町さんは、最後に「オー!」IMG_4296-1

全員の懇親会の後は、
MDD会理事の最後の懇親。

あいさつは畑中秀太さん。
(株)あらた関西支社長。
IMG_4299-1

皆さんをねぎらって、乾杯。IMG_4302-1

MDD会会長の今津龍三さんから、
里美憲司さんへ花束の贈呈。
今津さんはMDD会会長、
里美さんは、花王グループカスタマーマーケティング㈱
近畿支社チェーンストア部長。
そのお役目を終えて、東京に異動する。
IMG_4308-1

岡崎忠勝さんにも、
阿部万代社長から花束。

岡崎さんは、この度、
ケイ低温フーズ㈱社長にご就任。

おめでとうございます。IMG_4310-1
みんな、それぞれに昇進し、
出世していく。

いいことだ。
頑張ってほしい。

最後は、
MDD会と万代幹部の全員で記念写真。DSCN8151-1

そして最後の最後は、
万代幹部の皆さんと写真。
私の右隣は下岡太市副社長、
その横が黒田久徳取締役。
右は阿部社長、
和久正樹デイリーシニアマネジャー、
入江正徳惣菜シニアマネージャー。DSCN8156-1
あとは年末商戦を闘うのみ。

こちらも頑張ってほしい。

最後に昨日の「折々のことば」
もちろん朝日新聞。
鷲田清一さん編著。

冒険の現場というのは、
概ね退屈で、
冒険に行くだけでは
面白い文章が書けないことが多い
〈角幡唯介『探検家の憂鬱』から〉

「冒険の現場は、
人が思うほど劇的ではない。
苛酷をきわめる北極探検も、
『雪の上を歩いた。寒かった。
飯を食った。寝た。』の
22文字ですむ。
これが何十日も続くのが冒険で、
だから遭難でもしないかぎり
面白い話にはならない」
早稲田大学探検部出身の41歳、
探検家・ノンフィクション作家。

小売流通業の現場も全く同じだ。

鷲田さん。
「私たちの日常もきっとそう。
日々無事に、
過ごすだけでも大仕事なのに、
それをことばにすると
なんか凡庸になる」

ピーター・ドラッカー。
「イノベーションの必要性を
最も強調すべきは、
技術変化が劇的でない
事業においてである」

忙しい年末商戦も、
面白い文章になるといったものではない。

しかしそれだけでも大仕事なのだ。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催予定
  • USA視察研修会 Basicコース
    2018年5月15日(火)~5月21日(月)<5泊7日>
    開催場所:ラスベガス
  • USA視察研修会 Beginnersコース
    2018年9月上旬
    開催場所:ハワイ・オアフ
  • USA視察研修会 Specialコース
    2018年10月中旬
    開催場所:シカゴ・ニューヨーク
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2018年の開催予定
  • 第13回ミドルマネジメント研修会
    2018年6月19日(火)~6月21日(木)<2泊3日>
    開催場所:湯河原
  • 第14回ミドルマネジメント研修会
    2018年9月18日(火)~9月20日(木)<2泊3日>
    開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2017年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.