結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年06月10日(月曜日)

ミラノの焦眉「イーペル」と「イータリー」と「エッセルンガ」

Everybody! Good Monday!
[2019vol23]

発刊しました。
月刊商人舎6月号。
201906_coverpage
特集は、
2019同盟決算
日本小売業「決算解体新書」のスケール&スコープ分析
[Cover Message]

2019年2月・3月決算が出揃って、令和時代の入り口における日本小売産業の全体像が明らかになった。一言で言えば「同盟決算」である。旧ドンキホーテホールディングスのパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスがユニーを傘下に収めて、しかもMEGAドン・キホーテUNYのダブルネームでフォーマット転換の成果を見せた。イオンは全国のマックスバリュを再編して、リージョナルチェーンへと蘇生する。これもイオンの長い経営統合の歴史の上ではアライアンスの組み直しを意味する。セブン&アイ・ホールディングスはセブン-イレブンの24時間営業問題が発生して、フランチャイズシステムにおける本部と加盟店の同盟関係に亀裂が生まれた。さらに新日本スーパーマーケット同盟が誕生して、日本小売業アライアンス時代を強く印象づけた。上場企業を中心に「2019同盟決算」の「解体新書」をお届けしよう。この産業レベルの新しいアライアンスはスケールの経済から、スコープの経済への転換を示唆しているのである。201906_contents
商人舎では、
「コングロマリットチェーン」と名づけて、
イオンとセブン&アイをそれに位置づけた。
「複合企業チェーンストア」。

今回はズバリと、
複合企業の戦略を斬った。

総合スーパー、スーパーマーケット、
さらにコンビニエンスストアと、
ドラッグストア。

それぞれの業態の趨勢を明らかにした。

百貨店、家電チェーン、
ホームセンターとホームファッション、
カジュアルアパレルチェーンは、
月刊商人舎Webコンテンツで掲載。

高木和成さん、和田光誉さんと、
結城義晴の鼎談は、
言いたい放題。

放言も飛び出したが、
表現を穏やかにして掲載した。

失礼の段、お許しくだされ。

今月も、渾身の内容。
メジャーなメディアでは出せないことも
書いてしまった。

しかし正々堂々の姿勢は崩さない。

それがマーケットニッチャーの在り方。
強みでもある。

さてミラノに着いて、
3日目、視察研修は2日目。

今日は全員揃って、
まずは郊外のショッピングセンターへ。

イル・ツェントロ。DSCN95589

2016年にオープンして、
いきなりマピック賞を受賞。
世界最高のショッピングセンターである。IMG_75439

アルファロメオの工場跡地を、
ゆったりと活用した自然派商業集積。

ウッディな造りで、
外光をふんだんに取り入れた。

広大な駐車場は満杯。
IMG_75429

SC右サイドの吹き抜けホール。DSCN95199

核店舗は、
イーペル・ラ・グランデ。IMG_74899

店長にインタビューと店内ツアーを、
受けていただいた。
DSCN94739

ルッザ店長。
(2年前のアップ写真)
20170710_iper_02

8000㎡の巨大スーパーマーケット。
現在の年商は7000万ユーロ。
1ユーロ120円で84億円。IMG_74199
詳細は月刊商人舎2017年7月号。
「イーペルの地球的衝撃」

凄いタイトル。

今回は全部門を丁寧に案内し、
説明してくれた後で、
質疑応答。
IMG_74339

自信満々、丁寧に答えてくれた。DSCN95009

㈱今津社長の今津龍三さん。
万代ドライデイリー会会長。
鋭い数字の質問。
それにもよく考えて答えてくれた。DSCN94969

万代社長の阿部秀行さんと握手。DSCN95089

もちろん私とも再会の握手。DSCN95069

2年前はルッザ店長、ちょっと痩せていた。
DSCN0314-7

そして全員写真。
DSCN95059

入口に青果部門。
IMG_74869

イーペルの店舗入り口の左サイドに、
焼き立てハンバーガーショップ。IMG_74799

野菜、果物は、
イーペルでも重要部門。
IMG_74609

バナナの売り方はホールフーズのようだ。DSCN95099

左サイドの鮮魚から精肉へ。
IMG_74849

その奥にイートインコーナー。
郊外型巨大イータリーである。DSCN94839

店頭のデモンストレーションは、
生パスタの製造を見せる。IMG_73809

右サイドのベーカリーは、
完全インストア。
IMG_73849

メーカーの工場を凌ぐほどの設備。IMG_73889

ベーカリーをぞろぞろ見学。IMG_73929

チーズ売場ではモッツアレラは、
自家製造。
それ以外のチーズも、
イタリア全土から集められている。IMG_73969

オーガニックの紙トレーを使う。
それ以外のトレーも環境対応。IMG_73979

生ハム売場は、
スペインの店のようだ。
IMG_73989

スライサーでカットしてくれる姿が、
パフォーマンスとなっている。IMG_74009

肉売場のブッチャー。
枝肉からおろして、
最後はこのようにカッティングを見せる。IMG_74039

鮮魚売場は、
シアトルのパイクプレースの、
あの有名な魚屋のようだ。
ライブ感満点の売り方だ。IMG_74109

リカーコーナーは、
イタリア第一と自慢する。
コーナーの中にドリンクバーがあって、
ここで楽しむこともできる。IMG_74189

Ipelとは「Hyper」の意味。
ハイパーマーケットだ。
だから非食品ラインも充実している。IMG_74269

最後に家電売場がある。IMG_74289

アパレルももちろん品揃えしている。
キッズが増えたように感じる。
IMG_74299

そして屋外には、
3週間限定のポップアップ売場。IMG_74319

巨大なカートで、
自転車をプレゼンテーション。DSCN94919

中2階にはビールの工場。
マイクロブロワリー。
IMG_75149

巨大なレジは84億円の威力を示している。DSCN95269

イーペルの視察が一段落して、
ランチはもちろんイートインコーナー。
ドライデイリー会幹部諸氏。DSCN95139

こちらは議論中。DSCN95119

イル・ツェントロのSCを巡ってみる。IMG_75199

オープン以降、3年の間に、
ますます繁盛しているが、
「食」が圧倒的に増えた。IMG_75179
日本でも同じ傾向にあるが、
ショッピングセンターには、
フードコーナーの増設が必須である。

一番奥にアパレルの店舗群。
その中でひときわ集客力を示すのが、
プライマーク。DSCN95539
1階と2階のメゾネットタイプだが、
どちらにも行列ができていて、
入場制限をしている。

となりのH&Mはガラガラ。DSCN95499

店内の興奮状態は異常なほどだ。IMG_75469

顧客は行列に並ぶのをいとわない。IMG_75479

ウィンドウに陳列された水着。DSCN95519

これがなんと5ユーロ。600円。
水着に限らない。
すべての商品が「良いものが安い」DSCN95529

これです。

ショッピングセンターの左サイドは、
ホームセンター。
「ヴィリデア」
IMG_75329

屋外売場は森のよう。
こんなホームセンターは、
日本では見たことがない。IMG_75389
日本のホームセンターは、
アメリカばかり見ている。
もっと視野を広げたほうがいい。
そう感じさせられる。

イーペルを後に、
コープの未来店舗へ。DSCN95599

ミラノ博覧会のときに、
フューチャーストアを開発して、
展示した。

その展示をこの店に移して、
顧客に提案する。

だがシステムの追加投資が足りないのか、
初期のコンセプトが継続されていない。DSCN95699
未来店舗が退歩している。

それからミラノ市街に戻って、
イータリー・ミラノ店。DSCN95709
イータリーに関しては、
月刊商人舎2017年2月号。
地球イータリー化現象

ミラノの劇場跡を使って、
劇的な3層の店にした。DSCN95889

迫り出しのスペースも、
レストランにした。
DSCN95899

創業者のオスカー・ファリネッティは、
市場であり、食堂であり、
学校であるような店を創った。

それがイータリーだ。

新たに登場したのが、
コンビニエンスフード売場。
イータリーも進化を試みる。IMG_75869

鮮魚売場は鮮度感満点。IMG_75909

このプレゼンテーション。DSCN96109

3階から見下ろすと、
パノラマのようにイータリーを楽しめる。DSCN96179

3階のワイン売場では、
試飲のデモンストレーション。DSCN96249

そして料理教室。
DSCN96269

新たに登場したのが、
このレストラン。
DSCN96189

3週間単位で入れ替わる。
ポップアップレストラン。DSCN96209
3週間勝負なので、
各地のシェフたちが、
究極のメニューと究極のサービスを、
競って提供してくれる。

イータリーにもイーペルにも、
「ポップアップ」の考え方が出てきた。
私がずっと提唱している。DSCN96299

三井物産㈱のミラノ駐在員の皆さんに、
ていねいにご案内いただいて、
満足の視察を終えた。
DSCN96339

最後はミラノ市の新開発エリア。DSCN96379

高層ビルの真ん中に噴水。DSCN96369

その1階に、
エッセルンガ。IMG_75939
イタリア全土の流通を、
私が知っているわけでもないが、
一番レベルの高い企業だと思う。

600坪のオーソドックスな店だ。

入口には、
スキャン&ゴーのハンディターミナル。DSCN96399

まず、クリンリネスがしっかりしている。
品揃えがオーソドックスで欠品がない。
品質は確かで、鮮度もよいし、
フレンドリーサービスが行き届く。DSCN96529

青果売場、精肉売場はもちろん、
鮮魚売場も充実して鮮度がいい。DSCN96599

グロサリーはナショナルブランドと、
プライベートブランドを、
適度にミックスして上出来。

ゴンドラ上部にノンフードが、
フック陳列されている。
これがエッセルンガの特徴。DSCN96549

最後のベーカリー。
このグリーンが、
エッセルンガのベーカリーカラー。
素晴らしい色の感覚だ。DSCN96649

最後スキャン&ゴーのレジ。DSCN96699
もちろん通常のレジも、
ミラノで一番スピーディ。
従業員の教育や訓練のレべㇽも、
コンベンショナル型とは格段に違う。

イタリア小売業の現代化を体現する。

今日はとりわけいい勉強ができた。

全員満足して、
夕食は中華料理。
IMG_75959
久しぶりの東洋の味。

安らいだ。

では、皆さんも、安らいで。
Good Monday!
(つづきます)

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.