結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2012年01月03日(火曜日)

ヴァレリー「後退りの前身」・五木『下山の思想』・寺山「方言で語れ」

百貨店や総合スーパーの2012年の初売りは、
まずは「軒並み盛況」だったようだ。

日経新聞が1日、2日の初売り状況を報告。

三越銀座店は前年比10%プラス。
西武池袋本店は5%プラス。
「高島屋横浜店は開店前に約2万人が並んだ」。

大丸梅田店や近鉄百貨店阿倍野本店なども、
売上高は計画を上回った。

仙台の百貨店・藤崎も10%増。
開店前には約1万人が行列。

イオンリテールの総合スーパーでは、
1月1日の食品の販売額が約3%プラス。
イトーヨーカ堂では4人前の惣菜や刺し身の売れ行きが伸びた。

元旦販売では刺身、寿司、惣菜しか売れないといってもいい。

出だし好調なのは広域商圏の大型店。
中型店や小型店は、どうだったのだろう。

客数は増えたのか。
買い上げ点数はどうか。

買い上げ単価はどうか。
売上金額よりも、
売上げの中身を構成する要素の分析が、
必要となるだろう。

そして商売の中身は、
立地によって大きく変わってくる。

自分の店の商圏が、
現在どんな状態で、
どう変わっているのか。

立地が異なれば、
商圏特性も異なる。

その違いこそが、
今年1年を占うことになる。

商人舎ホームページの中の人気ブログ、
「常盤勝美の2週間天気予報」に、
今年1年間の天候トレンドと商売の注意点が書かれている。

第1に「春は低温対策」。

「ここ2年ほど、春の天候は、
低温傾向が顕著」と常盤さんの指摘。

第2に、「夏は猛暑対策」。

「夏の天候は10年サイクルあるいは5年サイクルという法則性」がある。
「そのサイクルに従えば、
今年も3シーズン連続、猛暑の可能性」
これも重要な指摘だ。

第3に、「秋は暖秋対策」。

「ここ10年以上、10月は高温傾向」。

「台風や降水量に関しては、
平年に比べて大きな違いがみられる兆しはなく、
例年通りと予想される」。

常盤勝美の2週間天気予報。
今年も活用してください。

さて、元旦の朝日新聞。
編集委員の根本清樹さんの「ザ・コラム」

フランスの詩人・思想家ポール・ヴァレリーを引いた。
「我々は未来に
後退り(あとずさり)して進んでいく」

<『精神の政治学』吉田健一訳>

第1次世界大戦と第2次大戦の間に、
「危機の20年」があった。

この時のヴァレリーの言葉。
それが2012年に当てはまる。
それがコラムニストの指摘。

一方、五木寛之の『下山の思想』が、
15万部を突破したそうだ。
「私たちの再生の目標は何処にあるのか。
再び世界の経済大国を目指す道はない。
敗戦から見事に登頂を果たした今こそ、
実り多き明日根の『下山』を思い描くべきではないか」

「『下山』とは諦めの行動ではなく、
新たな山頂に登る前のプロセスだ」

私も若いころ、五木寛之に凝ったことがある。
その後、五木はずいぶん枯れてきてしまったが、
この「下山の思想」は、
ヴァレリーの「後退りして進んでいく」に、
酷似している。

向かう未来はある。
しかしそれは20世紀に描いたものとは異なる。

「後退りして進む」と「下山の思想」。

2012年からの私たちの歩み方のひとつだと思う。

朝日新聞の、これも元旦の『天声人語』。
寺山修司の言葉を持ってきた。
「今日では、標準語は、
政治経済を語る言葉になってしまった。
人生を語るには、
もう方言しか残っていない」

「商売も方言で語れ」
地方の小売業・サービス業には、
「方言での表現」をお薦めしたい。

商売は人生に通ずるからだ。

日経新聞の社会面で、
これも元旦から始まった連載。
「おらほの一歩」

「おらほ」とは「自分たち」、
あるいは「自分たちの土地」、
「自分たちが住んでいるところ」といった意味。

「おらほの店では、
おらほのことば」

私は、これがふさわしいと思う。

「下山の思想」
「後退りの前身」
「おらほのことば」。

21世紀の日本の在り方が少しずつ、
見えてきている。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.