結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2012年03月21日(水曜日)

センバツ石巻工主将の選手宣誓と大和ハウス樋口会長「サナギと蝶」

今日から第84回選抜高等学校野球大会。
最近は「センバツ」と略す。

所は兵庫県西宮市の阪神甲子園球場。
夏の大会が朝日新聞主催なのに対して、
春の主催は毎日新聞社と財団法人日本高等学校野球連盟。

夏が深紅の優勝旗を目指すのに対して、
春は紫紺の優勝旗。

このセンバツの開会式で、
本当に「球春」がやって来たと感じる。

プロ野球の開幕は球春第二弾。

でき過ぎた話だが、
今春の開会式選手宣誓は、
石巻工業高校の阿部翔人主将。

1週間前の先週木曜日の15日、
試合組み合わせ抽選会があった。
その決定後、主将全員によって再度、抽選が行われた。

その結果、被災した石巻工の阿部主将が、
この役を引き当てた。

阿部君には「予感があった」という。

「自分がメッセージを伝えなければならない使命」
そんなことを思った。

宿舎でチームメートの意見を聞き、
宣誓の言葉に「笑顔、勇気」などを使った。

2001年から21世紀枠の出場校制度が設けられた。
石巻工は東日本大震災で学校もグラウンドも被災した。
部員のほとんども被害に遭った。
阿部主将自身も自宅が全壊した。

しかし昨年の秋季大会で準優勝。

そこで21世紀枠に入った。
「野球の神様っているんだな」

それでもグランドに立ったら、
相手は容赦しない。
それがまた、いい。

私にも思い出がある。
今からちょうど10年前の2002年のセンバツ。
大谷智久投手を擁した報徳学園が優勝。

その大谷は、センバツ大会の5年前、
少年ソフトボール横浜港北リーグ「荏田ブランチーズ」に属していた。

私は白幡小学校をベースにした「竹の子」の監督をしていた。
大谷とはいい勝負をした。
いつも負けた。

その大谷が中学から神戸に引っ越し、
やがて高校生になってNHKのテレビに映り、
にこにこしながら投げ切り、
なんだか、あっという間に、
優勝投手となった。

考えてみると大谷智久は17歳だった。

そう、センバツに出る選手は、
高校3年生といっても、
まだ本物の高3ではなく、
高2と高3の間。
17歳の子供なのだ。

だからこそ、センバツの新鮮な魅力は、
「球春」と呼ぶにふさわしい。

ことしも、17歳、16歳の少年たち、
思う存分に、投げ、打ち、走ってほしい。

球春はやって来たが、
春一番は吹かない。

関東地方では2000年以来、12年ぶりに、
「春一番」の観測がなかった。

春一番の定義。
「立春から春分の日までの間に吹く強い南風」
昨日の春分の日まで、
風速8メートル以上の強い南風が吹かず、
とうとう今年の春一番は記録されず。

しかし、それもまた、よし。

世の中、でき過ぎたことばかりではない。

さて、日経新聞の『私の履歴書』。
今月は大和ハウス工業会長の樋口武男さんの番。
型破りの事業家ぶりを、
毎朝、楽しませてくれる。

その樋口さんの、
大和ハウスの子会社「大和団地」社長時代の話。

全国の事業所回りをしていて、
「覇気がない」と感じた。
そこで自分なりに対策を列記。
これがいい。

I=いい訳をせず
G=ごまかさずに
A=諦めずに
N=逃げずに
A=明るく
S=スピーディーに

「頭文字を下から読むとサナギ。
新生・大和団地の標語として『サナギからのスタート』を掲げ、
美しいチョウに生まれ変わろうと呼びかけた」

樋口さんとサナギやチョウとは、
どうも結びつきにくいが、
それがまた、いい。

センバツの阿部君や大谷君なら、
サナギがチョウになる瞬間を、
私たちが目撃できるに違いないが。

「春一番」は吹かなくても、
「いい訳をせず、ごまかさず、
諦めず、逃げず、
明るく、スピーディーに」

これなら甲子園で優勝もできそうだ。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.