結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年01月15日(月曜日)

人間産業の「人の強み」と万代知識商人大学第2期修了式

Everybody! Good Monday!
[2018vol3]

2018年第3週。

朝日新聞「天声人語」。
東洋大学発刊の「現代学生百人一首」から。
「今回の応募作は4万9千超。――
就職を詠んだ歌に光る表現が多かった」

機械化で
消えてなくなる仕事知り

将来の夢決められずいる
〈高1 粟野夏乃子〉

時代はどんどん進んでいく。
小売産業やサービス産業にいらっしゃい。
人間産業にはいくらでも、
いい仕事がありますよ。

[Message of January]
人の強みを発揮させよ。
20180110_cover_02

人間の、
人間による、
人間のための産業。
それが小売流通サービス業だ。

平成の年号が変わろうと、
東京オリンピックが開かれようと、
それが人間産業であることは、
永遠に変わるものではない。

AIが仕事を変えようと、
IoTが広がろうと、
ビッグデータが活用されようと、
ロボットが現場に導入されようと。

人間の、
人間による、
人間のための産業。
それは変わらない。

しかし、好況が続けば続くほど、
失業率が低下すればするほど、
その人間産業に人間が集まらない。
ハイテク産業やIT産業に取られてしまう。

だから主婦を戦力化する。
高齢者の雇用を延長する。
外国人研修生を雇い入れる。
派遣労働者を確保する。

もちろんそれには深い意義がある。
ダイバーシティ経営へのシフトは、
21世紀人間産業の必然の軌道であるし、
未来を切り開く可能性を意味している。

そしてこのとき、
一人ひとりの人の強みが発揮される、
風土と文化と仕組みが、
用意されねばならない。

人間の、
人間による、
人間のための産業の、
人間一人ひとりの強み。

Human Industry SHIFTこそ、
好況のときに人間が集まる、
真の人間産業の、
望ましい未来図である。
〈結城義晴〉

昨日の午後の富士の山。DSCN8543.JPG8

今年は暖かい。
頂のところだけ雪をかぶっている。DSCN8548.JPG8

富士川と富士山。
DSCN8582.JPG8
大阪に入って、一夜明けて、
今日は万代知識商人大学修了式。

朝8時、㈱万代本社の会議棟大ホール。
2017年2月にスタートした第2期、
32名が11カ月学んできた。DSCN9661-1

修了に当たって、
最終レポートを提出し、
今日はそのレポートの内容を、
経営幹部の前で発表する。

大学院の論文発表のようなもの。

全取締役が最前列にそろう。DSCN9664-1

初めに、学長あいさつ。
結城義晴です。
DSCN9666-1

プレゼンを前に、
受講生は緊張の面持ち。DSCN9668-1

1人5分の持ち時間で、
会社への提案を含めた論文発表を行う。DSCN9670-1

4人の発表が終わると、
会場の役員から質問が飛ぶ。
いわゆる考査スタイル。
DSCN9671-1

会場後方に座った加藤徹さんから、
次々に鋭い質問が飛ぶ。
万代会長にして知識商人大学理事長。DSCN9673-1

それに受講生が答える。
鋭い質問にときには、
たじたじとなる。
DSCN9674-1

前列に座った阿部秀行社長と経営幹部。
こちらからも質問や指摘が発せられる。
DSCN9689-1

壇上の受講生一人ひとりに対して、
質問は3つから4つ、投げかけられる。
DSCN9696-1

2期生には女性が4人。
男女の別なく、
役員から厳しい質問が飛ぶ。
DSCN9698-1

昼食をはさんで、
8時間に及ぶ考査。
無事に終了。

そして結城義晴の最終総括講義。
DSCN9702-1

まず佐藤一斉の「言志四録」。
少(わ)かくして学べば、
すなわち壮にして為すこと有り、
壮にして学べば、
すなわち老いて衰えず、
老いて学べば、
すなわち死して朽ちず。

それから1年間の講義で、
何度も何度も繰り返した「事業の定義」。
第一は、組織を取り巻く環境である。
第二は、組織の使命すなわち目的である。
第三は、使命を達成するために必要な
強みについての前提である。
もちろん、ピーター・ドラッカー。

そして「万代のミッション」。
日本一 買い物に行きたい店舗。
日本一 働きたい会社。

最後は「人間力経営」。
心の力・頭の力・技の力。
人間力経営とは、
三つの力の「掛け算の力」である。
DSCN9706-1

32名の受講生たちに贈る、
最後のエールだった。
DSCN9712-1
冬の日が暮れるのは早い。
長い考査で薄暮。

急ぎ、外に出て
本社屋の前に集合。

DSCN9720-1
帽子投げの記念撮影。
1回だけのぶっつけ本番。

投げ方をシミュレーション。DSCN9719-1

決まった!DSCN9721-1

ふたたび大ホールに戻って、
修了証書授与式。
阿部社長が一人ひとりに手渡す。DSCN9730-1

学長の私は記念のバッジを贈呈。DSCN9725-1

それを幹部の皆さんが拍手で祝う。DSCN9744-1

そして阿部社長からの祝辞。
DSCN9750-1

最後は加藤理事長からの祝辞。
理事長は改めて、
「現場の重要性」を強調した。
DSCN9757-1

最後の最後まで真剣な2期生。
DSCN9764-1

修了おめでとう。

新たな門出を祝って
全員で元気に記念写真。
DSCN9771-1

女性修了生4人とも記念撮影。DSCN9778-1

阿部社長と2人で写真。DSCN9773-1

最後は一人で記念写真。
DSCN9775-1

この日の夜は、
割烹料亭「久恵」で懇親会。
DSCN9782-1

乾杯の発声は西田淳さん。
住吉沢之町店長。
陰で2期生を大いに盛り上げた。DSCN978601-1

役員の皆さんと2期生が交流。IMG_4540-1

おいしいしゃぶしゃぶとちり鍋。
ワインまで用意されて、
2時間ほどの交流会は、
あっという間に終わった。DSCN9783-1

松岡俊介級長が代表して決意表明。
第3営業部エリアマネジャー。IMG_4545-1

そして2期生の加藤健さんが、
お礼のあいさつ。
執行役員第4運営部エリアマネジャー。IMG_4547-1

事務局のむちゃ振りで、
再び三たび、結城義晴からのメッセージ。
「今日が一番幸せな日」と題して、
最後に厳しい言葉を贈った。IMG_4553-1

皆、真剣な顔つき。
IMG_4550-1

最後の最後は、
再び三たび、阿部社長。
IMG_4562-1

皆の顔が引き締まる中、
最後のワインを飲む。
だいぶ、酔ってきた。
IMG_4559-1

最後の最後は大阪締め。
音頭は黒田久徳さん。
取締役商品本部長。
IMG_4564-1

「打ちま~ひょ」
「もひとつせ」
「祝うて三度」
IMG_4566-1
今日一日、祝福してもらった2期生。

おめでとう。
しかし今日からが、
厳しいレースのスタートだ。
その厳しさを歓びに変えてほしい。

本物の知識商人になってほしい。

では、みなさんも、
人間産業の知識商人を目指して、
Good Monday!

〈結城義晴〉

 

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.