結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年01月05日(金曜日)

「寒の入り」の年頭所感と鍵山秀三郎「志の定義」

1月5日、寒の入り。
二十四節気の「小寒」。

暦の上で寒さが、
最も厳しくなる時期の前半。

このあと、1月20日が「大寒」。
寒さが最も厳しくなるころ。

二十四節気は、
1年を24に分ける。

だから15日刻みとなる。

今日の日本列島は、
寒さが厳しかった。

それから関東では、
地震が起こった。

毎日新聞巻頭コラム「余録」
「去年より金銀の流通あしく、
諸商売甚(はなは)だうすし。
質屋休み多し。……人心安からず」

慶応4年(1868年)正月の江戸風景。

金融流が悪い。
商売はみな薄い。
質屋まで休みが多い。
人心も安らかではない。

ちょうど今から150年前。

「その7月に東京へ改称、
9月に明治改元となる」

つまり明治維新。

18世紀以降の江戸時代の人口は、
3000万人の大台を上下していたが、
明治4年の日本の人口は約3480万人。

その人口は1900年に4384万人、
1967年に1億人を超え、
2008年の1億2808万人がピーク。

明治維新から150年後の今、
1億2670万人。
(2017年12月1日現在の概算値)
前年同月比マイナス22万人(0.17%減)

余録。
「今、人口のピークを越えた私たちが
目ざすべき文明は坂の上の空にはない。
試されるのは、内なる成熟から
未来を開く大いなる知恵である」

何とも抽象的。

月刊商人舎2017年11月号は、
免税商売に覆われていく日本
2020年!! 1億6000万人のMarketing
201711_coverpage

この危機を乗り越えるために、
外国人観光客を「短期移民」ととらえる。
デービッド・アトキンソンさんの考え。
51-JiGSDAzL._SY346_

国力とは「人口」である。

EUでドイツが経済力があるのは、
やや短絡的に言えば、
ドイツが一番人口が多いからだ。

日本も人口を増やさねばならない。
そのとき「短期移民」は意味がある。

私も賛成。

そのとき日本の小売サービス業は、
それに貢献することができると思う。

各社の年頭所感が発表されている。
小売業はセブン&アイ・ホールディングス。
井阪隆一社長のメッセージ。
今年、二つの点に力を注ぐという。

「第一に、先進的なITとリアル店舗を
一体化したサービスの創出です」

現在、セブン&アイは、
1日に2200万人の顧客を持つ。
セブン-イレブンの貢献が圧倒的に大きい。

今春、その第一弾として、
「新たなアプリの提供をスタート」。

さらに、
「デジタル戦略の新組織を立ち上げる」

「第二に、リアル店舗の接客、売場、商品
といった基本的なコンテンツに
さらに磨きをかけていきます」

代り映えしないがこれは、
小売業が提供する価値の基盤となる。

「100年に一度という変化に
対応を図らなければ
生き残ることはできません」

井阪さんの危機感は強い。

日経新聞に三菱商事の垣内威彦社長。
「人類が火を見つけたような
強烈な産業革命下に入っている」

「若手や中堅社員は成長の芽を伸ばし、
収益の柱に成長するような構想力を
養ってほしい」

「構想力」。
なるほど。

三井物産の安永竜夫社長。
「既存の枠組みを根底から覆す変化のなか、
常識や慣習にとらわれない『個』を
徹底的に強化する」

「個の強化」。

資生堂の魚谷雅彦社長兼CEO。
「人材開発力の強化や社員の多様化で、
イノベーション創出につなげる」

資生堂は「人材開発と多様化」

私は「志」だと思う。

鍵山秀三郎さんの「一日一話」。
PHP研究所から発刊されている。
41J55WE8F0L._SX287_BO1,204,203,200_

「志の定義」。

「一つは、『志』に向かって
行動していく過程で、
人を感動させることができているかどうか」

「もう一つは、みずからも感動しつつ、
それを継続できているかどうか」

「この二つがないと、
『志』とは言えないと思います」

「感動」――これも大事。

「志」と「欲望」について。

「志とは、高い山のように
はるかかなたにあって、
簡単に手にすることが
できないものでなければなりません」

「しかも、志に向けて
努力するそのことが、
自分自身のためになるばかりでなく、
社会のためにもなり、
国家のためにもなること」

「自分ひとりだけのためになることは、
『志』ではなく、単なる『欲望』だ」

100年に一度の変化、
人類が火を見つけたような革命、
既存の枠組みを根底から覆す変化。

そんな時こそ、
変わらない志が必須だと思う。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.