結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年03月03日(土曜日)

桃の節句の「和をもって貴しとなす」と「仲良き事は美しき哉」

3月3日の桃の節句。
ひな祭り。

今日は月刊商人舎3月号の最終責了日。
ありがたいことです。
また、いい雑誌ができました。

楽しみにしてください。

巻頭言をご披露しましょう。
それは3月の商人舎標語でもあります。

[Message of March]
和をもって貴しとなす。

「以和為貴――」。
和をもって貴しとなす。
しかし、この「和」は、
「同」ではない。

「和」とは、
互いに協調することだ。
だから「和する」ためには、
もともとそれぞれが違わねばならない。

いや、もともとは、
みな、異なるものなのだ。
だから和する。
それが貴い。

「同」は、
同じであること。
等しいこと。
異なることの反対である。

「論語」にある。
子曰く、
君子は和して同ぜず、
小人は同じて和せず。

内食と外食をいま、
「和して同ぜず」でまとめる。
「同じて和せず」はいけない。
それがGrocerantの本質だ。

「Sell」と「Cook」をいま、
和して同ぜずで調和させる。
同じて和せずではない。
それがGrocerantを超える世界を創る。
〈結城義晴〉

聖徳太子の十七条憲法の、
第一条の言葉として、
「日本書紀」に記されています。

太子が書いたかどうか、
真偽のほどは論争中だけれど。

しかし原点は「論語」にあります。

「有子曰わく、
礼の和を用て貴しと為すは、
先王の道も斯を美と為す」

それでも太子の価値が、
下がるものではありません。

太子は勉強家だったということです。

何よりも国民に対して、
最初に言いたいこと。
それが「和をもって貴しとなす」

太子は続けて書いています。
「無忤為宗」
「忤(さから)う無きを宗となす」
「忤う」は調和を崩すこと。

和を大切にしようよ。
調和を保とうよ。

そんな感じでしょうか。

お店も会社も、
和を大切に、調和を保とう。

今回はこれを人間の和だけでなく、
概念の調和や融合に使ってみました。

いかがでしょうか。

白樺派の作家・武者小路実篤は、
「仲良き事は美しき哉」

仲良きこと、すなわち和。
それは美しい。すなわち調和。

すばらしい。

私は中学生くらいのころ、
武者小路にはまっていて、
ほとんどの文庫は読破しました。

そしてひそかに、
「武者先生」と呼んでいました。

真理先生、馬鹿一、石かきさんなど、
ほんとうに懐かしい。
今となっては、
ちょっと恥ずかしい気もしますが。

さて、ゲラの責了をして、
最終の東海道新幹線のぞみに飛び乗る。

弁当はこれ。
IMG_4263.JPG8

「ひな祭り弁当」
IMG_4268.JPG8
ビールを飲みながら、
ゆっくりと食事。

これもいい。

岡山駅に着くと、
駅前のANAクラウンプラザホテル。
ロビーにフルラインの雛飾り。
IMG_4273.JPG8

お内裏様とお雛様。
三人官女と五人囃子。
IMG_4274.JPG8
そういえば今日はひな祭り。
ここでまた思い出した。

お雛さんたちも、
「和をもって貴しとなす」

仲良くね。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2018年の開催予定
  •  
  • 予告 第14回ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.