結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年01月17日(金曜日)

ロピア[65人]ニューヨーク研修初日の「タフでなければ」

ちょっと驚かされたけど、
商人舎流通スーパーニュース。
サミットnews|
服部哲也専務が社長昇格/竹野浩樹社長は会長に就任

竹野浩樹社長が会長になって、
服部哲也専務が社長に就任する。
DSCN92980-448x336
竹野さんが社長に就任したのが、
2016年6月27日だから、
4年間、社長職に就いていたことになる。

もったいないし、短い気もする。

しかし今回は、
竹野CEO、服部COO。
その役割分担になる。

竹野社長のときには、
会長職がなかった。
だから竹野さんはCEOとCOOを、
両方こなした。

竹野さんは親会社の住友商事出身、
服部さんはサミット㈱プロパー。
実にいいバランスで、
サミットの将来も明るい。

【結城義晴の述懐】を書いておいた。

服部さんはコーネル大学ジャパンの、
「伝説の第一期生」

当時㈱成城石井社長だった大久保恒夫さん、
北辰商事㈱社長の太田順康さん、
㈱関西スーパー社長の福谷耕治さん、
㈱平和堂専務の夏原行平さん、
㈱ラルズ社長の猫宮一久さん、
㈱福原社長の福原郁治さん、
㈱ジョイス社長から、
㈱アークス取締役になった、
小苅米秀樹さん。

錚々たるメンバーが、
伝説の第一期生。

服部さんはその同期生。

荒井伸也さんが専務取締役の時代に、
サミットに新卒として入社し、
荒井さんが副社長、社長、会長となり、
高田浩さんから田尻一さんへと、
社長が変わる間、
着実に実力をつけてサミットに、
なくてはならない人間となった。

竹野さんが社長に就任すると、
服部さんは営業本部長の機能を果たし、
今回、Chief Operating Officerの役割を担う。

大いに期待したい。
存分に力を発揮して、
なくてはならない会社にしてほしい。

さてニューヨークの結城義晴。

いよいよ始まりました。
㈱ロピア。
恒例のニューヨーク研修。
真冬のニューヨークを、
3泊5日で視察し勉強する弾丸ツアー。
今回は総勢65名。

朝9時にJFK空港に到着。
その団員を迎えてから、
専用バスで空港近くのウォルマート。
スーパーセンター。
DSCN0726-1

ウォルマートは、
ニューヨーク市には出店できない。
地元住民の反対運動があるからだ。
IMG_4121-1

だからマンハッタン郊外の
ロングアイランドやニュージャージーに、
出店している。

マンハッタンから車を飛ばせば
1時間もかからない。
ディスカウント志向のお客は、
周辺からこのウォルマートにやってくる。

地元住民やそうしたお客を集めて、
木曜の午前中でも店は大賑わいだ。
IMG_4111-1

よくお客が入っている。
だから商品によっては、欠品している。IMG_4120-1

ウォルマートの強みは非食品。
主通路の島陳列は、
お買い得品と売り切れ御免の商品。
「アクションアレイ」と呼ぶ。IMG_4134-1

4K55インチのテレビが268ドル。
100円換算で3万円を切る。DSCN0721-1

今の時期はバレンタインデー販促。
ウォルマートは徹底して、
催事プロモーションを展開する。
DSCN0725-1

店舗左サイドのガーデンセンタ―の奥に、
ピックアップコーナー。DSCN0723-1

その真ん中にピックアップタワー。
ネットで注文した商品を、
このタワーで自動的に、
無人で受け取ることができる。
DSCN0724-1

今回は65名の団員だから、
バス2台で回る。

私は1号車に乗車。
ウォルマートで買い込んだ商品を、
早速開けて試食する。
ロピアの視察の最大の特徴が、
よく食べることだ。IMG_4142-1

次に向かったのはブルックリン。
ダンボ(DUMBO)地区。
いま最も人気の観光エリアだ。DSCN9979-1

廃墟倉庫を大規模リノベーションして、
オフィスや商業施設、外食業などが入る。
公園も整備され、今や高級住宅地でもある。
DSCN9960-1

ブルックリン橋から望む、
マンハッタンの摩天楼。
この景色もすばらしい。DSCN0744-1

その一角にできたのがフードホール。
名称は「タイムアウトマーケット」。DSCN0737-1
「Time Out」という雑誌が発刊されている。
その会社がつくったフードホール。

黒を基調にした内装は、
東海岸特有のシックな、
ヨーロピアンスタイルを採用。

これは全館統一されている。

お目当ては肉屋のこのショップ。
パットラフリエダ。
上手いステーキサンドイッチや、
肉汁したたるハンバーガーを提供している。
IMG_4150-1

それぞれ40個をオーダーして、
ルーフトップの最上階へ。

屋外にこんな席もある。
IMG_4151-1

80個ができあがるまで待つ間、
ロピア社長の福島道夫さんと、
米国在住のJAC代表・浅野秀二さん。

兄弟のような体形に思わずパチリ。IMG_4154-1

これがステーキサンドイッチ。
リーンなバケットに、
味付け肉がぎっしり詰められ、
その上に、チーズ。
美味。
DSCN0751-1

摩天楼を前に、
高木勇輔さん、内田貴之さんと写真。
高木さんはロピアホールディングス代表取締役。
内田さんはロピア取締役管理本部長。DSCN9966-1

そして今回の目玉。
ウェグマンズ。
ニューヨーク市に初進出した店。
昨2019年10月27日に、
ブルックリンのネイビーヤード跡地,に出店。
DSCN0758-1

入口では、価格訴求の
ファミリーパックの果物でお迎え。DSCN0826-1

ややコンパクトにまとめられた青果部門。IMG_4155-1

オーガニック売場は充実。DSCN0767-1

青果の奥はチーズ売場。
標準のレイアウトだ。DSCN0762-1

奥壁面の左サイドには乳製品の売場。DSCN0772-1

そして左翼はグロサリー。
グロサリー売場はコンパクトにした。DSCN0775-1

PBの植物肉のコーナー。
大豆などを加工して、
ミート製品の味に仕上げる。

クローガーも1月8日に、
PB「エマージ」を発表している。
ブームだ。
DSCN0777-1

健康志向の人や、
ベジタリアン向けの商品群である。

日本でも開発が始まっている。DSCN0779-1

青果売場の奥は精肉売場から、
対面売場のシーフードマーケットへ。
DSCN0806-1

右翼はミールソリューションやデリの、
対面販売方式。
DSCN0819-1

デリの最後は寿司とアジアンフード。DSCN0824-1

そしてバーガーバー。DSCN0022-1

店舗のレジの奥には、
デリバリーのためのコーナーがある。
ネット注文品は、
大型の冷蔵庫で保管している。DSCN0791-1

全体にモダンな店づくり。
ウェグマンズは、
ヨーロピアンスタイルを基調にする。
しかしこの店は、
都会型の新しいイメージを出す。

ニューヨークでウェグマンズを見るのが、
本当に便利になった。
実際、バスで乗り付ける視察団もいた。

そして同じくブルックリン、
ホールフーズ365。DSCN0831-1

1階は簡単なデリショップと、
フードコート。
DSCN0861-1

その一角にあるアマゾンロッカー。
ネット注文品を受けとるためのロッカー。
DSCN0832-1

地下1階がスーパーマーケット。DSCN0835-1

365バイ・ホールフーズマーケットは
ディスカウント・フォーマットとして、
意図をもって開発された。

しかしアマゾンの傘下に入ってから、
全体に価格訴求が強まった。
そのため、現在では、
このフォーマットは出店していない。DSCN0836-1

中央のエスカレータを核に、
ぐるりと一周させるレイアウト。DSCN0840-1

アマゾン注文品を、
ピックアップするスタッフ。
店内に20人から30人はいた。DSCN0033-1

ご覧のような量。
DSCN0854-1

店舗のあちこちに
ピックアップ中のカートがある。DSCN0852-1

ホールフーズの商品を
アマゾンで買えるようになって
来店客は減っている。
それを補うようにピックアップ人員が、
店を動き回る。
妙な賑わいが戻ってきている。

初日の最後は、
マンハッタンに戻り、
ユニオンスクエアでの視察。

ガーデン・オブ・エデン。IMG_4190-1

この陳列のすばらしさ。IMG_4169-1

狭い店内に、
商品がうずたかく積まれ、
天井からは籠がディスプレーされている。IMG_4173-1

ニューヨークデリが湯気を立てて、
提供される。
IMG_4176-1

地域の顧客に支持され、
固定客をつかんでいる。IMG_4181-1

トレーダー・ジョー。
超繁盛店だ。
IMG_4197-1

ニューヨーカーたちは、
トレーダー・ジョーが大好きだ。
値段を気にせず商品を買える。
トレーダー・ジョーにしかないPBである。IMG_4195-1

いつ行っても、
店内の奥主通路には、
レジ待ちのお客が並んでいる。IMG_4192-1

レジは銀行方式。
30台ほどが並び、
次々にお客をさばく。

それでも長蛇の列は途絶えない。DSCN0872-1

そして5mほどのところにワインショップ。IMG_4199-1

中央には、
PBワインのチャールズ・ショー。
1本2.99ドル。
IMG_4200-1

高品質のワインが低価格で並ぶ。
選ぶ楽しみもある。IMG_4204-1

テイスティングは必須。DSCN0876-1

団員たちに、
PBワインの良さをレクチャー。DSCN0058-1

レジは繁盛店では定番の銀行方式。IMG_4236-1

羽田国際空港から12時間の旅を経て、
ニューヨークで終日の視察。

ホテルに入って、疲れをいやす間もなく、
ウルフギャングへ。
ステーキハウス。
IMG_4241-1

ビールで乾杯。
IMG_4246-1

長い一日だったが、
みんな元気です。
IMG_4250-1

こちらも笑顔で乾杯。IMG_4256-1

ビールと同時にワインも注がれた。
各テーブルには
ワインのマグナムボトル。
抱えておどけて乾杯。
IMG_4587-1

講師陣のテーブル。
私の隣に福島さんと内田さん。

そしてJACの浅野さんと藤森正博さん。
藤森さんはニューヨーク在住。
IMG_4598-1

支配人がわざわざあいさつに来た。
なにしろ65人の大宴会。
メト・コレノビックさん。IMG_6679-1

厚切りベーコンが上に乗った、
シーザーサラダ。
そのあとにいよいよメインの
ポーターハウスステーキ。IMG_4606-1

フィレとサーロインの両方を味わえる、
最上級のステーキ。
IMG_4604-1

ワインと肉を堪能し、
最後はスイーツとコーヒーで、
大満足。

タイムズスクエアのネオン。
IMG_4611-1

マンハッタンの夜は、
更けていく。
IMG_4612-1

更けていくはずなのだが、
これで終わらないのがロピア。

ホテルの最上階に、
スイートルームを借り切り、
買ってきた肉を料理。

骨付きのリブを、
フライパンでステーキに。
IMG_6967-1

調味料は日本から持ち込んだ。
味付けする。
IMG_6973 (002)

これはシチュー?
煮込み料理。
IMG_6969

トレーダー・ジョーのPBワインと、
ビールと肉料理で二次会。

タフでなければロピアではない。
これでもかと肉を食べつくす。
恐れ入る。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.