結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2022年04月01日(金曜日)

松本隆「コツに頼るな」と鈴木敏文・柳井正「成功を捨てよ」

「三月はライオンのように来て、
子ヒツジのように行く」

その三月が去って、四月。

新年度がスタートした。
2022年4月1日金曜日。

私は1977年4月1日に㈱商業界に入社して、
社会人の一歩を記した。

ちょうど45年前のことだ。
その45年前の4月1日も、
金曜日だった。

翌日、私は休日出勤した。
そして稲垣佳伸さんに会った。

稲垣さんは㈱Do Houseの前身の会社、
ドゥタンクダイナックスの新人で、
自分で企画した「フリーマーケット」を、
実験的に運営していた。

極めて早い時期の、
先鋭的な試みだった。
日本の世の中にはフリーマーケットなど、
まったくなかった。

それを手伝いつつ、取材した。
記事にはならなかった。

当時の商業界は、
完全週休2日制で、
祝祭日ももちろん休日。
労働組合員は、
5月1日のメーデーの日も、
会社に出なくてよかった。

年間有給休暇も、初年度は20日。
翌年から1日ずつ増えて、
最大、40日を取得することができた。
その年に消化できなければ、
翌年に持ち越すことが可能だった。

休日出勤も有給休暇に、
振り替えることができた。

極めて先進的だった。
サラリーマンにとっては、
天国みたいな会社だった。

しかし、先進的過ぎることは、
よい結果を招きはしない。

出版社の仕事や経営は、
それでは成り立たない。

私の入社から43年後の4月2日、
㈱商業界は自己破産した。

私はこの会社の体制を無視して、
遮二無二、働いた。

30年を経過したときに、
代表取締役社長を辞して退社した。

「商人舎発足を祝う会」が、
翌年の4月17日に開催された。
0369

ここで「商業界を卒業した」と言ったら、
㈱アークス社長の横山清さんに叱られた。
0380
「卒業なんて気に食わないし、
独立も実は気に食わない。
新しい世界に入学というのならばいい」

「何はともあれ、
結城義晴君に大いに期待する」

私は新しい世界に入学したと、
考えることにした。

持っていたものを捨てることにした。

だから大学院の教員にもなった。
産業内大学や企業内大学もつくった。

そして15年が経過する。

新しい世界は、
新しいなりの価値があった。

今日はそんなことをしみじみと思った。

商人舎オフィスのそばの新田間川。
沿道に桜が満開。
IMG_2062 (002)2

オフィス裏の遊歩道。
早咲きの桜でもう散っている。IMG_2065 (002)2

それでも桜は散り際がいい。IMG_2067 (002)2
遊歩道に面して、
Roof Top Cafeがある。IMG_2074 (002)2

2階の窓辺から遊歩道が見降ろせる。IMG_2070 (002)2

ここから見る桜も大好きだ。IMG_2071 (002)2
今日は1日、原稿執筆と入稿。
月刊商人舎4月号。

69歳の編集者。
まだまだ遮二無二の仕事は続いている。

3月9日の「折々のことば」
朝日新聞の一面コラム。
その第2315回。

コツに頼らないこと、
いつも白紙に戻すことが、
大事だと思っている。
(作詞家・松本隆)

「詞を書く時に
“コツで書かない”ようにしている」

「”こうやったら売れる”という
体で憶(おぼ)えた方法論に頼らず、
むしろそれをつねに外してゆくこと」

「不安ではあるが、そうしないと、
今人々に足りないもの、
つまり時代の”ひび割れ”が見えず、
だからその向こうも見えずに
終わってしまう」

『松本隆のことばの力』から。
9784797680850
松本隆ははっぴいえんどのころから、
よく聴いていた。

松本はドラマーで作詞担当(左上)。
41EE1BVNFTL._AC_
一番才能のあった大瀧詠一(左下)は、
早くして死んだ。
一番若かったギタリスト鈴木茂(右上)も、
もう70歳になった。
一番ものを考えた細野晴臣(右下)は、
巨匠になった。

松本の言葉。
「体で憶(おぼ)えた方法論に頼らず、
むしろそれをつねに外してゆくこと」

一流になるためには、
「売れる経験」は必須だ。

ミュージシャンも小説家も、
編集長もジャーナリストも、
経営者も商人も。

しかしその売れた方法論ばかりに頼っていると、
売れなくなる。

鈴木敏文さんの言葉。
セブン&アイ・ホールディングス元会長。
「過去の成功体験を捨てろ」
B01NALD8BC.01._SCLZZZZZZZ_SX500_

柳井正さん。
ファーストリテイリング会長兼社長。
「成功は一日で捨て去れ」
128452_xl

松本。
「不安ではあるが、そうしないと、
今人々に足りないもの、
つまり時代の”ひび割れ”が見えず、
だからその向こうも見えずに
終わってしまう」

不安ではあるが、
過去の成功体験を捨てないと、
新しい成功体験はできない。

「卒業ではなく、入学と言え」

過去の成功体験に、
少しでも頼ろうとする心根は、
あらためなくてはいけない。

私は遮二無二、そうしてきた。

失敗だらけだった。
去年も事業を一つ、止めた。

けれど商業や小売業を通して、
「時代のひび割れ」を見たいと思った。

「まだまだ」の4月1日です。

「♫春らんまんだ~ね⤴」

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.