結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2022年04月08日(金曜日)

10年ぶりにセブン&アイがイオンを抜き返した。

奈良・吉野の桜。
見ごろを迎えた。

「一目千本」。

故安川光男さんの有難いお招きで、
2011年4月17日・18日と吉野を訪れた。20110418170120

宿は辰巳屋。
20110418170043

国宝・金峯山寺蔵王堂は、
奈良の東大寺大仏殿に次ぐ規模。
20110418170415

上の方の桜の集まりが「上千本」。
真ん中の桜の集団が「中千本」。20110418170541

花矢倉展望台。
20110418170942
吉野を見ずして、死ぬことなかれ。

さて今日は、
イオン㈱の決算発表。
オンライン開催。

電話会議方式より、
断然、いいなあ。

ラジオとテレビの違いか。

ラジオの良さはある。
深夜放送など、
ラジオにしかない世界だった。

昔から大相撲やプロ野球は、
ラジオで伝える時代もあった。
だがテレビが出てきたら、
そのリアル感はラジオを圧倒した。

記者会見でも、
語り手の表情やしぐさは大事だ。

信頼感と直結してくる。

㈱セブン&アイ・ホールディングスも、
早いところweb会議方式にしたほうがいい。

商人舎流通スーパーニュース。
イオンnews|
’21年度営業収益8兆7159億円で過去最高/経常利益20%増

2022年2月期本決算で、
営業収益は8兆7159億5700万円、
対前期比1.3%増で過去最高。

しかしセブン&アイは、
51.7%増の8兆7497億5200万円。

337億9500万円、
セブンがイオンを上回った。

小売業首位が一気に入れ替わった。

2012年2月期。
東日本大震災のあとの決算で、
6年ぶりにセブン&アイをイオン抜いた。

それ以来、10年ぶりに、
セブン&アイがイオンを抜き返した。

新型コロナ禍のキャズムの禍中だ。

とはいっても、その理由は、
米国のスピードウェイを、
セブン&アイが買収したからだ。

10年前は5兆円を争っていた。
だから3兆円を超える増加だ。

イオンの利益は、
営業利益1743億1200万円で15.8%増、
経常利益1670億6800万円で20.4%増。

セブン&アイは、
営業利益3876億5300万円で5.8%増、
経常利益3585億7100万円で0.3%増。

その差は2000億円もあるが、
これはフランチャイズのコンビニの差だ。

吉田昭夫イオン社長は、
中期5カ年計画についても語ったが、
表情も見えるだけに、
自信満々だった。
IMG_21422
直近のナショナルブランドの値上げに対しては、
「トップバリュ」約5000品目を、
6月末まで「価格凍結」している。

そのあたりは、
次の月刊商人舎4月号に詳しい。
ご期待を。

吉田社長はDXの進捗を強調した。

「最もプライオリティの高い施策」が、
デジタルシフトである。

「コロナ前と比較して2倍の売上げとなった」

「ネットスーパーは700億円で、
20億円のスーパーマーットに換算すると、
35店舗に相当する。
ネットスーパーは年平均20%で伸長している」

これは商人舎2月号を読んでもらえばわかる。
特集「ネットスーパー・エイジ」202202_coverpage-448x633

それから吉田さんが、
U. M. S. Hを高く評価していることが、
この記者会見でよくわかった。

カスミ「BLANDE」のことを、
何度も引き合いに出して、
新フォーマットの開発を強調した。
202203_blande-kenkyu2

これは商人舎3月号で詳報した。
特集「販促X」
0a9ef1cf572042180b5e02e912b01242-448x634
手前みそばかりになってしまって恐縮。

吉田昭夫さんの発言を聞いていて、
私は月刊商人舎のそれぞれの号を思い出した。

それにしても、
イオンとセブンの逆転。

実に面白いことになってきた。

両社はもう少し、
むき出しの競争意識を持ってもいい。

それが日本のチェーンストアを、
牽引するパワーになる。

もちろん協力するところもあっていい。
災害のとき、戦争のとき、
パンデミックのとき。
政治や行政に向き合うとき。

それが日本の国民の暮らしを、
安全で経済的で豊かにする。

伊藤雅俊さんも岡田卓也さんも、
「初孫会」を毎年開催して、
とても仲の良い経営者だ。

もちろん競争意識も、
そうとうに強かった。

それが日本を引っ張ってきた。

今も、これからも、同じように、
切磋琢磨してほしいものだ。

アメリカはウォルマートが、
断然強いチェーンストアだった。

そこにアマゾンが登場した。

イギリスはテスコが、
これまたずっと首位を走る。

セインズベリーとアズダは後塵を拝して、
アズダはウォルマートが引き受けた。
そのうえ、セインズベリーとアズダは、
経営統合の道を歩んで、
テスコを猛追する。

2018年の商人舎流通スーパーニュース。
セインズベリーnews|
ウォルマート傘下アズダと合併/年商510億ポンドへ
combination-press-release-img

同じように日本の流通産業も、
トップの抜きつ抜かれつによって、
全体のダイナミズムが生まれる。

そこに新たなベンチャーも登場する。

私はそんな競争を大いに奨励したい。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.