結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2022年05月14日(土曜日)

ヤオコー川越美術館の「三栖右嗣専門店」はヤオコーそのままだ。

日経新聞総合一面の記事。
「最高益、国内3社に1社」

上場企業の決算発表がピークを迎えた。
2022年3月期に最高益となった企業は、
全体の30%で、
約30年ぶりの高水準になった。

3月期決算の約1890社。
純利益では7割の企業が前の期より増えた。
最高益となった企業は3割で、
1991年3月期以来の多さだった。

追い風は資源高と円安。
鉄鉱石や石炭の高騰。
為替相場は3月で1ドル112円程度、
1ユーロ131円程度。
円安が進んだ。

新型コロナウイルス禍の影響も和らいだ。

小売業では、
㈱ヤオコーが30期連続の増収増益。
もちろん最高益だ。

そのヤオコー川越美術館。IMG_26422

2011年竣工。
設計は伊東豊雄建築設計事務所。
ヤオコーの本社は、
サポートセンターと呼ばれるが、
その設計も伊藤豊雄さんだ。

2013年にプリツカー賞を受賞。
建築界のノーベル賞と言われる。

若いころは菊竹清訓事務所に所属した。
菊竹さんはセゾンの堤清二さんと親しくて、
小売業にも理解が深かった。

シンプルでユニークなデザインだ。IMG_27782

私は美術館巡りが好きで、
海外でも国内でも機会を見つけて訪れる。
IMG_26402

このヤオコー川越美術館は、
三栖右嗣記念館と称して、
洋画家・故三栖右嗣(みすゆうじ)の作品だけを展示する。
IMG_27552
三栖右嗣は1927年、神奈川県厚木に生まれ、
2010年、埼玉県嵐山に没した。

米国のアンドリュー・ワイエスに師事し、
日本現代リアリズムの巨匠と称される。

ワイエスはアメリカン・リアリズムの代表的画家だ。

ヤオコー美術館は、
敷地面積1824㎡、建築面積471㎡。

展示室1は印象的だ。 IMG_27572

ここに20点の作品が飾られていた。
比較的に小品が多く、
欲しいと思わせる絵画もある。

「冬の静物」60号。
IMG_27732

鳥の描写が素晴らしい。IMG_27742

第2展示室は真ん中にソファーがあって、
ゆっくり休みながら鑑賞することができる。
そして大作が多く展示されている。

「爛漫」150号。IMG_27582

500号の「麦秋一風」
IMG_27622

1997年の「光る海」120号。
IMG_27652

そして衝撃的な「老いる」
IMG_27672
1974年の習作で30号。
1976年、第19回安井賞受賞作品。
老いた母親の裸像。

さらに「生きる」
IMG_27692
これも74年作の100号。

カフェラウンジには、
作家のアトリエの写真と、
愛用の筆や絵の具、
パレットなどが展示されている。
IMG_27722

入口のところでビデオが流されている。
作家が「老いる」を製作した心境を語る。IMG_27762

いい美術館で、いい作品を観た。
満足した。

展示は24点だったが、
200点の所蔵があり、
春夏秋冬、テーマごとに入れ替える。

ヤオコーの店のようだと思った。

スーパーマーケット業態の専門店を志向する。
それがヤオコーである。

ヤオコー川越美術館は、
ペインティングの三栖右嗣専門店である。
四季折々に企画を変える。

そして四季折々、楽しめる。

ヤオコー30期連続増収増益と、
まったく同じコンセプトが、
この美術館だ。
IMG_26412
ありがとうございました。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.