結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2007年09月20日(木曜日)

ウォルマートのキャッチフレーズ変更と『商売十訓』第九訓

杉山先生
杉山昭次郎先生と会う。
いつものように、
飯能パークカントリークラブでゴルフして、
焼鳥屋・多貫喜(たぬき)で語り合う。

一所懸命に仕事している人には申し訳ないけれど、
杉山先生は80歳の隠遁者。
私は今、55歳の自由人。

お許しいただくとして、
いつも必ず、いい話になる。
皆さん、こんな、自分の先生を、
つくりなさい。
もちなさい。

杉山先生は、流通システム研究所所長。
コンサルタントとしては、あの坂本藤良の愛弟子で、
血筋は申し分なし。
坂本藤良は日本のコンサルタントの草分け。
「倒産学」「再建学」などの著書でも知られる。

私は、(株)商業界入社1週間で、
高橋栄松という先輩に連れられて、
杉山先生に会いに行った。

いきなり「ソシオ・テクニカル・システム論」を、
黒板に書きながら教えられた。

この理論は今でも、私の考え方のひとつになっていて、
立教大学大学院で教えるときの教材の中に入るテーマである。

流通産業研究所所長・理事長を務められた故上野光平先生は、
杉山先生の盟友で、私もその門前の小僧をやっていた。

上野先生は、(株)西友ストアー副社長として同社を創業し、
日本の商業やチェーンストアの歴史に輝きをつくった。
その上野先生の、思い出話も当然、いつものように出てくる。

杉山先生は、現在、水曜日にゴルフ、
後の6日間は、雨が降らなければ、
フナ釣り。
「フナに始まりフナに終わる」といわれる、あのフナ釣り。
まさに隠遁の生活。
うらやましい限り。

さて、その杉山先生との話は、
「企業文化」へと流れていった。

企業には、負の文化もあるが、
正の文化もある。
正の文化の継承が、ない。
これが最大の問題である。

あたかも、ウォルマートは、
そのキャッチフレーズを変えたばかりである。
1980年から10年ほどは、「エブリデー・ロープライス」。
それから19年間、ほぼ同じコンセプトのまま、
言葉は“Always Low Prices”
そして今、
“Save Money.Live Better.”

1962年に、サム・ウォルトンが、
ウォルマート第1号店をオープンさせたとき、
店頭には二つの言葉が掲げられていた。
“Satisfaction Guarantees”と”We sell for less”

現在も彼らはこの理念を守り続けて、最新店の店頭にも掲げている。
ウォルマートの正の文化である。

それが「Save Money. Live Better」によって、
どのように変わろうとしているのか。
はたまた崩れようとしているのか。
きわめて面白い局面に入ってきた。

『食品商業』で連載をしている「誰がウォルマートを殺すのか?」
その大テーマがまた表出してきた。

『商売十訓』の第九訓は、
九 文化のために経営を合理化せよ
である。

ここで言う「文化」には二つの意味があることに、
杉山先生と話していて、私は気づかされた。
「社会の文化」と「企業の文化」である。

杉山昭次郎というマネジメントの鬼(優しい白髪鬼?)は、
覚醒している限り、マネジメントを考えている。
だから「文化」といえば「企業文化」となる。
ドラッカー先生もそうだったに違いない。

ウォルマートはまさに、
文化のために経営を合理化し続けてきた。
日本の西友の450人の早期退職奨励を発表したばかりである。
同社は、3年前、売上げも利益も絶好調のときに、
アーカンソーの本部要員の1割、約790名の削減を断行したほどだ。


「文化」と「合理化」

倉本長治は、なんとも結びつきにくい概念を、
二つ、池に投げ込むようにして、
第九訓をつくった。

長治独特の言い回しである。

しかし、この言葉に、正鵠を射た解答を、
私は、ついぞ聴いたことがなかった。

杉山昭次郎とのマネジメント談義。
ウォルマートのキャッチフレーズ変更の発表。
そして上野光平がつくった会社・西友の人員合理化。
私は、なんだか、第九訓の真髄に近づいたような気がした。

<つづく、結城義晴>


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.