結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年07月17日(木曜日)

コカ・コーラカスタマーマーケティングでの研修と米国HEBのコカ・コーラのプライベートブランドについて

昨7月16日、徳島から帰京後、ひょんなご縁で、
コカ・コーラカスタマーマーケティング㈱で研修。
六本木ヒルズのノースタワー大会議室。
c1
夕方4時半から90分のところが、
120分になってしまって恐縮。

後ろの時間が大丈夫の時には、
許される限りお話します。

不思議な感じをかもし出す会社。
代表取締役社長の井辻秀剛さんとは意気投合。
日本のマーケティング、商流に関して、
実に詳しい。
c2

研修のあと、ワンコイン懇親会。
購買者マーケティング部部長の山本俊之さん(右)、
SMカスタマー営業部購買者マーケティング担当の五十嵐信広さん(左)と、歓談。
c3
購買者マーケティングとは、今、流行りの、
ショッパーズ・マーケティングのこと。

コカ・コーラといえば、
今年6月のUSA研修でのことが思い出される。
テキサス州オースティンのHEBプラスの店頭。
コカ・コーラのダイレクト・ストア・デリバリー担当者が作業をしていた。
c4

彼の担当は、写真のスペース。
もちろんコカ・コーラは十分にスペースをとって商品陳列している。
c5

しかしそのコカ・コーラの売場の隣には、
HEBのプライベートブランドが並べられている。
しかも価格は、フリッジパック2ドル29セント。
ご丁寧にターゲットのコカ・コーラ3ドル11セントと比較POPがある。
c6

だから売れ行きは、ご覧の通り。
左がHEBプライベートブランド、
右がコカ・コーラ。
露骨です。
アメリカ人は。
c7

食肉売場に面した主通路にも、
プライベートブランドの島陳列。
フォークリフトに乗せられたまま並べられている。
c8

定番売場と同様、2ドル29セント。
c9

パッケージは、明らかにコカ・コーラのコピー。
露骨です。
テキサス人は。
c10

何を物語っているか。
①アメリカ人はコーラ大好き。
②コカ・コーラは強い。
 ⇒だからこんなそっくりコピー商品が出る。
③コカ・コーラにプライベートブランドをぶつけるほどの価格競争がある。
そしてもしかしたら、HEB店頭でブランドスイッチが、
起こっているかもしれないと思わせるが、
定番売場のスペースを見れば分かる。
やはりコカ・コーラは強い。
ウォルマートですら、
いまだにダイレクトストアデリバリーをやめられない。
すなわちネットネットプライシングでの取引が出来ない。

④競争は店頭で起こっている。
ブランドとブランドとの。
ここにリテール・マーケティングが大きく介在している。

メーカーのマーケティングと小売業のマーケティングは、
どこで協業できるのか。
ショッパーズ・マーケティングは、そのどちらをも視野に入れて、
購買者にとって最も都合のいい売場を作ることに腐心する。

それがメーカーにとっても、
小売業にとっても、
購買者にとっても幸いなこと。
「三方良し」となる。

しかし、
協業しながら競争する。
美しい言葉で表現するならば、
競演する。
これが大事。
これをカスタマーは喜ぶ。

日本はいったい、そこまで行くのか。

<結城義晴>

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.