結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年07月19日(土曜日)

伊藤忠・丹羽宇一郎「ドル妖怪世界徘徊説」[日本食糧新聞講演採録]

2008年7月18日。
東京・パレスホテル。
日本食糧新聞1万号・創刊65周年記念
感謝の集いが開催された。

日本の食品産業のトップが、
ほとんどすべて参集するというすごい会合。

日本食糧新聞社長の今野正義さんのご挨拶。
NSS1
「昭和18年創刊で、紙齢10000号を数えます。
私たちは世論紙、指針紙、擁護誌を旗印にやってきました。
いま、紙の新聞がネットで見られるし、
携帯電話でも読むことができる。
多機能サービスの提供を図りつつ、
食の総合メディア機能を果たしたい」

その後パーティでは、そうそうたる顔触れによる鏡割り。
かがみ割り

この式典とパーティに先立って、
伊藤忠商事会長の丹羽宇一郎さんの記念講演があった。
丹羽さんは、国際連合世界食糧計画WFP協会会長。
この講演が素晴らしかったので、私のメモから採録。
タイトルは「食資源と環境――明日へのシナリオ」丹羽
[現状分析]
現在、穀物相場も小康状態を保ちつつあります。
小麦を中心に、やや安定してくる。
昨年から、世界中の人々の不安を呼び起こしたが、
今年はそれほどではない。

人類生存の三大要素は、
食と水とエネルギーです。

振り返ってみると、
20世紀は石油の100年でした。
21世紀は水の100年といえます。

農業や食資源にかかわる水の時代です。

この間の、サイレント津波は、世界のトップリーダーに、
温暖化よりも食と水が大事ということを認知させた。
食と水に対する危機感が、相当に刻まれた。

もちろん、石油も大切です。

しかし20世紀は
ドルと石油にどっぷりとつけられた時代だった。

大規模農業の穀物生産は、
すべてが石油ベースとなっている。

大量生産農業は、すべての科学や技術の結集です。
気象学、種子学、インフラ、倉庫・港・道路。

だから農業は本来、全産業の成長と歩調を合わせて進んでいく。

商社もかつて、ブラジルなどの土地を賃借して、
大規模農業をやろうとした。
しかしすべて失敗した。
私は「お天道様と勝負するな」と言った。
農業とは、食とは、そういうものです。

食料資源の問題に関しては、
10年前、ローマクラブから、
たんぱく質が足りなくなるという指摘があった。

ローマクラブが、10年後12~13ドルという指摘をしたが、
当時は、「何を考えているのか」という見方が強かった。

しかし、10年遅れでやってきた。
大豆がブッシェッル16ドルまで上がった。
間違いではないか?と思われたが、
考えて見れば、まとめて上がったというだけのこと。
ローマクラブの指摘は正しかった。

かつて石油は100年で40ドル上がった。
1年ごとに75セント上がるという計算だった。

しかし4年間で100ドル上がった。
かつてのテンポからすると、
4年で250年分上がったことになる。

大きな価格の流れは合理的な要因で上がるはずです。
食料資源の高騰の背景に、何があるのか。

ベースになるのは需給関係の逼迫という問題。
牛肉1キロ作るのに8キロの穀物が必要。
これもある。

中国も大豆を買う。
中国は、米、トウモロコシ、小麦は買わない。
しかし大豆は輸入する。
食物油が足りないから。

ここに、静かな地殻変動が起こっている。

あらゆる資産がアジアに動いてきている。
21世紀は着実にアジアの時代です。
アジアの人口は増える。
アジアを中心に動く。
鉄鋼の生産は、中国の動向に世界が動かされている。
それにインドやインドネシアがつづく。

需給の急速な拡大が起こっているのです。
ただし、50年かけて動くのならばいいが、
あまりにも急速です。
だから世の中に変調が起こっている。
地球に対する負荷がかかりすぎている。

これには、1990年代のグローバリゼーションが影響を及ぼした。

中国もあちこちで暴動が起こっている。
急速な変化にどう対処するか。

それが問題です。

[ドルという妖怪が世界を徘徊している]
食料資源高騰の本当の理由は、ドル漬けにあります。
1992年、WTOで、アメリカは
「国益を損なうことは一切しない」と発言しました。

かつて、『空想から科学へ』という本の中で、
エンゲルスは言いました。
「共産主義という妖怪が世界を闊歩している」

しかしいま、
「ドルという妖怪が世界を徘徊している」

10年前の世界のGDPは30兆ドルでした。
日本は5兆ドルで、16%を占めていた。
アメリカは28% でした。
この2国で50%近くを寡占していた。

GDPは、実体経済ですが、
これに対して貨幣経済がある。
それが10年前は60兆ドル。

現在、世界の実体経済は50兆ドルで、
貨幣経済は、なんと150兆ドル。

(厳密には178兆ドルという統計もある)

実体経済と貨幣経済には、100兆ドルの乖離がある。
10年前も30兆ドルかけ離れていた。
しかし今は100兆ドルの妖怪貨幣が動き回っている。

すなわち30兆ドルだった妖怪が100兆ドルに膨れた。
3.3倍になった。

このドルはどこへいったか。
サブプライムです。

小さなリスクで大きな利益を得ようとした。
だから詐欺にあった。

大きなリスクで大きな利益、
あるいは中くらいのリスクで中の利益が当たり前です。

サブプライム問題は慾深い連中が、
小さなリスクで大きな利益と、欲を搔いたことで起こった。

サブプライムを格付け機関が格付けした。
いま、壮大なる国際的詐欺事件といってよい。

すなわち、ドルはこの10年で、100年分くらい増えた。

そのドルが徘徊している。

貨幣経済の膨張とは、三つの膨張を言う。

第一は、株式時価総額。
これは、この10年高騰し、現在40%を占める。
簡単に言えば、株価が上がったということ。
誰が得たか、それは欧米金融機関。
日本の失われた10年とは、
株式時価総額で得る利益を、日本が得られなかったということ。
だから日本はドル漬けではない。
良かったのだと思う。
サブプライムに多大の被害を受けていないことが。

第二が、債券発行残高。
現在これが、100兆ドルのうちの40%を占める。

そして第三が、預貯金高で、20%を占める。

しかし100兆ドルの妖怪のような体重は、
アメリカ一国では大きすぎるし、重すぎる。

だからもしかしたら、ドルが暴落するかもしれない。
そうなると世界経済が暴落する。

公的資金の注入が必要となるかもしれない。
そうしなければ助からない。

すなわち余剰のドルを減らす。
妖怪の体重を減らす。

それには、時間をかけて、少しずつ。

日本は、妖怪体重に参加していない。

私は、言いたい。
「妖怪で太った人たちが損をしなさい」
ドルの妖怪は今も存在している。

そのひとつが穀物、エネルギーにきた。

穀物は株式市場の5%、5兆ドルにすぎない。
その株式時価総額40兆ドル。

だからちょっと株式市場から金が流れたら高騰する。

上海、中国にもドルの妖怪が侵入した。

結論として、ドルの妖怪の体重が急速に増えたことが大きな理由。
それを時間をかけてゆっくりと解決しなければならない。

[Water is a new oil.]
穀物の高騰の理由は、
このドル漬けと石油漬けです。

50年間で人口は、2.4倍となった。

地球が耐えられる生存可能な人口は80億人から100億人か。

問題は人口増加のスピードです。

急速に増え続けたことです。

経済は安定した成長を続けねば、壊れる。

地球の環境が一定であれば
土地を増やすしかない。

緑の革命で 単位収穫量が増えた。
第2の緑の革命といわれる遺伝子組み換えで、
どれだけ増やすかしかない。
農業は英知を集めて、第3の緑の革命を果たさねばならない。

日本は、英知を集めて米の革命をする。 

そのために単位収穫量革命に世界が投資していく必要がある。

そこで重要なのが、
Water is a new oil.

水は、Blue gold。
水は新しい金。

世界の水は14億立方キロリットルあります。

しかしその13%しか使っていない。
ほとんどが海水だからです。

海水を真水にするのに1トン当たり100円かかります。

これからは世界経済の成長が水によって左右される。

日本は一年間に840億トンの水を使います。
琵琶湖の2.5倍。
一方、食糧輸入量を換算すると海外で日本のために、
640億トンの水を使っています。

世界の都市化率は現在、50%。
50年前は30%で、100年前15%でした。

先進国は75%が、都市に人口がすんでいる。
大部分の都市で水がなくなる。
しかし、日本人には水に対する危機感がない。

農業において、
この水を守る最もよい方法は水田です。

だからコメの消費を増やして、水田を増やす。
米のパン、米のラーメン、米のうどんをつくって、食べる。

地産治水。
Water is a new oil.

これが締めくくりの言葉となります。

示唆に富んだ講演だった。
考えさせられることが多かった。

もちろん多分に、
総合商社のトップとしての経験や発言もあったが。

いい会だった。

最後に日本食糧新聞の今野正義社長と固い握手。
握手

今野さんも商人舎発起人で、商人舎ファミリーのお一人です。
ありがとうございます。

<結城義晴>


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.