結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年10月13日(月曜日)

アメリカチェーンストアの好調組WWCの3カ月実績と貨幣経済危機の関係はいかに?

[Good Monday]の月曜日ですが、
今日、日本は体育の日。祭日。

だから、明日、[Good Tuesday]となります。
悪しからず。

今、ニューヨーク時間で、
13日午前4時45分。

もう、帰国です。
かつては、2週間のツアーや10日間が、
アメリカ視察のパターンでした。

それが最近は、1週間。
実質、6日間。

岡田卓也イオン名誉会長が、最初に
アメリカを訪れたのは昭和34年だったそうですが、
そのころは、1カ月の長旅でした。
羽田空港から、皆に送られつつ、
タラップを上ったといいます。

現在は、スピード時代。
しかし、いつだって、あっという間に、
アメリカセミナーは終わってしまう。

名残惜しさが残ります。

そしてアメリカ視察の終わりの方は、
怒涛の臨店ラッシュなのですが、
それを十分にご報告できないままに、
日本での日常に、突入してしまいます。

だから今回は、帰国してからも、しばらく、
アメリカ報告を続けたい。

さて、この3カ月の、
アメリカ小売業の趨勢。
貨幣経済危機の中で、実体経済はどれくらい影響を受けているのか。
数値は以下の通り。
①9月の売上高前年同月比
②8月の売上高前年同月比
③7月の売上高前年同月比

百貨店は、皆、直撃された。

ノードストローム
①▲9.6% ②▲7.9% ③▲6.1%
超高級百貨店ニーマン・マーカス。
①▲15.8 ②▲0.5 ③▲1.7%
老舗百貨店サックス・フィフス・アベニュー。
①▲10.0% ②▲5.9% ③▲5.3%

ジュニアデパートで好調組だったコールズも、
①▲5.0% ②▲5.0% ③▲10.0%

GMSと呼ばれたJCペニー
①▲12.0% ②▲4.0% ③▲6.0%

ファッションチェーンは軒並み、ダウン。

かつての王者リミテッド。
①▲6.0%  ②▲7.0% ③▲5.0%
強者ギャップも。
①▲11.0% ②▲8.0% ③▲11.0%

あのアバクロンビー&フィッチも、
数字はどんどんひどくなる。
①▲14.0% ②▲11.0% ③▲7.0%

ドラッグストアは好調。
ウォルグリーン ①4.7% ②0.9% ③4.1%

ライトエイド ①1.7% ②1.1% ③1.2%

好調から不調への境目が、
オフ・プライスストアのTJX
①▲1.0%  ②0.0%  ③3.0%
7月まで、前年対比売上高がプラスだったのが、
8月にプラマイゼロになり、
9月にマイナスに転じた。

業態として好調だろうと思われるのが、
ディスカウントストアとスーパーセンターだが、
明暗分かれている。
王者ウォルマート
①2.0% ②2.8% ③3.0%
W5
対抗ターゲット
①▲3.0% ②▲2.1% ③▲1.2%

メンバーシップ・ホールセールクラブは絶好調。
ウォルマートグループのサムズクラブ
①4.6% ②4.2% ③3.5%
独走コストコ
①8.0% ②9.0% ③10.0%

サムズクラブは、ウォルマートの1業態。

だから、すべてのフォーマットの中のチャンピオンは、
コストコ。

それに続いて、ウォルマート。

そしてウォルグリーン。

かくて、
CWWが実体経済を支えていることになる。
ゴロが悪いから、WWC。

さて、ディスカウント型フォーマットが好調のように見えるが、
その中でも、仕分けが進む。

私は「寡占から複占へ」と言い続けてきた。
すなわち、そのフォーマットの大規模企業は、
数社から2社になると。

しかし、この数カ月、
2社ではなく、1社に絞られてきた。

そしてその次に来るのは、
業態フォーマット最強企業同士の「業態間対決」か。

貨幣経済のクライシスは、
歴史の独楽の早送りを生み出す。

業態の変遷が、走馬灯のように見える。

おもしろいことなのだろうが、
不安にもなる。

全体として見た、実体経済はどうなるのだろうかと。

こんな時にこそ、
革命的な業態が誕生するに違いない。

それが、ウォルマートの新フォーマット「マーケットサイド」なのか。

「何の変哲もない店」でありながら、
「顧客の暮らしに欠かせない店」
そんな店であったら、
これは、革命的なフォーマットだろう。

帰国します。
バスが待っている。

<結城義晴>

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年5月12日(火)~18日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.