結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年10月15日(水曜日)

A&P最新フォーマット「Fresh」――斬新さの半面の「形つくって魂入れず」

今回は、珍しく、
時差ボケというか、
疲労蓄積というか。
それとも安堵感というか、
満足感というか。

貨幣経済危機の米国の緊張感というか。

そんなものが私の頭と体に溜まっています。

ノーベル経済学賞のポール・グルーグマン博士は、
米国の住宅バブル崩壊と金融危機を予言し警告を発していました。

そして「国家の破綻は回避できるが、不況は長期化する」と、予告。

フリードリヒ・フォン・ハイエク博士、
ミルトン・フリードマン博士から始まった「小さな政府」路線に、
ひずみが出ていることを指摘。

世界経済の論議も、新しい局面を迎えます。

グルーグマン教授の言葉のように、
「米国の国家的危機は回避」されそうなものの、
「長期化する不況」は避けることができません。

だからこそ「節約、倹約。もったいない」
そして「楽して儲けるな!」なのです。

さて、アメリカ報告の続き。
今日は、The Great Atlantic & Pacific Tea Companyの最新店。
「大西洋と太平洋を結ぶお茶の会社」という大仰な名前。
そんな名前を持つスーパーマーケットチェーン。通称A&P。
その最新店のカメラレポート。

いい店です。
ところが、問題あり。

A&Pは1970年代まで、米国最大のスーパーマーケットでした。
当時の第2位がセーフウェイ、第3位クローガー。
ちなみに米国チェーンストアランキングは、
以下のようになっていました。
1 シアーズ・ローバック
2 A&P
3 セーフウェイ
4 JCペニー
5 クローガー
6 モンゴメリーウォード

いわゆるGMSが3社、スーパーマーケットが3社
A&Pはシアーズに続いて第2位。
このころは2000店を超える巨大チェーンストアだった。

しかし1980年になると、A&Pは第7位で、
スーパーマーケット順位はセーフウェイに抜かれて第2位。
1990年は第9位で、スーパーマーケット第4位。
2000年はベスト20のランク外。
そして、2008年は、第54位。
第52位ホールフーズと第53位トレーダージョーの次。
感慨深いものがある。

なぜか。

一言でいえば、
イノベーションが、
企業の中から消え失せてしまったからです。

それを招いたのは、官僚化した組織。
「変わりたくない」という幹部・社員の気分が、会社に蔓延した。

現在は、
A&P 102店
Waldbaum’s 63店
A&P Liquor 26店
Super Fresh 76店
The Food Emporium 32店
Food Basics USA 9店
Pathmark 139店
合計447店のチェーン。
それぞれの店舗の形態を「フォーマット」という。
名前を「バナー」という。

今回訪れたのは、「A&Pフレッシュ」という最新フォーマット。
ところは秋真っただ中のニュージャージー。
ファサード

店舗入り口は、青果で華やかに。
seika

野菜果物は、店の顔。
店内は、まったく新しいパターン。
青果  

天井のデザインが、斬新なイメージをつくり出す。
青果3

店舗中央にデリの売り場が、円形に設けられている。
tyuuou

店舗右側のコーナーがベーカリー。
このあたり、焼きたてのパンの香りがかすかに漂う。
a&p6

奥壁面は、シーフードからミートへ。
従来の「コの字」型のレイアウトが、基本になっているが、
「コの字」にカーブが付けられた最新タイプ。
a&p8
コストがかかりすぎるとか、回遊しにくいとかの理由もあるだろう。
しかし、斬新な空間を、顧客が求めていることも確か。

そのあたりの折り合いを、どこに求めるか。

ウェグマンズやホールフーズが好例だ。

中央のデリのコーナー。
a&p7

回り込んで、オリーブの対面売り場。
a&p15

さらに回り込んで中央のデリ売り場。
a&p14
店舗中央をぐるりと回ると、
惣菜とサービスデリが買い回れるように設計されている。

そして、コスメティック・ファーマシーの売り場。
このコーナーは、サークル型につくられていて、
カラーコントロールも行き届いて、快適。
a&p11

日用雑貨売り場も美しい。
a&p13
しかし、私はデザイナー優先の売り場に見えた。
えてしてこういう店は、オペレーションに支障をきたしやすいもの。
表面はきれいだが、品揃えや鮮度が堅持されなければ意味がない。

最後にレジのコーナー。

しかし、10月11日土曜日の午後。
ドライグロサリーのゴンドラには、あちこちに、穴があいていた。
a&p12

店舗のリモデルをしている。
そのためのレイアウト変更。
a&p9

形だけ斬新でも、
買いやすい売り場づくりになっていなければ、
顧客は買わない。
だから売り場変更しなければならなくなる。
a&p10

A&Pには「フード・エンポリアム」というアップスケールタイプがある。
これも、ウェグマンズやホールフーズには遠く及ばない。

この「フレッシュ」という新フォーマットは、
セーフウェイの「ニューライフスタイル・タイプ」をモデルにしているが、
形つくって、魂入れず。

A&Pの苦悩は続く。
リモデルが成功することを祈るばかりだ。

「自ら、変われ!」私は、言い続けている。

しかし、形が変わっても、
お客様に受け入れてもらえなければ、
意味がない。

どう、変わるのか。
それが問題。

まずは、人間のビヘイビアが変わらねば。

<結城義晴>

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年5月12日(火)~18日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.