結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2011年05月10日(火曜日)

知る人ぞ知るスーパーマーケットを行く! その①新CIのもと驀進するロピア[神奈川]

毎週、土曜日は結城ゼミ。
月曜日は、F&Bマーケティングの講義。

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科、
今年度の結城義晴のカリキュラムです。

その立教大学池袋キャンパスも、
新緑に染まって、美しい季節です。
20110510145916.jpg
昨日はそのF&Bマーケティングの第2回目の講義。
Fはフード、Bはベバレッジ。
F&Bでフード&ベバレッジ。
すなわち食品産業のマーケティング。

私の得意分野のひとつ。
楽しみつつ、元気に、講義している。

さて消費動向を示す指標のひとつ。
4月の車名別新車販売状況。
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会の発表。
トップはどの車か。

ニュースに触れた人にはわかるだろうが、
そうでない人は想像してみてもらいたい。

答えは第1位がホンダのフィット。
3月に続いて2カ月連続でトップ。
とはいってもフィットの販売台数は8574台で、
前年同月比で3割弱減。

第2位は、スズキの軽自動車「ワゴンR」
これも販売台数7919台で、前年に対して5割近くのマイナス。

第3位はダイハツの軽自動車「ムーヴ」。
これも販売台数7468台、15%の減少。

要は、小型車・軽自動車など低価格の車が上位を占めた。

ずっとトップを走っていたトヨタのプリウスは、5位に後退。
なんと前年比81.6%減の4876台。

これは東日本大震災後、各社とも完成車生産が停止され、
その影響が販売を直撃。

ただしそれだけが原因ではない。
消費マインドがここに表れている。

一方、携帯3社の決算で、
3番手のソフトバンクが躍進。
売上高は3兆0046億円で初の3兆円超え。
凄い会社になってきた。

連結営業利益は6291億円で5%プラス、
純利益は前期比96%増の1897億円で、
これも過去最高。

スマートフォンの「iPhone」が9%の増収を確保。
「iPad」も好調で、携帯電話契約件数は16%増。

業界第1位のNTTドコモは売上高4兆2242億円、-1%。
営業利益は8447億円で1%増。

第2位のKDDIは3兆4345億円で微減。
営業利益4719億円で6%プラス。

「三占」のこの業界。
ソフトバンクの躍進で、面白くなってきた。

これだけ普及した携帯電話。
一人ひとりが所有し、使用し、実感しているから、
その面白さが増幅される。

「モバイル・マーケティング」
マーケティングのキーワードのひとつ。
携帯可能な情報端末を利用したマーケティング手法のこと。
インターネットに接続できる携帯電話やモバイルPCなど。

早稲田大学商学部長の恩蔵直人さんは、書いている。
「マーケティングの理論や枠組みの多くは
欧米からの輸入であるが、モバイル・マーケティングに関しては
現在までのところ我が国がリードしている。
数少ない我が国発のマーケティングの枠組みといえるだろう」

それは三占の競争による。
寡占から三占へ。

それも、悪くはない。

さて、今日は、「知る人ぞ知るスーパーマーケット」。
その紹介。

株式会社ロピア。
旧㈱ユータカラヤ。
高木秀雄代表取締役社長。

今年1月24日に社名変更。
コーポレートアイデンティティも刷新した。

ロープライスとユートピアからつくられた造語が、
「ロピア」[Lopia]
文字通り「安値の理想郷」。

1971年(昭和46年)に「肉の宝屋藤沢店」として創業し、
1976年(昭和51年)、早くも食肉店のチェーン展開を開始。
1994年(平成6年)、スーパーマーケットに参入。
1997年(平成9年)、新業態「新鮮大売ユータカラヤ」希望ヶ丘店を開発し、
2000年(平成12年)には、新業態店を4店舗、食肉専門店を2店舗出店し、
大飛躍。

以後、スクラップ&ビルドを積極的に推進して、
業績は、うなぎのぼり。

最新の決算は24店舗、314億円。

4月27日、横浜市都筑区のセンター南駅。
東急港北ショッピングセンター地下1階にオープンした最新店。20110506180626.jpg
地下1階といっても、このフロアには、
ハックドラッグ、無印良品、コム・サ・イズム、ローラ・アシュレイが入り、
ロピアとともに強力な布陣。

この物件は、1998年(平成10年)、
東急百貨店の関連会社㈱港北東急百貨店によって開業。
その後、2004年東急百貨店に吸収合併され、
さらに2006年(平成18年)改装し、
1階から5階までは専門店ビルとなった。

いかに背景に港北ニュータウンの巨大新興住宅地を抱えているとはいっても、
100万人商圏が条件の百貨店は成立しなかった。
東急百貨店は地下1階の食料品売場を、
テナントの銘店を入れつつ、直営した。

現在の運営主体は東急モールズデベロップメント。
港北 TOKYU ショッピングセンターと命名されているが、
今回は第3回目の大リニューアル。

この地下1階の東急百貨店のあとの広大な売場に、
ロピアが入った。
20110506180635.jpg

入口をはいると、青果部門。
市場スタイルの売り方。
20110510150648.jpg

バナナの試食販売。
ときには1本丸ごと試食に出すこともある。20110510150658.jpg

単品量販がロピアの哲学。
20110510150725.jpg

トマトの売場も壮観。
20110510150737.jpg

地下1階で若干天井が低く感じられるが、
店内は明るく、元気にあふれている。
20110510150712.jpg

根菜類売り場はカゴ売り。
20110510151126.jpg

青果部門から惣菜部門へ。
20110510150745.jpg

お弁当も単品量販。
積み上げられている。
20110510150754.jpg

鮮魚部門の目玉は、
ブラックタイガー15匹入り500円。
20110510151031.jpg

8点盛1999円、
6点盛999円、
少量多品種盛699円。
20110510150817.jpg

生本マグロだけでコーナーをつくる。
20110510150828.jpg

ロピアの最強部門は精肉。
全体の20%の売り上げ構成。
20110510151019.jpg

対面売り場とセルフ売り場を組み合わせて、
これでもかと売り込む。
20110510150846.jpg

社員が手書きしたPOPも、
力強くて楽しい。
20110510150856.jpg

シースルーの精肉バックヤードは広い。
20110510150904.jpg
従業員がてきぱきと動いて、
それが店全体の活気をつくっている。

焼き鳥売り場も量販態勢。
20110510150959.jpg

壁面多段ケースで国産豚切り落とし68円。
20110510150935.jpg
「月間特売品」でオープン記念セールではない。
普段と変わらずオープンし、
普段と変わらず売場をつくる。
それがロピアの基本方針。

加工肉のボリューム陳列。
これも普段と変わらない。
20110510150947.jpg

奥主通路沿いの売場。
20110510151106.jpg

後ろは旧東急百貨店時代のエスカレーター。
コストはかけず、そのままにして、
卵売り場で遮蔽している。
20110510151224.jpg

震災直後には品切れしていた納豆も、
ご覧のボリューム陳列。
20110510151232.jpg
郊外百貨店のマーケットで、
単品量販する。

それが顧客からの支持を得る。

奥主通路から右翼に曲がるコーナー。
セオリー通り牛乳売り場。
20110510151314.jpg

冷凍食品全品半額の売場。
20110510151324.jpg

ヨーグルトのエンドは2アイテム。
ウォルマートのよう。
20110510151338.jpg

そして冷蔵ケースに「春の新商品フェア」。20110510151242.jpg

ティラミスなどのケーキ売り場。
20110510151304.jpg

売りたい商品、売れる値段。

これが実に明確。
最後にレジ前の菓子売り場。
20110510151255.jpg

天井には機関車が走る。
これはアメリカのウェグマンズ。
20110510151350.jpg

その機関車の下にはお菓子の小屋。
20110510174626.jpg

ロピアは4月27日にオープンした。
このSC全体のグランドオープンの2日前。

混雑が予想されるため、
ディべロッパーから早期の開店を要請された。

それくらいロピアにかかる期待は大きい。

もちろんこのSCは、起死回生を狙っている。
最上階の7階にはダイソーの大型店とカルチャ-センター。
6階は赤ちゃん本舗とナムコ・ワンダーパーク。
5階にライトオンをはじめとするカジュアルウェアのショップとフードサービス。
4階はユニクロと書店のリブロを核にホビーショップが並ぶ。
3階は、珍しいことにしまむらが核で、ハニーズ、タルボット、
さらにキッズ売場。

そして2階は、SHIBUYA109のアウトレット。
全国初の出店。

そして1階はザラが広い面積を取って核店舗になり、
モールにはセブン-イレブンも入店した。
地下1階はロピアがSC全体で最大面積で出店。

郊外百貨店は成り立ちにくいけれど、
こういった都市型のショッピングセンターは、
大いにあると思う。

その最大の集客装置がロピアである。
そして祝祭日、週末以外のウィークデーの鍵を握るのもロピアである。

そんなことを専務の高木勇輔さんと話した。

ロピア全従業員も、気合の入る新店である。

<結城義晴>


3 件のコメント

  • 結城先生、毎日お疲れ様でございます。

    立教大学は今、とても美しい季節の様ですね。
    じつは15日、山口義行先生の日曜大学で立教を訪れます。

    分科会とシンポジウム、そして先生曰く「ハリーポッターの世界」のような学食での
    懇親会、とても楽しみです。

    では、お休みなさい。

  • 船村様 
    15日もきっと美しい立教キャンパスでしょう。
    たのしんでください。

    第一食堂もおっしゃる通り、
    ハリーポッターのような世界です。
    これも堪能して下さい。

    残念ながら私はその日、
    キャンパスにおりませんが。
    いつかお会いしたいですね。

  • 結城先生、ありがとうございます。
    明日、15日の日曜大学は大いに聞き、問い、つなぎたいと存じます。

    ここからはページをお借りして私信で恐縮です。皆さまどうかお許しを。

    昨年の秋、品川で行われた結城先生が出られた、日本インフォアグローバルさんの
    セミナーに自分はおりました。終了後、お声を掛けたかったのですが名刺交換の列が・・・
    遠くから拝見しておりました。お見受けしましたところ、片方の目がなんとなく・・・
    たしか緑内障を患っていらっしゃるとか。どうかご自愛のほどを。

    次回にお会いできます機会の際は、必ずやご挨拶いたします。

    では結城先生、皆さま。良き週末を!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.