結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年02月07日(金曜日)

市川猿翁の「温故知新」と石巻のヨークベニマル&イオンの復興

日経新聞『私の履歴書』は、
歌舞伎の市川猿翁。

昨年12月のフィリップ・コトラー、
新年1月の指揮者の小澤征爾。
そして今月がスーパー歌舞伎の猿翁。

第7回目の今日は、
「大学生活」。

猿翁は歌舞伎界では珍しく、
大学を卒業している。
慶応義塾大学文学部国文学科。
キャンパスライフを満喫。

しかし大学へ行き、
テレビを収録し、
舞台に出て、
映画を朝に撮る。
そんな「4本立ての生活」だった。

そして卒業論文のテーマは、
「演劇史における近松の位置と
その世話物作品の変遷」。

この中で良い新作の条件を三つあげる。
(1)人間性(不変なるもの)の描写の的確。

(2)人間をとりまく時代的環境の描写の的確。

(3)そしてこの両者の葛藤の描写の的確。

「これはやがて時が過つと立派な古典になる」

そして結論づける。
「守ることのみが伝統ではないのである。
守ると共に常に
新しいものを生み出さなければならない」

猿翁は、「温故知新」を言っている。
そしてInnovationを語ってもいる。

近松文学を研究して、
Innovationに至る。

おそらく、まとめて「書く」行為は、
初めてだったに違いない。
その処女作に、
すべてが込められている。

コトラーの最初の著書は、
『マーケティング・マネジメント』で、
それにすべてが凝縮されていた。

コトラーの時にも思ったが、
最初の作品は個人にとって、
極めて重大な意味を持つ。

恐ろしいほどだ。

さて、ちょっとした海外旅行?
そんな感じになってしまった東北視察。

その4日目は、
宮城県石巻地区。

20140208012017.jpg

津波で沿岸部はほとんど荒廃してしまった。
20140208091319.jpg

旧市街地でも、
閉店している店が多い。
壊れた建物もそのままだ。
20140208091431.jpg

こちらのショッピングセンターも、
撤去されずに残されたままだ。
20140208090041.jpg

それでも復興の兆しはある。
20140208010138.jpg

大打撃を受けた日本製紙の工場は、
いまやモクモクと煙を吐く。
20140208091543.jpg

石ノ森萬画館も復旧された。
20140208091627.jpg

でもこの冬一番の冷え込みで、
風が沁みる。
20140208010113.jpg
何事もなかったように、
空は澄み、雲が行く。

早朝のヨークベニマル中浦店。

ここまで、津波が押し寄せた。
20140208010154.jpg
今は改装がなされて、
何事もなかったように、甦る。

そして目的地は、
ヨークベニマル湊鹿妻店。
20140208040645.jpg

大津波に襲われ壊滅的な被害を受けた。

付近の住民500人は、
この店の屋上駐車場に避難し、
数日にわたって、救援を待った。

そのときの店長が物江信弘さん。
20140208010209.jpg

私は震災後の4月6日に訪れ、
物江店長の活躍をブログに書いた。

二人でそのブログを見ながら、
語り合った。
20140208010223.jpg

物江さんとの久しぶりの対面は、
うれしかった。
20140208010243.jpg
物江さんは新しい辞令を貰ったばかり。
仙北ゾーンマネジャー。
15店舗の統括。
もちろん湊鹿妻店も担当する。

私自身のことのようにうれしかった。

石巻ではもう一つ、
イオンモール石巻店を取材。
20140208091721.jpg

当時、仙台で勤務し、
震災対応をした鈴木茂伸さん。
現在はイオン本社の、
広報担当シニアマネジャー。
20140208010253.jpg

鈴木さんは石巻店の状況だけでなく、
宮城県や岩手県全体の被災について、
詳細に語ってくれた。
20140208091835.jpg

4日間の東北の取材旅行。
考えさせられることばかりだった。
20140210103656.JPG

自分の目で見る、
自分の耳で聞く。

ピーター・ドラッカーのポストモダンの七つの心得、
その第1条。

この大切さを、
あらためてしみじみと実感した。

そのすべてを、
月刊『商人舎』3月号で報告する。

Innovationが見えてくるはずだ。
ご期待いただきたい。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年5月12日(火)~18日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2014年2月
« 1月 3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.