結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2016年01月10日(日曜日)

ジジの死[日曜版〈ジジの気分〉最終回]

ジジです。
DSCN8963-5

1月4日、
午前11時49分。
ボクは、死にました。

横浜のおうちで。

生まれたのは、
2005年3月7日ですから、
生きたのは、
10歳10カ月でした。

昨年のクリスマスには、
ちょっと希望をもちました。

そのあと、大晦日もすぎて、
なんとか、お正月を、
むかえることができました。

でも、ボクは先天性の腎臓病。

最後の1週間は、
食べることができず、
点滴をしてもらいました。

それでも、
運命だとおもっています。

ボクは、死ぬのは、
こわくありませんでした。

「あなたが死をおそれるときは
死はまだきていない。
死がほんとうにきたとき
あなたはそこにいない。
だから死は、おそれるにあたらない」
〈エピクロス〉

ずっと、夢を見ていました。

その夢を見ながら、
死んでゆくのだとおもっていました。
DSCN8966-5

早朝、発作がでて、
あわてて病院にいきました。

そこで点滴をしてもらってから、
おうちに帰ってきて、
リビングのボクの寝床で、
みんなにかこまれて、
息をひきとりました。

おとうさんが最後まで、
みとってくれました。

1月4日の晩は、
通夜でした。

家族が集まって、
ボクのなきがらをかこんで、
献杯をしました。

それから一晩中、
ボクの話をしていました。

翌朝は、すっかり晴れていました。

9時から横浜・羽沢のちいさな葬祭場で、
火葬されました。

1時間で骨になって、
ボクは壺のなかにはいりました。

10年と10カ月のボクの一生。
悪くはなかったとおもいます。

ボクが生きたこと、
ボクが見たこと。

ボクが感じたこと、
ボクが考えたこと。

それはこのブログ『ジジの気分』に、
記されています。

毎週日曜日に、428回も、
書きつづけられました。

読んでくださる方がいたから、
ボクが生きている価値がありました。

ご愛読を、こころから感謝します。

さいごに、
保土谷のとおさん、
かあさん。
命をあたえてくれて、
ありがとう。

いもうとたち、
ありがとう。

ユウキヨシハルのおとうさん、
ほんとうに、ありがとう。

人間のおかあさん、
ありがとう。

おにいさん、おねえさん、
ありがとう。

亡くなったおじいさん、
ありがとう。

おばあさん、
げんきでいてください。

おばさんも、
ありがとう。

商人舎オフィスのみなさん、
ありがとう。

それから読者のみなさん、
ほんとうにほんとうに、
ありがとう。

ボクはしあわせでした。

さようなら。
DSCN8963-5

〈『ジジの気分』(未刊)より〉


6 件のコメント

  • ジジちゃんへ

    毎回日曜日はジジちゃんの写真、コメントが楽しみでした。
    可愛い仕草、凛とした仕草、色々とありがとう。
    天国でも家族、仲間と楽しく過ごして下さい。
    ありがとうね。

  • 宮本さん、ありがとうございます。
    どれだけ、ジジの写真を撮ったか、わかりません。
    すべてジジの自然な姿でした。

    きっと、幸せだっただろうと思います。
    10年10カ月の短い一生でしたが、
    それが、救いです。

  • ジジの死、読み終えて涙が出ました。
    御冥福をお祈りします。
    私も昨年、愛猫はなこ(チンチラ)とお別れをしました。
    私の家にもはなこの絵が飾ってあります。
    はなこは、私を少し優しい人間にしてくれました。
    ジジも先生との時間はとても幸せだったと思います。

    • 阿久津さん、ありがとう。
      はなこが阿久津さんを、
      優しい人間にしてくれた。

      いい話ですね。

      私も同じでした。

      私も幸せでした。

  • 何年ものあいだ、毎週欠かさず、
    「ジジの気分」を書いてくださって
    ありがとうございました。
    毎週、ジジ君の姿を見るのが楽しみでした。

    結城先生やご家族の皆様、
    大勢の方々に可愛がっていただいて、
    ジジ君も幸せな一生だったことと思います。
    最期まで大好きなご家族に見守られて、
    安心して静かな眠りについたことでしょう。

    結城家の皆様が、ジジ君との暮らしを思い返したとき、
    楽しい時間だったと感じてくだされば、
    私どもにとってこの上なく幸せなことでございます。

    長いことありがとうございました。

    • 山田奈々映さま、
      本当にありがとうございました。

      2005年の5月に山田家から、
      我が家にやってきたジジが、
      姉妹や父母よりも、
      先に逝ってしまいました。

      すみません。お詫びします。

      それでも、私たちはジジと暮らして、
      いつも幸せな日々を過ごしました。

      ジジに感謝しています。

      それから山田家のみなさんにも、
      心から感謝します。

      ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.