結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2016年01月30日(土曜日)

結城ゼミOB会新年会と「黒田バズーカ」のマイナス金利政策

毎月のことだが、
『AJSネットワーク』が届けられた。

私の連載は98回目。
「スーパーマーケット応援団長の辛口時評」DSCN7618-6
田尻一会長(サミット㈱社長)は今月、
いちやまマートを訪問。

それから京都のマツヤスーパーも登場。
ちょうど月刊『商人舎』1月号で取材したばかり。
最近、同社への見学者が増えているとか。

今日は今年最後の新年会。
立教大学大学院・結城ゼミOB会。
12592399_10207633796459624_6489294120361276118_n
会場は池袋のジェイドガーデンで、
まずは乾杯。

私の立教ビジネスデザイン研究科時代の、
ゼミ修了生は5年間で30人の所帯。

一人ひとり顔を見ると、
それぞれの修士論文が思い浮かぶ。

みんな紆余曲折の人生を歩んで、
さまざまに社会貢献してくれている。IMG_7707-6
それが何よりうれしい。

最後はカラオケで仕上げ。IMG_7719-6
私は1曲も歌わず語り合い、
そのあとはずっと眠っていた。

今週はなんだか疲れた。
この夜も酔い過ぎた。

さて、日銀の「黒田バズーカ」
日本銀行の黒田東彦総裁が、
「マイナス金利政策」を決定。

銀行の預け金に“手数料”を課す。
異常の金融政策。

日銀に眠っている銀行の預け金を、
民間経済に回して、
景気と物価をテコ入れするため。

黒田総裁は、物価2%のインフレターゲットのため、
「必要な場合は追加的な金融緩和措置を講じる」

具体的には、2月16日から、
銀行が日銀に新たに預ける分に、
マイナス0.1%の金利がつけられる。

つまりお金を預ける方が金利を支払う。
したがって銀行が日銀に預けると預金が減る。

そこで銀行は日銀に預けて預金を減らすよりも、
融資や株式投資などに資金を振り向ける。

そうすると企業の活動が活発になり、
収益が上がり、賃金が改善される。

つまり景気回復と物価上昇を実現させる。

さらに金利が下がれば、
金利差による円高圧力も和らぐ。

ただし、これでは銀行の収益力は低下する。
その結果、特に中小企業向け融資などが
抑えられる懸念がある。

そこで日銀は、
銀行が既に預けている預金には、
従来通り0.1%のプラス金利を付ける。

当たり前だが。

これは我が国としては初めてのことだが、
ヨーロッパでは欧州中央銀行(ECB)は、
一昨年、マイナス金利を採用している。

日本がヨーロッパと同じ政策を採るのは、
為替市場の矛先が円に集中するのを避けるため。

だから「必要な場合はさらに金利を引き下げる」

毎日新聞は巻頭の『余禄』で、
井原西鶴を引用した。
「世界にこわきものは
酒の酔と銀の利にて御座候」

そして結論。
「金利の正負逆転には
西鶴もびっくりだろうし、
市場の酔いをさまさぬよう
くり返される金融緩和には
何やら空恐ろしいものがある」

実感だ。

物価2%アップのインフレ目標のためなら、
打てる手は何でも打つ。
日経新聞は「劇薬の投与」と表現したが、
マイナス金利はまさに異常政策。
これが恒常政策となってはいけない。

日本の小売業ではやりの、
「異常値」売上げづくりの戦術なども、
恒常政策となってはいけない。

全体が売れることが必須だ。

目標は消費と経済の活性化。
我々もそれに貢献するという意味で、
全体が売れる仕事に、
まい進しなければなるまい。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.