結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年01月01日(金曜日)

2021年元旦のMessage「若返れ!」

新年は、
どんなときにも、
愛でたい。
2021年元旦。
2021-nenga-A
㈱商人舎の2021年賀状。
「一陽来復」

その2021年の標語。
若返れ!

時代と時代の節目のとき。
「断絶」を乗り切る武器は若い力である。
若さによってしか「時代の溝」は凌げない。
だから組織は若返るべきだ。

まず商人一人ひとりが自分を若返らせる。
さらにその商人の集団を若返らせる。
すると組織が若返る、会社が若返る。
産業全体が若返る。

コロナ禍によって生まれる「キャズム」は、
この2021年も継続する。
早ければ東京五輪までに片がつくか。
だが遅ければ2022年も続く。

その間に自らを刷新する。
「キャズム」を凌ぐ作業そのものが、
若返りにつながるような態勢をつくる。
若返りを前提にすべての経営戦略を策定する。

人を若返らせる。
店を若返らせる。
売場を若返らせる。
商品を若返らせる。

若さが「キャズム」を乗り越える
早さの鍵を握る。
若さが「キャズム」を凌ぐ
柔らかさの源である。

若さが「キャズム」を
ばねにする強さの礎である。
そして若さが
企業の生命線である。

人よ、若返れ。
店よ、若返れ。
売場よ、若返れ。
商品よ、若返れ。

コロナ禍による時代の節目のとき。
この「断絶」を乗り切る武器は若い力である。
失敗を恐れぬ力によってしか
「キャズム」は凌げない。

だから私たちは、
若返らねばならない。
〈結城義晴〉
????????????????????????????????????????????????????????????
今日、私は古希(こき)を迎えた。

杜甫の七言絶句「曲江」。

朝回日日典春衣
毎日江頭尽酔帰
酒債尋常行処有
人生七十古来稀

杜甫は唐の詩人。
中国文学史上最高の「詩聖」といわれる。
大酒家として有名だ。
41cUT4wqtlL._SX298_BO1,204,203,200_
李白は杜甫も尊敬した先輩で、
中国文学史上最高の「詩仙」と呼ばれた。

その李白は杜甫以上の大酒飲みだった。
杜甫は李白を歌った。

「李白一斗詩百篇」
李白は一斗の酒を飲む間に、
百篇の詩を詠んでしまう。

杜甫が曲江のほとりで酒を飲む。
その心持ちを描いたのが「曲江」。

「朝より回(かえ)りて、
日日(ひび)春衣(しゅんい)を典(てん)し、
毎日江頭(こうとう)
酔いを尽くして帰る。
酒債は尋常、行く処に有り。
人生七十 古来稀なり」

意味は、
勤め先の朝廷から戻ってくると、
日々、春着を質に入れて、
曲江のほとりで泥酔して帰る。
酒代の借金は常のことで、
行く先々にある。
人生七十まで生きるのは、
古くから稀(まれ)なことだ。

人生50年の時代の70歳は稀だ。
だからせいぜい、
楽しんでおきたいものだ。
それが杜甫の言いたいことだった。

古稀は数え年で70歳。

今朝、目覚めて思った。

行きたいと思ったところに行く、
見たいと思ったものを見る。

書きたいと思ったものを書く、
語りたいと思ったことを語る。

いつも感じる、
常に考える。

これが今年からの私の生き方だ。

今、COVID-19禍の第三波。
大きな断絶の時。

私はこれを「キャズム(溝)」と呼ぶ。

キャズムは昨2020年から、
今2021年、そして、
来2022年くらいまでの期間か。
従来とは全く異なる断絶の時。

そのキャズムを乗り切るのは、
なんといっても若い力だ。

若さこそが、
この時代を乗り切る力だ。

若さにある軽さ、
若さがつくる早さ、
若さがもつ柔らかさ、
若さが有する勢い。
結果として生まれる、
若さによる強さ。

だから老いも若きも若返ろう。

還暦も古稀も、
ちょっとだけ若返ろう。

喜寿(77歳)も傘寿(80歳)も、
米寿(88歳)、卒寿(90歳)、
そして白寿(99歳)も百寿(100歳)も、
ほんの少しだけでいい、
若返ろう。

それが「人生100年時代」の生き方だ。

同じように組織や会社は、
今年、若さを基準に経営しよう。
若返りを大前提に運営しよう。

流通産業も日本国も、
今年、若返らねばならない。

「若返れ!」

このMessageをもって、
2021年の[毎日更新]を宣言する。

〈結城義晴〉


2 件のコメント

  • 結城先生、新年あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願い致します。
    昨年2020年という年は、全てがシャッフルされた年だと思っています。
    そして今年はシャッフルの中から新たな新芽が芽吹く時。
    新たなチャンスを見出す時。
    今後ともよろしくお願い致します。

  • 大越さん、新年早々、ご投稿感謝。
    2020年はすべてがシャッフルされた。
    その通りですね。

    シャッフルの中から新芽が芽吹く。
    すんなりと芽吹くことができればいいのですが、
    そこにはいくつかのいびつな障害が待っています。

    その障害を一つひとつ丁寧にクリアする必要があります。

    その障害を取り除くことのできる、
    冷静な人は必須です。

    その意味で、チャンスでしょう。

    よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2021年1月
« 12月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.