結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年01月03日(日曜日)

1月3日「営業する店・休業する店」

餅つかずしめかざりせず松たてず
かゝる家にも正月はきつ
一休和尚が詠んだ狂歌。

中日新聞巻頭の「中日春秋」が、
元旦のコラムで取り上げた。
「お金がなくとも、にぎやかに飾らずとも、
やってくる。正月のありがたさよ」

帰省せず初詣せず遠出せず
こんな国にも正月はきた
なんてね。

一休宗純は室町時代の人。
アニメの「一休さん」などでおなじみだが、
臨済宗大徳寺派の僧侶だ。
51F-5pAxpjL._SX260_

今日1月3日。
営業する店、
休業する店。

たとえばスーパーマーケットでは、
㈱ライフコーポレーションは、
2日まで正月休業で、
今日の3日に初売りをした。

首都圏の㈱ヤオコーやサミット㈱は、
正月三が日を休業とした。

関西では㈱万代が、
コロナ前からずっと、
三が日休業をしている。

㈱ロピアは1月4日まで休業し、
5日から通常営業をする。

そのライフの今日は、
三密を避けつつ、
ソーシャルディスタンシングを堅持し、
それでも入場制限をした店も多かった。
ピーク時にはレジにも行列ができた。

たとえば東京・東中野では、
総合スーパーのライフ東中野店が、
サミットストア東中野店と、
激しい競争を展開しているが、
今日のライフは入場制限と行列。

初売りの盛り上がりもあるが、
サミットが休業しているからでもある。

川崎市のライフでも入場制限と行列。

1月3日に関しては、
明暗が分かれた。

元旦も営業する店、
元旦は休業して2日から営業する店、
3日から初売りする店。
そして三が日を休業する店。

かつての㈱イトーヨーカ堂グループでは、
グループの業態ごとに、
実に面白い現象が生まれた。

元旦に一番活躍したのが、
24時間365日の業態、
コンビニのセブン‐イレブンだった。

2日はお節料理に飽きた顧客に、
ファミリーレストランのデニーズが、
顧客の人気を博した。

3日はお年玉で買物に来る顧客に、
百貨店のロビンソンや、
ディスカウントストアのダイクマが、
大歓迎された。

ロビンソンはそごう・西武に吸収され、
ダイクマはヤマダ電機に売却されたが。

総合スーパーのイトーヨーカ堂は、
三が日明けの4日あたりから、
主役の座に座った。

そしてスーパーマーケットは、
一番日常生活に密着しているから、
最後に5日くらいから売れ始めた。
ヨークベニマルやヨークマートだ。

業態ごとの社会的機能や役割が、
正月明けの1日ごとに変化して、
それぞれに主役となる業態があった。

イトーヨーカ堂グループ各企業は、
セブン&アイ・ホールディングスの、
事業会社となった。

そしてその圧倒的中核企業は、
イトーヨーカ堂から、
セブン-イレブンに変わった。

そうなるとセブン-イレブンにとって、
一番大切な存在が、
すべての意志決定の基準となった。

コンビニの加盟店である。

加盟店は365日24時間仕事をしている。
だからセブン&アイ各社も、
それに準じることとなった。

ほとんどすべての業態が、
限りなく365日営業に近づき、
そのため元旦営業となった。

新型コロナウイルス感染拡大が、
このセブン&アイの全体像を変えている。

イトーヨーカドーは、
16店舗が1月1日に休業したが、
残りの店舗は営業した。

百貨店のそごう・西武は、
例年通り、元日から営業する。

コンビニのセブン-イレブンは、
昨年は都内直営50店舗で元日休業したが、
今年は通常営業した。

スーパーマーケットでは、
ヨークベニマルは7店舗だけ、
元日休業し、あとは全店営業した。

ヨークマートも35店舗が元日休業し、
他は営業した。

ライフやヤオコー、サミット、万代とは、
セブン&アイのスーパーマーケットは、
違う方針を持っている。

総合スーパーでは、
イオンが原則的に元日も営業した。
仙台市内の5店舗だけが、
条例に基づいて元日休業した。
イオンモールも営業した。
これはイトーヨーカ堂と同じだ。

百貨店は三越伊勢丹や高島屋、
大丸松坂屋百貨店、松屋、東武百貨店が、
例年通り全店で元日に休業した。
そごう・西武と同じ。

コンビニでは、
ローソンが原則的に元日も営業したが、
個店の事情に応じて休業した。

ファミリーマートは、
「店長ヘルプ制度」を運用した。
休暇を取得したいオーナーの代わりに、
本部社員が業務を代行する。

正月元旦、2日、三が日の営業は、
それぞれの業態のなかでも、
様々に変容している。

それはむしろいいことだと思う。

そしてロピアのように、
4日まで休業する企業もあっていい。

ただしライフとサミットのように、
目の前で大繁盛を見せつけられると、
検討課題として上げってくるかもしれない。

働き方改革と売上げや利益。

商人舎11月号。
特別企画「コロナ禍の2021Marketing」
202011_contents-448x596

その結城義晴の提言。
「キャズム」のなかの「トレード・オン」
202011_maegaki0

正月の働き方と売上げ・利益においても、
二律背反の問題解決の「トレード・オン」が、
必要となってくる。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.