結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2024年02月01日(木曜日)

トヨタの不正に対する新聞社説2題とヨーカ堂の「早期退職募集」

一月、往ぬる。
二月、逃げる。

2月に入った。

慌てず、急げ。

2月末決算の会社は年度末の1カ月。
3月末決算の会社は第4四半期の詰めの時期。

私も2月は忙しい。

今週から来週までは、
月刊商人舎2月号の執筆と入稿。

2月9日から17日まで、
再びニューヨーク。

そのあとも講演や取締役会が続いて、
再び月刊商人舎3月号の入稿。

その間に、単行本の執筆が佳境に入ってくる。

考えるだけで気持ちが急かされる。

こんなときこそ、
今日も一日、慌てず、急げ。

さてトヨタの問題。
昨日のブログで書いたら、
今日の新聞2紙が社説で論じた。

日経新聞社説。
「トヨタ主導で
グループの不正を断ち切れ」

「巨大企業グループの信頼を
根底から揺るがす異常事態が
次々と明らかになっている。
トヨタグループは膿(うみ)出し切り、
不正を断ち切らねばならない」

豊田章男会長。
さらなる不正が発覚する可能性を問われて、
「私が知っているかぎりない」
714P9FdjM3L._SL1433_

社説。
「問題解決を各社任せにしてはならず、
豊田会長を筆頭とするトヨタ経営陣が
グループ全体の改革を責任をもって
主導していくべきだ」

「統治体制の総点検を含めた
包括的な再発防止策が求められる」

ん~。

モグラたたきのような、
再発防止策で収まるのか。

私は大企業病そものの問題だと思うが。

一方、読売新聞の社説。
「トヨタ出荷停止
グループ統治問う深刻な不正」

「トヨタは、コストや納期に
厳格な効率経営で知られる。
そうした『トヨタ流』が、
グループ企業の不正を招いた面はなかったか」

こちらは私の見方に近い。

豊田会長。
「グループ各社が、
ものづくりで社会貢献するという
創業の原点を見失っていたと謝罪した」

「グループ全体で、
経営陣と製造現場の意思疎通を密にするなど、
トヨタが主導して、
企業統治の改革を断行せねばならない」

ん~、これもちょっと違和感がある。

経営陣と製造現場の意思疎通を密にしても、
ミッションやビジョンが本音で共有されねば、
不正はカビのようにはびこる。

豊田章男さん自身が言うように、
創業の原点である「社会貢献」の本質をこそ、
年がら年中、語り合っていなければならない。

親会社、子会社の意識も、
社会貢献のミッションによって、
消し去らねばならない。

不正は社会貢献と正反対であることは、
わかっているはずなのだから。

さて、
イトーヨーカ堂の早期退職募集の件。

日経新聞電子版が昨日から報じていた。
「ヨーカ堂、早期退職募集」

私のところには1月中旬に情報が入った。

「45歳以上の正社員を対象に、
2月末までに希望者を募る」

昨年9月に、
旧イトーヨーカ堂と㈱ヨークが合併した。
合併前の旧ヨーカ堂の正社員は5635人。
今回の募集対象となる45歳以上は、
1000人以上。

今回は「特別転進支援」を実施して、
退職金を割り増しする。
年代別にレートが発表されている。

「人員削減が目的ではない」としているが、
それ以外の理由は考えられない。

23年2月期の労働分配率は39.5%だった。
26年2月期までに32.7%まで引き下げる。

これまでにも人員削減をやってきた。

2012年には正社員8600人を半減し、
店舗運営の9割をパート社員で賄う方針。

2019年にも店舗閉鎖などとともに、
22年度末までに1700人減らす計画を発表した。

今回は24年夏までに本社も移転する。
店舗に併設された本社になる。

ヨーカ堂の23年上半期は70億円の赤字だ。
26年2月末までに店舗数は2割超減らされる。
アパレル事業からは撤退する。

何が何でも営業黒字転換を目指す。

その一方で今日は、
セブン&アイ全体のトップや幹部の、
新人事が発表された。

イトーヨーカ堂も体制が変わる。

商人舎流通SuperNews。
セブン&アイnews|
3/1付役員人事/ベニマルは大髙耕一路専務が社長昇格

ヨークベニマル新社長に、
大髙耕一路専務が昇格する。

大いに期待したいところだ。

しかしイトーヨーカ堂の場合は、
早期退職がすっぱ抜かれたタイミングで、
幹部人事が発表された。

社内の空気はどうなっているか。
故人となった伊藤雅俊さんは、
どう見ているだろうか。

月刊商人舎2023年7月号。
「伊藤雅俊お別れの会」の鈴木敏文氏の弔辞
202307_suzuki
「あなたが生み出した事業を通じて育まれた、多くの商売の遺伝子は、これからも新たな器に出会い、広がっていくことでしょう。 私は、あなたと共に仕事をし、歩んできたこの歳月を誇りに感じています。 そして、いまあなたに心よりの感謝の言葉を贈りたいと思います。伊藤さん、ありがとうございました。 そして、安らかにお眠りください」

202307_ito (1)
伊藤雅俊の商売の遺伝子。
絶対に失ってはならない。

これだけは何度でも言っておく。

〈結城義晴〉


2 件のコメント

  • ”これからも、広がっていくことでしょう。”
    ではなく、
    ”これからも新たな器に出会い、広がっていくことでしょう。”という
    コトバを使ったところに
    鈴木さんの
    複雑な心境が吐露されていたと言ったら
    皮肉でしょうか。

    日本には、
    ハトのマークは、
    1つではないので大丈夫です♪

  • 小売りラブ♪さま

    ありがとうございます。
    鈴木さんのメッセージは、
    言葉を選び抜いて書かれています。

    それだけ奥が深いことを考え、
    やってきたということです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「満員御礼」
「月刊商人舎」購読者専用サイト
月刊商人舎 今月号
商人舎 流通スーパーニュース
月刊商人舎magazine Facebook

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
チェーンストア産業ビジョン

結城義晴・著


コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
2024年2月
« 1月 3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人のためのリンク集

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.