結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2024年02月11日(日曜日)

ロピア研修第3団の2日目はニュージャージーとブロードウェイ

日本は建国記念の日。
その3連休。

建国記念の日の祝日は、
戦前までは「紀元節」だった。

その紀元節は、
「日本書紀」で神武天皇が即位した日とされる。
神話の世界の話だが紀元前660年1月1日。
これは旧暦だから、明治時代になって、
グレゴリオ暦に変えて2月11日となった。

だから建国記念の日は、
中国などで行われる「春節」と近い。
春節は旧暦の元日である。
今年の春節は2月10日。

アメリカでも中国人の多いエリアでは、
春節をプロモーションテーマにする。

ザ・ニューヨーカー・ウィズダム。
今年のロピア研修会の宿泊ホテル。
ミッドタウンにあって、
ペンシルバニア駅があり、
マディソンスクエアガーデンがある。
メイシーズ本店も近くにある。
IMG_2818

2階のホールで、
朝8時から最初の講義。

初めにロピアの経営理念の唱和、
そして接客七大用語。IMG_2806

ロピアでは社員が集合したときに、
必ずこの唱和が行われる。IMG_2807

リーダー役が先導して、
そのあとで全員が繰り返す。IMG_2810

唱和が終わると、
結城義晴の第1回講義。IMG_2816

まず米国小売業から学ぶために、
知っておかねばならないことを説明する。

それから視察店舗の企業の特長。
そしてその位置づけ。IMG_2827

10時までの2時間講義。
ロピアの企業コンセプトや、
ストアフォーマットと絡めて、
結城義晴の戦略論を語る。IMG_2835

10時に講義を終えると専用バスに乗り込む。
ハドソン川をくぐって、
ニュージャージー州へ。

ウェグマンズ。IMG_2995

青果部門の導入部には、
バレンタインプロモーション。 IMG_2970

一丁目一番地の売場で、
強烈なファーストインプレッションを与える。
IMG_2864

バルーンを使って、切り花を売り込む。IMG_2922

 

カットフルーツコーナーでも、
バレンタインがテーマ。 IMG_2890

もう一つの販促テーマは、
スーパーボウル。
アメリカンフットボールのNFLで、
2023年シーズンの年間王者を決定する。
ウェグマンズの合言葉は「For the Win」

明日の2月11日に行われる。
全米ナンバー1のスポーツイベントだ。
58回目を迎えて、
すべてのアメリカ人が、
このイベントを楽しむ。
IMG_2919

スタジアムで楽しめる人はほんの一握り。
大抵は家でTV観賞する。
その際のデリや調理済み食品、
スナックなどを品揃えする。IMG_2958

サンドイッチの大容量サイズ。
大きな丸型容器に、
花が開いたように盛り付ける。IMG_2959

ミールキットメニューを揃える。
焼くだけ、あるいはオーブンに入れるだけ。
しかも、ファミリーパックサイズ。IMG_2886

スナック売場のスーパーボウルの仕掛け。IMG_2080

足元はフィールドコートの演出。IMG_2081

レジにもバルーンを掲げて、
プロモーションを盛り上げる。IMG_2924

私たちはリカーショップで、
インタビュー。
IMG_2973

店長はいわく、
「今、トレンドはビールのカクテル」。
それを試飲をさせてくれた。IMG_2980

全員でウェグマンズのロゴの前で記念撮影。IMG_2989

やはりウェグマンズはいい。
大満足。
IMG_2993

車内ではオレオクッキーと、
オレオ仕様のウェグマンズのPBを試食。IMG_2999

ショップライト。
ボランタリーチェーンだが、
この店はその中でも最高峰。IMG_3001

入口を入った導入部ではやはり、
スーパーボウルのプロモーション。IMG_2086

「Great For Game Day」
サンドイッチやチキンウィング。IMG_2087

アメフトボールの形をしたケーキ。
IMG_E3004

売場に入ると、
バレンタインプロモーション。IMG_2092

インストアベーカリーでも
華やかなプレゼンテーション。IMG_2093

スーパーボール向けのカップケーキ。
丁寧な商品づくりだ。IMG_E3011

青果部門はウェグマンズほどではないが、
力の入った品ぞろえだ。
IMG_20944

私はランチにスモークブリスケットを、
ハーフポンド注文した。IMG_2098

スライスしてもらって、
イートインスペースで寿司と食べた。
醤油をかけたらうまかった。IMG_3019

ショップ&ライトの向かい側に、
リドル。
ドイツのボックスストア。
リミテッドアソートメントストアで、
アルディのライバル。IMG_2129
格安のプライベートブランドを開発する。

入口ではこちらもスーパーボウル販促。IMG_3022

さらに入ると、
バレンタインのブーケ。
ボックスストアでも、
プロモーションテーマをしっかり打ち出す。IMG_3023

売場の導入部にあるのが、
インストアベーカリー。
オリジナルの什器で販売する。
団員たちは購入して試食。

1個が79セント、89セント。
結構うまい。
IMG_2110

今週のお買い得品コーナーで、
バレンタインチョコの展開。IMG_2118

アルディよりも生鮮が充実している。
IMG_21204

店の真ん中には平台の非食品売場。
水曜日に新商品が届く。
それらはすべて、
売り切れ御免のポップアップ販売。
これがリドルの特長だ。IMG_21243

さらに、
ストップ&ショップ。
東海岸のローカルチェーン。
オランダのアホールドデレーズに買収された。

ニューヨーク市では、
ショップライトに次いで、
2位の市場シェアをもつ。IMG_2130

入口の切り花はもちろん、
バレンタイン。
IMG_2131

しかし売場には割引セールのPOPが氾濫。

1個買えば、1個タダでもらえる販促。
コンベンショナルなスーパーマーケットが、
ほかにやることがないから展開する売り方だ。IMG_2134

エブリデーロープライスの後ろでは、
セール、セールのPOP。
自己矛盾。
IMG_2146

こちらの売場は、
カテゴリーごと欠品だらけ。
補充もされていない。IMG_2148

コンベンショナルなスーパーマーケット視察も、
とんがりの意味を考えるときに役に立つ。

マンハッタンに戻る前に、ちょっと観光。
対岸の摩天楼が見えるハミルトンパーク。IMG_2158

ラブラブロピア♪で記念写真。IMG_3054 - frame at 0m3s

マンハッタンに戻って、
アッパータウンへ。
ブロード沿いの店舗を見て回る。

ゼイバース。
たった1店舗だけだが、
常連顧客に支えられて繁盛している。IMG_3057

入口のささやかなバレンタイン向けの切り花。IMG_3061

チョコレートコーナー。
棚に赤いハート形のモチーフを飾るだけ。
シンプルだ。
IMG_2166

バレンタインもスーパーボウルも、
あまり意識していない。
いつものゼイバースだ。

世界中から集められたチーズの売場は圧巻。IMG_2165

フィッシュスモークが特徴。
ゼイバースの強みの一つだ。IMG_2168

パンの種類も豊富。IMG_2169

2階にキッチン用品などの雑貨を品揃えする。
階段の踊り場では、
ゼイバースブランド商品を陳列。
エコバックやマグカップ。IMG_2161

団員たちも、
お土産としてずいぶん購入していた。

隣接しているゼイバースカフェ。
ここでも団員たちが行列している。
IMG_2172

少し南下すると、
シタレラ。
IMG_2175

ニューヨークデリを対面で販売する。IMG_2177

魚屋出身とあって、
魚種も豊富だ。
もちろん対面販売。

魚のしっぽだけデザインされた壁面が面白い。IMG_2180

対面のミート売場。IMG_2181

団員からは「値段が高い」の声。
その通り。

アッパータウンの高所得者層を、
メイン顧客にして生き残る。

シタレラと並ぶように、
フェアウェイマーケット。IMG_3086

店舗の外側、道路に面して、
簡単な囲いを付けて、
お買い得品コーナーを設ける。IMG_2182

切り花もこの一角にある。IMG_3103

フェアウェイは青果が強い。
しかし10年前に比べると、
ずいぶん商品陳列量が減った。IMG_2184

対面のデリ売場。
シタレラとも違う、
独特の味付けで競い合う。
IMG_2189

量り売りのオリーブバー。
これだけの種類を揃える。IMG_2191

棚には商品がぎっしり。
ニューヨーカーの多様なニーズに応える。IMG_2193

シタレラが高所得者狙いなら、
フェアウェイマーケットは幅広い客層を狙う。

最後の視察店は
トレーダー・ジョー。IMG_3105

地下1階・2階の2層店舗。
トレーダー・ジョーが出店して、
周辺のスーパーマーケットは、
大きな影響を受けた。
このエリアの一番店だ。

地下1階の青果売場の先頭に、
バレンタインブーケ。IMG_3111

ベーカリー売場のバレンタインコーナー。
チョコやクッキーなどが並ぶ。IMG_3114

壁面のイラストが変わった。IMG_22044


夕方5時ごろになると、
冷凍食品は品切れを起こしてくる。

それでも一番人気は欠品させない。
「殿堂入り」したマンダリンチキンオレンジ。
IMG_2212

ゼイバースもトレーダー・ジョーも、
スーパーボウルやバレンタインの販促は、
控えめだ。

隣のデュアンリード。
ニューヨーク発祥のドラッグストアチェーン。
現在はウォルグリーン傘下。IMG_2217

アメリカのドラッグストアは、
日本のコンビニエンスストアの役割を兼ねる。

1階のコンビニ売場には、
ちょっとだけバルーンを揚げて、
バレンタイン販促。
IMG_2219

視察研修2日目はニュージャージーから、
マンハッタンまで。

今日は最高気温が15度で春のような陽気。
視察日和だった。

夜は団長の井上裕一さんを囲んで
日本食レストランで会食。
井上さんはロピア九州営業本部長。
コーディネーターの浅野秀二さん、
現地ガイドの富澤由紀子さんと、
商人舎GM亀谷しづえの5人。IMG_3130

朝の講義から始まって、
車中講義を続けた、長い1日だった。
少し疲れた。

それでも充実したロピアNYC研修。
一人ひとりが目に見えるように成長している。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「満員御礼」
「月刊商人舎」購読者専用サイト
月刊商人舎 今月号
商人舎 流通スーパーニュース
月刊商人舎magazine Facebook

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
チェーンストア産業ビジョン

結城義晴・著


コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
2024年2月
« 1月 3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人のためのリンク集

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.