結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2024年02月12日(月曜日)

ロピアNYC研修第3陣のWegmans/EATALY/Whole Foods

ロピア2024ニューヨーク研修第3陣。
視察も最終日。

朝8時から恒例の結城義晴の講義。
全員が集まったら時間前でも始める。

初めにロピアの理念と7大用語の唱和。
IMG_3135

リーダーが元気よく、皆をリードする。IMG_3133

講義の前に井上裕一団長のあいさつ。
ロピア九州営業本部長。
IMG_3141

井上さんは商人舎の海外視察にも、
何度も参加している。

ニューヨークで学んだことを、
一つでもいいから、
現場で実践してほしいとエール。

そして講義。
IMG_3143

はじめに「商人の本籍地と現住所」の話をした。IMG_3146

ロピアは中途採用者やスカウト組が多い。
つまり異なる本籍地をもつ者が多数在籍する。
「人材の多様性」が特長の組織である。

それぞれの本籍地で学んだことを大切にしつつ、
現住所のロピアで躍動してほしい。

2日目の講義は、
ロピアの経営戦略の根幹となっている理論を、
ロピアの事情に合わせて語る。

レース型競争とコンテスト型競争、
寡占・鼎占・複占と範囲の経済。
マーケットリーダーと、
マーケットチャレンジャー、
フォロワーとニッチャー。

そして業種・業態とフォーマット。
ポジショニング戦略。

アメリカの現物を見せた後で、
理論を説明すると、
日本で講義をするよりも、
はるかに理解が進む。

第3陣だから三度目の講義だ。
しかし同じ話を三回繰り返すわけではない。

それぞれにチームの理解度を測りながら、
強調するところ、繰り返すところなど、
ポイントを変えて講義をする。
IMG_3153

ホールフーズの元副社長ウォルター・ロブの言葉。
「私たちはマーケットシェアの概念の代わりに、
マインドシェアを使っています。
マインドシェアとは顧客の心の中に占める、
ホールフーズの占有率です」

これこそロピアの戦略だ。

最後の最後は、
ポジショニング戦略10の決め手。
その第1の決め手。
「変化が激しくなるほど、
変わらないものの価値は上がる」

講義が終わると、ちょっとだけ観光。IMG_3161

遠くに自由の女神が見える。 IMG_3158

9・11メモリアル。
ワンワールドトレードセンター。
IMG_2239

2001年の世界貿易センターの同時多発テロでは、
ツインタワーにいた3000人ほどの人が亡くなった。
グラウンドゼロの慰霊プールには、
犠牲になった一人ひとりの名前が刻まれている。
IMG_2240

そしてワールドトレードセンター駅のオキュラス。
IMG_2241

世界一美しい駅舎と言われる。
そこで静かに記念撮影。
IMG_3166

短い観光を終えて、
向かったのは、
ウェマンズ。
ワナメイカー百貨店跡地のビル。
1階と地下1階が売場の2層店舗。
IMG_3177

昨日はウェグマンズの郊外店を見た。
今日はマンハッタン進出1号店、
大都市型の店舗を学び。IMG_3174

真っ先に「SAKANAYA」責任者の、
エイドリアンさんにインタビュー。
日本の魚屋をマンハッタンで再現した。
IMG_3182

彼は本当に勉強熱心で、
ウェグマンズで働くことに、
強い使命感をもっている。
IMG_2243

いつも違ったエピソードを交えて、
面白く話してくれる。
団員の質問にも丁寧に答える好青年だ。

ロピアから彼に感謝の意を込めて、
ロピタ君をプレゼント。IMG_3203

マシュー店長と、
現地コーディネーターの浅野秀二さんと。
IMG_241024

そして早速、売場に飾ってくれた。
IMG_2258

休日の今日はマグロの解体ショーが行われる。
エイドリアンさん自ら包丁を握り、
ショー化されたプレゼンテーションを展開する。

みごとな完全養殖の本マグロが、
解体ショーを待っている。
IMG_2256

ロピアの面々も、
売場づくりや商品を丹念に観察する。IMG_3206

今夜は全米ナンバー1のイベント、
「スーパーボウル」が開催される。
食品を買って自宅でTV観賞する人、
スポーツバーで応援する人。
昼にもかかわらず、
自宅派の買い出し客でレジには長蛇の列。
IMG_3218

車中では店舗を見た後の解説講義をする。
これによって理解が深まるし、
見解が集約される。IMG_3220

次に向かったのは、
イータリー。
マンハッタン1号店。IMG_2306

美しいカゴ盛りの柑橘類。 IMG_3225

青果売場はイタリアの八百屋風で、
コンパクトだ。
白い什器使いで商品が映える。IMG_3227

EATALYは、EATとITALYを合わせた造語。
イタリア料理を食べさせ、
イタリア食材を売る店だ。

店内にはさまざまなレストランがある。IMG_3233

パスタとワインを提供する店。IMG_3235

テーブルの上で生パスタをつくっている、
その作業を鏡に反射させて、顧客に見せる。
IMG_3236

食べる、買う、学ぶ。
食堂であり、市場であり、学校である。
それがイータリーのコンセプトだ。

私はカフェで一休み。IMG_3250

カプチーノと小さなケーキをいただいた。IMG_3246

最後はハドソンヤードへ。IMG_2330

その一角のオフィスビルに、
ホールフーズが出店した。IMG_2308

1階のエスカレーターのところに、
美しいバナナとリンゴの陳列。
そしてバレンタインプロモーション。
IMG_2309

都市型店舗として、
全体に白を基調にして、
洗練されたデザインを施す。IMG_2316

バナナ売場もユニークだ。
ウェグマンズが市場風ならば、
ホールフーズはアーティスティック。
そんなプレゼンテーションの違いがある。IMG_2318

シーフード売場は対面方式の平冷蔵ケース。
これもウェグマンズの魚屋とは対比的だ。
IMG_2312

レジは完全セルフ。
アメリカのスーパーマーケットではもう、
当たり前になってきた。IMG_2328

ホールフーズには、
広いイートインコーナーがある。
これがウェグマンズ・アスタープレイス店と、
大きな違いとなっている。

団員たちはホールフーズで買ったスープやデリと、
持ち込んだウェグマンズの寿司やデリでランチ。
IMG_3254

大きな口でかぶりつく。
IMG_3258

おいしい顔をどうぞ。
IMG_3259

「おいしい?」IMG_3256

みんなポーズをとってくれた。IMG_3260

こうして最終日の視察は終了した。

ホテルに戻ると、
いよいよ自由研修時間。

トレーダー・ジョーや、
ホールフーズを巡るもよし。
メイシーズで買い物するもよし。
メトロポリタン美術館の鑑賞もよし、
五番街散策もよし。

大いにニューヨークを楽しんでほしい。
(つづきます)

〈結城義晴〉


2 件のコメント

  • ロピアさんの
    多様性は強さですね。

    店に行くと
    よく分かります。

    店ごとに、
    ナイス感が、
    かなり違います。、

    アメリカの店は、
    クールで、
    きれいです。、

    ”変わらないものの価値.”

    という
    空気を学ぶなら、
    わたしは
    フランスも好きです。

    • 小売りラブ♪さま

      いつも、ありがとうございます。
      私もフランス、大好きです。

      昔、パリで行われるシアルという大きなフェアで、
      ヒット商品コンクールの日本代表委員をやっていました。

      ずいぶん、フランスにも行きました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「満員御礼」
「月刊商人舎」購読者専用サイト
月刊商人舎 今月号
商人舎 流通スーパーニュース
月刊商人舎magazine Facebook

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
チェーンストア産業ビジョン

結城義晴・著


コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
2024年2月
« 1月 3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人のためのリンク集

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.