結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年02月08日(金曜日)

結城義晴、自問自答「自分を変えることについて」

自分が変わらなければ、
会社は変わらない。

自分が変わらなければ、
相手は変わらない。

自分が変わらなければ、
社会を変えることなどとんでもない。

影法師

しかし、自分は自分である。
自分を変えたくない、という自分が、
当然ながらでんと、座っている。

そんなときのために、
会社のビジョンはある。
企業の理念はある。

別に、個人としての自分が変わるか否かは、
それこそ自分の問題でよい。

しかし、仕事をする自分である限り、
会社を、店をやっている自分である限り、
弱音を吐いてはいけないし、
自分を変え続けねばならない。

イノベーションし続けねばならない。
顧客のために、会社のために。

それができない者、
それをしようとしない者を、
「悪しき職人」という。

この「職人」という言葉、
とても難しい。
使い方が。

日本のスーパーマーケットの、
とりわけ生鮮食品の世界では、
かつて「職人」が存在した。

中には、自己変革をし続ける「職人」もいたし、
イノベーションを拒否した「職人」もいた。

一つの言葉には、
必ず、良い面と悪い面がある。

現在、かつての「職人」がやっていた仕事は、
ほとんど女性パートタイマーによって遂行されている。

会社の中には「出来高評価の仕事」と
「出来映え評価」の仕事がある。

スーパーマーケットのオペレーションを変えるとき、
この出来高評価の仕事は、
単純化、標準化していかねばならなかった。

すべての職人が、最初は、これに反抗した。

しかし、標準化の必要性が認識されてくると、
職人は二手に分かれた。

変革を受け入れ、
それを積極的に推進しようとするイノベーターと、
それを阻止しようとする「職人」とに。

自分を変えるとき、
この「職人論義」は重要である。

ただし出来映え評価の仕事には、
今でも、職人的な技術が要求される。
「匠の技」と言ったりするが、
それが不可欠だ。

ここにも、コモディティとノンコモディティの概念分岐が、
顔を出す。

コモディティは、職人否定か。
ノンコモディティは職人肯定か。

いずれにしても、
自分を変えることを拒否する者は、
会社を変えることはできない。

個人の生活では、わざわざ自分を変える必要はない。
それは自分に任されている。
それだけは確かだ。
<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
2008年2月
« 1月 3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.