結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年02月29日(金曜日)

イオンの新中期計画の骨子を読み取る

桜の枝が、桃色になってきた。
いよいよ春。
芽吹く
今日は、2月29日。
うるう年の、1日多い日。

今日の一日、大切に。
感謝を忘れずに。

太陽暦は、
紀元前のローマで、
ユリウス・カエサルがつくった。

私が、最も好きな歴史上の人物。
その太陽暦の矛盾を補うのが、
4年に1日の今日。

だから私は、ほかの人以上に、
今日を大切にする。

皆さんも。

 

さて、イオンは昨28日、
新しい中期3カ年計画の基本方針を発表した。

イオンの「中計」は、
日本の商業全体に影響を与える。
ウォルマートのそれは、
アメリカの経済全体に影響を与える。

「まだまだ、です」
イオンタワー
中期計画は、3年でなくともよい。
4年でも、5年でも。
ただし、それが連続していなければならない。
そして、中期計画ごとに、
明確な方針がなければならない。

2009年2月からの新中期計画の基本方針を、
その実施の1年前に、内外に発表する。
この姿勢はよい。

だから、日経新聞、朝日新聞などの
「今期下方修正」という記事との抱き合わせは、
中期計画の本質をあいまいにしてしまって残念。

イオンは「緩やかな連帯」を標榜してきた。
いまやグループ企業160社。
それを「堅い一枚岩」にする。
そのために、純粋持株会社に移行する。

ずっと拡大路線をとってきた。
それを収益体質にする。

グループのマーチャンダイジング力を強化する。
共同仕入れ、プライベートブランドを充実させる。

そして投資は、アジアに振り向ける
すなわち国際化をさらに進める。

こんなところが骨子である。

至極全うな基本方針。

日本の商業・消費財産業に大きな影響を与える。
しかし、まことに残念ながら、
日本経済に決定的な影響を及ぼすところまでには、
至っていない。

「日本商業の現代化」を標榜する私としては、
誠に残念ながら。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
2008年2月
« 1月 3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.