結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年12月02日(火曜日)

地球環境の番犬ロボット「サム」君、商人舎に登場。環境問題を考える

昨日は、環境がらみの日だった。

まず、「サム」君。
サムクン1
商人舎オフィスにやってきた。
家庭用ゴミ処理ロボット。

頭をぱっくり開けると、
中にバイオ菌が入っている。
サムクン2
コーヒーの粉のように見える。
特殊なバイオ菌。
「中島菌」と呼ばれている。

通常のバイオ菌は、コップ一杯180CCに10億ある。
それがこの中島菌は、1円玉1個の容量の中に7億から10億ある。

それが、生ゴミやペットのフンを短時間で食いつくす。
水と炭酸ガスに変える。
しかも臭いが出ない。

これによって、ゴミ処理に使われるCO2とダイオキシンが、
削減される。

そこで、実験。
コンビニのお弁当。
samukunn3

もったいないけれど、サム君の中に入れる。
samukunn 4

そして、待つこと30分。

商人舎ファミリーの(株)ブルーチップの宮本洋一常務、
同じく新任の松浦克幸常務、
そしてビーエスエス(株)エコ事業部チーフの室芳久さん。
宮本さんはビーエスエスの社長も兼ねていて、
この会社が「サム」君の販売総代理店。

サム君はペットのフンも食べてくれるので、
結城家のジジにプレゼントしてくれることになった。

いわば、ジジとユウキヨシハルが、モニター。
その記念すべき第一号。

説明を聞きながら、30分。
サムクン5
お弁当のご飯、おかずなどは、
見事に消えた。

30分では、少し、鶏肉などが残る。
しかしこれも、2時間くらいで、完全に水と炭酸ガスになる。
サムクン6
さまざまな注意事項があって、
サム君も万能ではない。
しかし、その効果を試してみる価値は十分にある。

ジジとのご対面は、本日。
日曜版でご披露の予定。

サム君を囲んで全員で記念写真。
samukunn7

昨日はもうひとつ、環境問題。
13時30分から東京・丸の内の日本工業倶楽部2階大会堂。
(財)有機質資源再生センター主催第1回シンポジウム。

同財団(平冨郎理事長)は、2000年に設立され、
有機性廃棄物を利用可能な資源として再生し、
廃棄物の資源循環及び地球温暖化の防止に貢献することを、
目的としている。
そして2002年から食品循環資源リサイクル活動を進めて来た。

本シンポジウムは、この活動の一層の促進を目指して開催された。

テーマは、
「ストップ・ザ・地球温暖化」

バイオマス資源の利活用によって循環型社会構築を目指している。

はじめに平冨郎理事長より挨拶。

「関係業界あげて、
バイオマス循環型社会構築に、
努力していきたい」

4時間に及ぶ講演とパネルディスカッションは、
第1部基調講演、
第2部現場からの事例報告。
第3部のパネルディスカッションでは、7人の講師が登壇、
有機質資源の飼料化、エネルギー化をテーマに、
活発な討論が展開された。

参加者は小売り、卸、メーカーなど、
およそ130名、21世紀最大のテーマについて熱心に聴講した。

「この目の前のゴミを一つ拾う。
それで地球からゴミが一つ減る」

この精神で、私たちの地球の「高温化」に対処しなければならない。

宮本さん、平さんに、
感謝。

「右、左、上、下。
どっちを向いても感謝(水口健次)」

商人舎12月の標語。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.