結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年12月15日(月曜日)

「不況モード」蔓延の中の「どっちを向いても感謝」

Everybody! Good Monday!

今日は、新聞の朝刊が休み。
しかし[結城義晴の毎日更新宣言]は休みません。

企業活動は、大変です。
新聞社ですら、労働者を雇用すれば
労働三法を遵守し、
労働協約と就業規則を厳守しつつ、
会社の経営と運営を継続しなければならない。

一方、個人の結城義晴は、
個人の責任において、
24時間態勢で
仕事することができる。

もちろん、経営者は誰も、
24時間態勢で経営に当たらねばなりません。
サラリーマン経営者でも、法律上、それは構わないし、
それが要求される。

しかし従業員を雇用すると、
「新聞休刊日」のような現象も起こってくる。
経営とは、難しいものです。

だからリストラと称して、
雇用者を一方的に解雇することは、
経営者の責任放棄となる。

MKタクシーが、
タクシードライバーの1万人採用を発表した。

思い切った政策。
「世間に逆行せよ」を実行したことになる。
しかしこれは「雇用者の責任」の増大を意味する。

すなわち経営とは、大きな責任を背負い込むこと。

そんなことを考える12月15日・月曜日、
あと半月で今年が終わる。

日経新聞のボーナス情報最終報告が12日に発表された。

平均税込み支給額は82万1747円で、
これは前年比マイナス0.8%。
意外にも落ち込みは少ないように見える。
6年ぶりの減少。

しかし、内容をみると、もっと深刻。
ボーナスを冬の交渉で決めている企業は全体の4割だが、
その企業は平均で3.67%減。
春夏の労使交渉で冬の支給額を決めている企業は6割。
こちらはこんなに景気が落ち込む前の交渉だったので、
楽観的なボーナス支給額で、ほぼ横ばいだが、
春夏と冬で9万2424円の差。

しかし、企業がその体力を超えてボーナスを出し過ぎると、
来年の決算は悪くなる。
それが社内の空気をつくる。

今度は雇用不安まで広がる。

そんな悪循環が、渦巻いている。

これは「節約モード」を超えた「不況モード」。

お客様が店にやってきてくださる。
そのほとんどは、こう考えている。
「お店には来たくなかった」
「できるだけお金を使いたくない」

しかし、生活するために、どうしても、
買い物しなければならない。

こんなお客様が多いし、
生活に困窮していないお客様でも、
こんな心理になっている。

そのお客様と一体になる。

こんな状況の中で、
わざわざわがお店にやってきてくださるお客様と、
気持ちを一体化する。

だから12月商戦、今週は、辛抱の極致。
「節約、倹約。もったいない」

セツヤク、せつやく。
ケンヤク、けんやく。
モッタイナイ、Mottainai。

そして、「右、左、上、下。
どっちを向いても感謝」
商人舎12月の標語。

「節約、倹約。もったいない」と、
「どっちを向いても感謝」。

こんな気分で仕事できること、
その仕事が自分にあること、
その仕事を認めてくださるお客様がいらっしゃること。

幸せをかみしめつつ、
Everybody! Good Monday!

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.