結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年12月19日(金曜日)

東京青果・川田一光社長、ニッスイ垣添直也社長、そしてJACDS事務総長・宗像守さんと次々に融合する。

今年、業態間の売上げランキングに、変化が出る。
コンビニが百貨店を追い抜く。

一番の小型店業態が、
一番の大型店業態を、
日本全国の売上高で、
逆転する。

大きな出来事。

個別企業では、もうすでに、
この変化は表面化していた。

19772年、小売業最大の三越の売上高を、
ダイエーが抜いた。

さらに2000年、そのダイエーの売上高を、
セブン-イレブンが抜いた。

当然このとき、セブン-イレブンは、
当時の百貨店第一位の高島屋を抜いていた。

それが、業態全体で、今年2008年末の集計で、
百貨店をコンビニが抜く。

歴史の転換。

しかし、もうすでにその役割の違いは、20世紀の最後には、
逆転していた。

例えば、即席ラーメンという大衆的な商品ですら、
かつては、新製品が発売されるときには、
百貨店の店頭でお披露目した。

明星食品の中華三昧が1981年に、初お目見えした時、
百貨店の店頭で最初のプロモーションが行われた。

しかし、1990年代後半から、新製品は、
テレビコマーシャルとコンビニ店頭の連動で、
プロモーションをかけるようになった。

このころから、特に大衆的商品は、
コンビニに主導権が移った。

それが売上数値として、表面化したのが、
今年、2008年ということいなる。

現象はこうして起こり、
数字はこうして変わる。

さて、昨日は、「師走」だった。
朝一番に東京・大田市場へ。
日本最大の青果卸会社の東京青果㈱川田一光社長を訪問。

通称「トイチ」と呼ばれる会社。

コーネル大学リテール・マネジメント・プログラム・オブ・ジャパンの、
2月の講座で、川田さんに講義していただく。
その打ち合わせ。

今年の年末は、大変です。
イチゴが売れない。
値ごろのミカンしかない

青果流通も大きく変わった。
川田さんは、その専門家。
生産と流通、そして小売りとのコラボレーション、
オーガニックへの取り組みなど、
話は尽きない。
あっという間に、時間がやってきた。

午後一番で、今度は大手町の日本水産㈱へ。
こちらは通称「ニッスイ」。
垣添直也社長を訪問。

垣添さんにも、2月にコーネル大学RMPジャパンで講義いただく。

垣添さんも、日本最高の専門家。
世界の水産事情に通じていらっしゃる。

私は、1994年、フランス・パリで垣添さんとご一緒した。
シアルドールという世界ヒット商品コンクールで、
ニッスイの「エビの包揚げ」が金賞をとった。

そのシアルドール国際審査委員が私で、
受賞者代表が当時専務の垣添さんだった。

それ以来のお付き合い。

コーネル大学RMPジャパンでも、
楽しみな講義のひとつ。

垣添さん手作りの船の模型の前で、写真。

東京駅から新幹線で新横浜へ。
今度は、日本チェーンドラッグストア協会へ。
事務総長の宗像守さんを訪問。

宗像さんにも、2月のコーネル大学RMPジャパンで講義していただく。

宗像さんは、ドラッグストア経営指導の日本第一人者。

来年6月に施行される「改正薬事法」の推進者。

「セルフ・メディケーション」という概念を、
日本にはじめて紹介し、
その実現への道を力強く先導してきた。

この面で、社会を変える。
その志は、高くて、強い。
私は、食の分野でそれを、志した。

私たちは、同志。

そして今、世界的に「医食同源」が叫ばれている。

つまり私たち二人の融合が、求められている。

ともに頑張りましょう。
宗像さんの方が、断然、前に進んでいて、
いつも私は、宗像さんを追いかけている。

急いで、商人舎オフィスに戻り、
忘年会。

入れ替わり立ち替わり、
裏方の人ばかり参加してくれて、
総勢15人のパーティになった。
最後に残ったメンバーで写真。

17時から24時までの忘年会。
途中、商人舎ホームページ改革検討委員会と化して、
議論沸騰。

みなさんありがとう。

20時ころ、コンサルタントの水元均さん、合流。
駆けつけ三杯で、
酔っぱらったところで、
写真。

水元さんとも、CDオーディオセミナーなどで協働した。

商人ねっとと商人舎のコラボレーション。

ここでも、融合がテーマだった。

2009年、もっともっと融合の輪を広げていかねばならない。
いや、融合の輪が、否応なく広がっていくに違いない。

そんな事を感じさせられた一日だった。

最後に、忘れずに、
「林廣美の金曜日のこの一品」
今日から始まる週末は、
「手軽で簡単クリスマス」気分をご提供する。

ひと口本格フライドチキン
フライドチキン

いつもの唐揚げ用カット鶏肉を、
本格フライドチキンの粉で、
カラリと揚げる。

それだけで、
一口用本格フライドチキンの出来上がり。

超のつくベーシック・アイテム。
どんどん売ろう。

そしてよいクリスマスを。
アーメン。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.