結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年12月17日(水曜日)

「答えるに値しない」イオン岡田元也と「挑戦するから失敗する」ユニクロ柳井正

「答えるに値しない」
イオン社長の岡田元也さんの言葉。

三菱商事とイオンは、包括的業務提携を果たし、
三菱商事がイオンの株式を5.05%まで買い増して、
筆頭株主となる。

昨日の、その業務提携の記者会見での発言。

記者からの、質問に答えた一言。

記者の質問は、
「信用補完は期待していないのか?」
というもの。

イオンは今年8月の中間期に、
営業赤字の決算をした。

「信用補完」とは、
そのため、資金繰りに詰まって、
それを三菱商事に補完してもらうための提携ではないのか、
という意味。

「潰れそうなんではないのか」という失礼な質問。

岡田さんは、
「そんな勘繰りには答える必要すらない」
と言う意志をこめて、きっぱりと切り捨てた。

三菱商事社長の小島順彦さんも、
「信用補完とは次元が違う」
と、こちらもきっぱり。

私は、今回の提携は、
イオンにとっては世界戦略の一環であると思っている。

ウォルマートに対抗し、
中国にもうひとつのイオンをつくる。

そのための三菱商事との協力関係づくりである。

日本の産業の中で、
総合商社は特異な存在である。
日本の流通の中で、
総合卸売業が独特の役割を果たしていることと、似ている。

小売企業が、これらとのコラボレーションを図るのは、
ある意味で、当然の成り行き。

両者の視野は、世界に向けられている。

「挑戦するから失敗する」
一昨日、「カンブリア宮殿」というテレビ番組での、
ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正さんの言葉。

これは、柳井さんの持論。
「私はこれまで、何度も挑戦し、何度も失敗してきた」
実際に、失敗の数は、計り知れない。

しかし、失敗したと思ったら、
すぐに撤退する。
これが早い。
しかも、「成長の芽となる失敗」と、
「致命的な失敗」を見分ける。

いや、それが分からないから失敗するのだろうが、
「失敗の数」だけ、「成長の芽」が蒔かれるのかもしれない。

12月3日に、新たなトップ・メッセージを発信して、
「グローバルワン」を宣言した柳井さん。
こちらも世界を見ている。

世界は、確かに縮まっている。
今回のサブプライムローン問題に端を発した貨幣経済危機。
これによって、世界経済の縮小感は鮮明になった。

最先端を走っていると、それが実感される。

岡田元也さんと柳井正さん。

二人の発言は、
そのスピード感と責任感を、示している。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.